自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/7/28(月) - 2003/8/1(金)
4日め

テーマ風通しのよい職場のための工夫ある?

今日のポイント

あなたの会社に風が通り抜けない原因、それは個人によるところ?

投票結果 現在の投票結果 y56 n44 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
尾花紀子
尾花紀子 日本IBM

「オープンドアポリシー」や「スピークアップ」という制度は、わたしが入社する前から全世界のIBMに存在します。前者は「社長室の扉は常に開いているからいつでもどうぞ」であり、後者は「上司がダメなら上長、そ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

基本的に組織はフラット(はるたいママ)

非常に単純なことで、うちは外資系だからかもしれませんが、肩書きで呼ぶことがありません。全員「さん」付けか、下の名前やあだ名にさんを付けます。なので、よその会社の人に「御社の●●社長」と言われて、「あ、そういえば、彼が社長なんだよな」とか「部長だったんだな」と思うくらいです。基本的に組織はフラットで、全員が前線で戦う集団を目指しています。マネジメントだけやればいい、と思う人が出た時点で組織が陳腐化するような気がします。

時間をかけて人間関係を構築(rhodia・30代)

人の入れ替わりが激しい会社なので、チームの一人ひとり対して行う働きかけでは、のちのち無駄になってしまいます。それが理解できてからは、その部署の責任を最後に負う人とのコミュニケーションを十分に取り、自分の仕事に対する姿勢や今後の希望などを伝えるようにしました。管理職は部下が何を考えているのかがわからない不安を常に持っていると思います。これを実践したことで、以前よりいろいろな点で仕事がやりやすくなりました。もちろんエネルギーと時間は使いますが、元はとれると思います。

常識をわきまえたフランクさが必要(あるばーと・神奈川・既婚・36歳)

3日目のブルーさんの発言に同感です。さらに、ビジネスとしての共通言語で会話できるかとか、ささいなマナー的なことまで規制しなければならない状況を必要としない職場環境を保てるかだと思います。「社員は家族だ」とおっしゃっている組織もありますが、親しき仲にも礼儀ありのとおり、常識をわきまえたフランクさが必要だと思っています。

NO

属人的なところが大きい(xyz)

結論から言うと、風通しのいい職場は「そうそうない」のでは、と思います。風通しを良くするのは職場ではなく、人間関係の問題だからです。人間関係の問題となると、極めて属人的な問題になります。となると、一筋縄では行かず、万民に通じるような法則はなくなるのです。上司は選べません。いくらファシリティーが整っていても、上司によってはマイナスに作用する場合が多々あります。人に合わせて何かをするという状態は、工夫ではないように思います。

自分は転職を重ね、今いわゆる外資系のコンサルティングファームにいますが、ファーム内でも独特の雰囲気があります。珍しいことに、ファーム内で部署異動をしたのですが、前のチームのパートナーは、極めて陰湿な日本人的な側面を持つアメリカ人で、封建的でした。

一方、異動後のチームは日本人ばかりですが、極めて外資系的で、言いたいことはたとえ相手がパートナーでも直接ものを言える雰囲気があります。どちらが仕事をしやすいかと言えば、当然後者であり、仕事でいくら遅くなっても、ベストなものを作り出そうという雰囲気が自然と芽生えます。前のチームでは、パートナーを信用している人などほどんどおらず、政治的に長けている人のみが勝手にやってることがとても多かったです。やはり属人的なところが大きく、工夫を重ねてもダメなものはダメになってしまう傾向がありますね。

自由に意見を言えない(フラアンジェリコ)

中高年の人は、自分の上司としての権利を振りかざすのが好きなので、なかなか自由に意見を言えません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

職場の風通しは、職場を構成する人の意識に依存する

「オープンドアポリシー」や「スピークアップ」という制度は、わたしが入社する前から全世界のIBMに存在します。前者は「社長室の扉は常に開いているからいつでもどうぞ」であり、後者は「上司がダメなら上長、それもダメならその上へ」です。いい制度ですが、利用する人がいなければ何にもなりませんし、上長に訴えたことによって上司や職場の仲間から村八分にされてしまうようでは困ります。

観察してくれる上司なら壁がないほうがいいですが、監視する上司なら壁があるほうが精神的にホッとしたりもしますよね。「さん」付けで呼び合う仲でも、権威を振りかざす人もいることでしょう。職場の風通しは、職場を構成する人の意識に依存するというのが、みなさんに共通するご意見ではないでしょうか。わたしもそう思います。

友人の経営する会社は社員10名弱ですが、社長から来年入社予定のインターンシップの子まで、マインドやスピリットは全員共通。風通しもいいし、意思の疎通も早いし、情報も共有していて、一緒に仕事をしていると本当の気持ちよさを感じます。社長いわく「10名までが限界かなぁ」と。

企業の一番小さな組織は、10名〜20名程度だと思います。ですが、構成員一人ひとりの人選ができるような会社はほとんどなく、マインドやスピリットの共有までは難しいですよね。だとしたら、せめて、共通の目標を持てるように工夫したいものです。

NGな事例もウェルカムですが、共通の目標や気持ちを持つことによって、うまくいっている職場の例などが身近にあれば、ぜひぜひお聞かせください。よろしくお願いします。

尾花紀子

尾花紀子

日本IBM

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english