自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/11/22(月) - 2004/11/26(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ子育てのためのキャリア中断、やむを得ない?

投票結果 現在の投票結果 y70 n30 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
江端貴子
江端貴子 元アムジェン取締役CFO

今回もたくさんの投稿、ありがとうございました。 matomacoさんが言われるように、権利の主張ばかりで、実務の伴わないワーキングマザーと、深夜残業まですることになる子どものいない女性との、対立……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

中断するかしないかの分岐点(ゆかりっくす・神奈川・パートナー有・30歳)

「定時間内で仕事を終わらせる」のが当たり前でない現状では、中断はやむを得ないと思っています。私自身、いまは子育てのためにお休みをいただいていますが、復職後は、周りに理解していただいて、働き方を変える予定です。

とはいえ、どんなに環境が整っていなくても、周囲を巻き込んで出産前と同じ働きをする人も存在することは確かで、実際は、「仕事以外のすべてを犠牲にしてもそれまで通りの仕事をしたいのか、それとも仕事より優先したいことがあるのか」というのが、中断するかしないかの分岐点だろうと思います。

長時間労働が美徳とされる日本ではやむを得ず(あわび・兵庫・パートナー有・31歳)

長時間、馬車馬のように働くことが美徳とされている日本の会社組織は、子どもがいなくても、女性にとっては厳しいものです。私はもうすぐ産休に入りますが、私がいない間、ほかの人が私の仕事もしなければいけないわけですから、やはり周りからすれば迷惑な話です。妊婦の間も、よく休みを取るので職場には迷惑をかけました。ワークシェアのような制度がもっと普及していれば、妊婦、子育てママのペースでもキャリアを継続できると思います。現状では、子育ての間はキャリアの一線から退かざるを得ないでしょう。キャリアも子育ても両立できるようなシステムがあればよいのですが……。

「子どもがいるのに立派」だなんて……(matomaco・東京・パートナー有・38歳)

外資系の会社ですが、周囲には、権利の主張ばかりで実務の伴わないワーキングマザーがまだまだ多数派です。残業を辞して早々と帰宅していく彼女らと、必要があれば深夜残業も当然こなさなければならない子なしの社員との間には、明らかに亀裂が生じています。私にも3歳の子どもがいますが、前述のような傾向がこれまで際立っていたためか、はたまた自分の能力不足のせいか、たぶん両方でしょうが、育児休暇明けに「子どものいる人にはチーム管理は無理ですから」と部長に宣告され、元部下の男性とマネージャー職入れ替わりをし、現在にいたっています。辛い状況ですが、くさらず頑張っていたつもりが、後日、「子どもがいるのに、ハンデを感じさせず立派だね」と部長にコメントされ、男性だったら言われないであろうほめ言葉にまったく素直に喜べませんでした。

自分の現状は、キャリア中断に近い状況だと思いますが、周囲の援助(ベビーシッターなども含めて)が得られるうちは、あがいてみようかと、現在転職活動中です。

納得の上でのキャリアチェンジ(moomingmama・神奈川・パートナー有・37歳)

私の場合、10年半続けた会社勤めを辞めました。激務で内臓から出血したこともありましたが、子どもを授かるまでは退職することを考えたこともありませんでした。でも、妊娠が判明したとき、不思議なくらい仕事に執着することなく退職を決意しましたが、引き止められ、出産近くまで在籍していました。

結婚し、共働きを選んだときに保育園を見ましたが、まだ見ぬわが子を預けることに納得できませんでした。古い、と言われるかもしれませんが、仕事も大切でしたが子ども以上に大切なものはなく、管理職への昇進が翌年に確定していた私にとって、比較の対象とは感じられませんでした。

当時、夫より収入があり、生活レベルを維持するためには貯蓄を切りくずすことになりましたが、退職後すぐに大学の社会人コース(短期履修)に入り、出産し育児に追われ、余計なことを考える余裕がなくなりました。

子どもが8カ月のときに、英会話講師として復帰しました。子どもを預けず、クーファンで寝ているわが子と一緒にいられる方法を選びました。そのため時間に制限こそありましたが、その子は小学校に入り、2人目が1歳になりました。

欲張りな私は、すべて自分でやらないと気が済まないようです。結果的にキャリアを捨てることになりましたが、納得する理由があり、いまも別の大学に編入し、毎日育児、家事、レポートに追われ、週末、休日は大学に通っています。最近は夫も協力してくれます。

子どもと徹底的に向き合う時期は絶対に必要(あきんぼ・東京・37歳)

中断というより、スローダウンはやむを得ないと思います。でも、女性に限定したことではなく、男性もスローダウンするのが正しいです。少数ですが、育児休職を取る男性も身近にいます。彼らは、後悔ではなく、楽しかった記憶として育児休職を語ります。私は1年間休職し、復職後4年ほどは仕事の時間を短縮して、子ども中心の生活をしました。そのお陰で、息子との確固たる信頼関係を確保し、息子が小学校高学年になったいま、付き合いで多少遅くなる日があっても、トラブルなくやっていけていると思います。子どもって、どこかの年齢で徹底的に向き合う必要が出てくると思うので、幼児期に限定する必要はありませんが、スローダウンして、キャリア設計を長い目で見る必要があると思います。

NO

柔軟に、「中断」ではなく「展開」に(ありる)

もともと、そんなにキャリア志向ではなかった私ですが、3人目の出産後も会社に戻ることが既に決まっています。

私の場合は、1人目の産後にキャリアの大転換(左遷、仕事干され、職域変更)があり、2人目の産後に分岐点(職務提案)があり、3人目の妊娠中にさらに職務認定(部署新設)があり……という感じで、自分では「中断=いつか本来の職務に戻る」のつもりであったものが、いつの間にやら「展開=ポイント切換えを経て違うレールを走ってる」になっていました。

これから先は、自分でレールを敷いていかねばなりませんが、実は、元の職務よりも可能性は広がっていることに最近気づきました。

恐らく、1人目の産後、元の職務にこだわり続けていたら、こういうキャリア展開はあり得なかったでしょう。それを思うと、「しなやかなものは折れない」という言葉がしっくりきます。

思い描いたキャリア通りに行かないとき、いかに柔軟に先を見据えられるか。ブレるのではなく、「大体この見据えた範囲内に収まっていればよし」と懐を広くすることで、中断することなくキャリアを展開していくことは可能なのではないでしょうか。

子育ての経験から新たなビジネスに開眼する例もあることを思えば、「もともと描いていたキャリア」に固執するからこそ「中断」という認識が生まれるような気がします。

仕事の内容によるのでは?(あっぷるみんと・香川・パートナー有・40歳)

仕事の内容によると思いますね。子育て中だからこその考え方ができる場合もあるので、その場その場に合わせた、自分にできることで、貢献するのがよいのでは……。ただ、少人数で仕事をしている場合や、とても専門的な仕事である場合は、中断はやむを得ない選択になるかもしれないですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「不文律」に支配される現場、しなやかに乗り切るには?

今回もたくさんの投稿、ありがとうございました。

matomacoさんが言われるように、権利の主張ばかりで、実務の伴わないワーキングマザーと、深夜残業まですることになる子どものいない女性との、対立構造ができてしまっている職場も多く見受けられるようです。その背景には、長時間仕事をしないと、また常に現場にいないとマネジメントはできない、という不文律があるように思えるのですが、いかがでしょうか。

決して男性には言わないであろう、「子どもがいるのに、ハンデを感じさせず立派だね」という言葉は、長年培われてきた男女の役割のワンパターン化を如実に表していますね。また、この際、キャリアを中断とは考えずにありるさんの言うように、次の仕事への「展開」と考え、「大体この見据えた範囲内に収まっていれば良し」という考え方も、この硬直化している職場環境をしなやかに乗り切る術かもしれません。

あきんぼさんの、中断というよりスローダウン、「子どもってどこかの年齢で徹底的に向き合う必要がある」というお話は、私の現状には、一番合っているような気もします。この1年間は、息子がいままでの分を取り戻すかのように、私にべったりなので、こういう時期を持つことができることも、一つの幸せかと思います。

moomingmamaさんも、昇格というチャンスを捨てて子育てを選んだと書いてくださいましたが、大学に通っているということは、やはり次の方向転換を視野に入れてのことだと思います。

それにしても、どうして、こんなに女性の側だけが、両立だの、バランスだの、通常の仕事をこなす上にさらにさまざまなことを考慮して働かなくてはならないのでしょう。まだまだ日本は男性社会だから、といってしまえばそれまでですが、もっと働き方を変えていけるような動きにならないでしょうか? 今日はこの点について、ご意見をいただきたいと思います。

江端貴子

江端貴子

元アムジェン取締役CFO

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english