自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/18(月) - 2003/8/22(金)
3日め

テーマ管理職・役員を目指していますか?

今日のポイント

目指したい理由、目指したくない理由を教えてください

投票結果 現在の投票結果 y49 n51 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
江端貴子
江端貴子 アムジェンマーケ本部長

本日は、自分自身の観点からだけでなく、女性全体や社会の枠組みの観点からも、目標を考えるべきだという強いご意見もいただきました。女性の役職について発展途上の段階の今だからこそ、後進のために頑張るべきだと……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

可能性は1パーセントあるかどうか(monon・東京・既婚・45歳)

産後7年間、家事に徹していましたが、その後、以前とはまったく別の分野で(というか子どもが小さくてフルタイムは限られていたので)働き始め、11年目になります。入社した時から管理職を目指していますが、可能性は1パーセントあるかどうか。そもそも4年目にしてようやく就いた現在の地位も、男性というだけで2年目には昇進できたり、9割以上が女性の職場でありながら、役員は全員男性。124支社中、今年は2名の女性支社長が出たとかでないとか……。この業界の特殊性なのか、たしかにタイムレスで働かされる状況を見ていると、サポートしてくれる人のいない女性には、無理かなとも思います。わたしの場合、入社した時にくらべて2人の子どもも大きくなり、今年独立した夫の理解も得ながら、がんばっていこうという希望は捨ててはいません。45歳という年齢は障害にはならないと思っています。現在、多摩ニュータウンから70分かけて通勤しています。

市民運動家や政治家になることよりも(KURO・大阪・既婚・41歳)

現在、ダイバーシティ推進を担当している。将来は仕事の幅を広げ、社会貢献部門を作りたい。そのためには、トップマネジメント層に参入する必要がある。納得のいかないことが多い世の中を変えるには、影響力を持たねばならない。今の自分にとって、そのための近道は、市民運動家や政治家になることよりも、企業のマネジメントに参入することだと思う。幸い、今の勤務先は、社会貢献には理解ある姿勢なので、ぜひ専門の部署を立ち上げたい。そのために職位が必要なら、努力してその地位に就きたいと思う。

「彼女がいれば」と思われる存在(瑠璃・大阪・パートナー有り・30歳)

管理職、役職とこだわっているつもりはないですが、「彼女のようになりたい」と思われる人になりたいです。公私どちらでもそうですが、「彼女がいれば」と思われるような存在になりたいですね。就職してすぐのころ、すばらしい先輩に出会いました。その人のことは今でも尊敬していますし、その時の一言一言がすべて頭に残っています。今でも時折思い出しては、教訓にしています。その人は、自分を律することができる人でしたので、言葉に重みがありました。人を非難することは簡単だけれど、自分に厳しくすることはなかなか大変なことだと、常々感じています。一歩でも先輩に近づきたい、成長したいと思っています。

自分の世代でどれだけ改革していけるか(miechan・東京・未婚・34歳)

自分たちがそのポジションへステップアップすることで、状況は変わるのではないでしょうか? まだまだ女性の役職については、発展途上のように思えます。誰かが役職に就くのを待っているだけでは、何も起きないだろうという危機感もあります。昨年、総合職に職掌転換の話があった時、会社からは管理職を目指してほしいとすでに打診がありました。ようやく女性総合職を制度化し、名実ともに、男女平等を会社自身が目指そうとしている状態です。でも、まだ格差はあります。また、社員の意識も変わっていません。相変わらず、判断力の鈍い管理職や仕事を仕切りきれない男性総合職の下で、能力を発揮できずにいる女性一般職もいれば、甘えたままの女性一般職もいます。適材適所の人員配置ができる環境にしたければ、そういった視点を持っている自分が昇進することで、実現化のチャンスを得る可能性が大きくなるわけです。また、上のポジションに就くまでに、自分のビジョンを共有できるネットワークをどれだけ作るかによって、さらに可能性が高まるのでは? たしかに、疲れそうなチャレンジですけどね。女性の管理職や役員が少ないなどという事実は、一朝一夕で変わるほど簡単な話ではないので、「自分の世代でどれだけ改革していけるか」という自覚が強まることで、少しずつ変わっていくような気がします。

NO

やりたい仕事をしているかどうかが基準(デジトラ)

専門職を目指す人にとっては魅力のないことだと思いますが、企業に属している場合、ある年齢に達した時点でポジジョンがないと、対外的にイメージが悪いという理由で、役職を与えられているケースもあるのではないでしょうか(部下は迷惑ですが……)? もちろん能力があり、マネジメントスキルのある方でないと組織や人は動かせませんが……。どんなケースであれ、周りから見れば評価がすべて。関係ないと思いつつ、競争社会の中では周りの状況も気になるし、評価されなければそれなりにモチベーションも下がる要因になってしまう。やりたい仕事をしているかどうかで、考え方は違ってくるのかもしれません。

3年後どうなりたいか、まだわからないけど(sara・東京・既婚・30代)

わたしはSE(システムエンジニア)ですが、3年後どうなっていたいのか、はっきり言ってわかりません。今はプロジェクトリーダーをしていますが、設計・製造は好きな仕事だし、リーダーがほかにいるほうが責任も軽いし、気が楽。でも自分のできることだけをしていると、ステップアップの範囲はせばまるし、なんだか立ち止まっているみたいなので、今はリーダーシップが取れるSEを目指しています。3年後どうなりたいのかは、まだわからないけど、とにかく先に進んでみます。

「輝ける場」はそれぞれ違うもの(ありる)

まったく目指していません。志が低いとおしかりを受けるかもしれませんが……。給料は高いにこしたことはありません。そういう点で、うらやましくは思います。でも、わたしは人の上に立つ器ではないということが、ここ数年、管理職に密着した仕事をする中でわかってきました。数年前は「子どもを持ったから、もう昇進はあきらめる」という、うしろ向きな考えでしたが、今ははっきりと「自分がやるべき仕事ではない。わたしには現場仕事が向いている。そこから離れたら、きっとこの仕事を続けていけなくなる」と自覚し、与えられた場で人を納得させられる、いい仕事をしようと前向きに考えています。人はそれぞれ、「輝ける場」は違うもの。管理職は、やはり人の上に立てる管理能力のある人がやるべきです。わたしは管理職になってしまったら、輝けないだろうと確信しています。

好きな仕事を自分のやり方でできる立場に(tamafish)

わたしは研究開発業務をしていますが、管理職の人は雑用ばかりに追われているようで、自分の研究がなかなかできなくてつまらなさそうに見えます。ただ、管理職になると、仕事の大きな方針を決められるのがうらやましい。管理職というよりも、好きな仕事を自分のやり方でできる立場になりたいです。

職は自然に与えられるもの(あるばーと・神奈川・既婚・36歳)

組織や環境にもよるのでしょうが、基本は目指すものではなく、自然とその職が与えられ、その地位に就くものだと考えます。しかし、自分が実現したい事業や夢のためにその職位が必要なら、ある意味、貪欲になるべきだとも思います。現在ビジネススクールに行くと、マネジメントや経営について、猛烈に勉強している女性がたくさんいます。あと10年もすれば、管理職や役員配置について、男女差にこだわる組織はほとんど存在しないか、衰退していることでしょう。変えていくのは、わたしたち自身です!

昨日までのみなさんの投稿を読んで

管理職・役員になると自由度が奪われてしまうのか

本日は、自分自身の観点からだけでなく、女性全体や社会の枠組みの観点からも、目標を考えるべきだという強いご意見もいただきました。女性の役職について発展途上の段階の今だからこそ、後進のために頑張るべきだというコメントがある一方で、やはり好きな仕事を自分のやり方でできる立場であることを選びたいというご意見もありました。

管理職・役員になるということは、自分の自由度が奪われてしまうという意識が、かなりあるように思われます。こうなってくると自分は何のために働いているのかという仕事に対する価値観とかなり深くかかわってくるように思います。自己実現のためなのか、組織や社会や女性を代表して何かにチャレンジしたいのか……。また、管理職・役員を目指すと言っても、やはり人の上に立つ管理能力のある人がやるべきであり、向き、不向きがあるというご意見もありました。

管理職・役員になるための要件といったものは何なのでしょうか? 管理能力といったスキルなのか、自分をそこまで押し上げてもらう人間関係なのか、本人の目的意識なのか、はたまた女性にとってやはり重要な、そういった役職を得ることができる環境なのか、色々な要素が絡まっていて、一つの要件を挙げることは難しいかもしれませんが、「自分はこういった要件を考えるから、やはり目指したい」「自分はこういう要件だと思うから、やはり目指したくない」、本日はこういったご意見をいただければと思います。よろしくお願いいたします。」

江端貴子

江端貴子

アムジェンマーケ本部長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english