自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2414
最近、図書館で調べものをしたことがありますか?
投票結果
41  59  
412票 586票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2008年03月31日より
2008年04月04日まで
円卓会議とは

西田治子
プロフィール
このテーマの議長
西田治子 マッキンゼー社 リサーチ・マネージャー
円卓会議議長一覧
昨日、インターネットを利用した情報収集を行う上では、情報の選択眼を持つことが大切ではないかと申し上げ……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 専門家が助けてくれる (コメリーママ・神奈川・パートナー有・63歳)
私は横浜中央図書館を評価しています。調査資料課職員が、電話でいくつかのキーワードを言うと該当する図書を選択して教えてくれます。どこの図書館で保有しているのかも調べてくれます。選択した図書の目次のコピーをFAXして頂いたこともあります。図書だけではなく調査報告書なども幅広く保有していてなければ一緒に探してくれる、探偵のような職員がいます。自分では到底できないことを、全国の図書の宝庫から探し出してくれる力は、組織力と人材と、図書館を大切に思うトップでしょうか。

yes ネットからの予約は便利ですが (かりんぶー・東京・パートナー無・33歳)
2日目に投稿したかりんぶーです。実は予約していたある本(キューバ関連本)の保管期限が今日で切れました……。No! の方のご意見でもありましたが、開館時間が短く平日はまず行くことができないので、週末も行けない場合、たとえ半年も予約で待った本でもこうしてキャンセル扱いになってしまいます。ちなみに私の利用する図書館の予約図書保管は1週間、開館時間は10:00〜20:00です。もう少し遅くまで開いていてくれたら、と思います。

yes データベース (ラブチャイルド)
図書館の中には、契約すると高額な費用の必要なデータベースを提供しているところもあります。「大宅文庫」のキーワード検索はネットではできませんし、「聞蔵」や官報は個人で契約するほどは利用しないので、つかいたいことがある程度たまったら図書館へいきます。

yes 確認のためにも (YAEpon・東京・パートナー有・37歳)
図書館で調べ物をよくします。最近はまず、インターネット上で大まかな知識を得て、その確認のために図書館を利用する事が多くなりました。ネットでは個人の方が情報を挙げている事も多く、その方の思い違いなどがあるかもしれないですが、出版物では多くの人のチェックがあるのでより正しい情報のような気がするので。

yes 正確さでは本が勝る (Hurry1・東京・パートナー有・58歳)
確かにネットで検索すると情報が手軽に手に入りますが、正確さという面では今ひとつだと思います。私は和歌が好きなのでよくネットで調べますが、字句や仮名遣いが違っていることがよくあります。サイトが信用できるものかどうか、判定するのも難しいことです。そこへ行くと名の知れた出版社の書籍はそれなりに価値があると思っています。

no 実際に行きたい場所 (crysanthemum・東京)
図書館はとても好きな場所です。そして情報を電子的にインターネットではなく手にとって肌で感じて立体的に得る方が大切に感じます。最近残念なことは、区立図書館などに不潔な人や異臭を漂わせる人が多いことです。これがなければ図書館はもっと清潔で安心して行けるのですが。出入りの規制は難しいかもしれませんが、プールや温泉に入るときの注意事項のようなやり方で制御してほしいです。某他国のように清潔で安心して情報を得る場所として図書館の今後を期待します。

no 両者を上手に使い分ける (Perla・千葉・パートナー無・38歳)
玉石混交の情報が氾濫する昨今こそ、「選択眼」を持つ図書館の存在は貴重であることに異論はありません。しかしながらインターネットは「疑問に思ったらすぐに調べたい」私の意欲を24時間365日満たしてくれます。図書館、インターネットどちらかを選択する、という考え方は恐らく現実的でないと思います。私は、まずインターネットで情報のアウトラインをつかみ、ついでに関連文献を検索し、気になる本があれば、週末図書館に探しに行く、という方法で両者を上手に使い分けたいと思います。

no 本のコンサルタントいたら (アンジェラのり・東京・パートナー有・38歳)
調べ物は、直近情報が多いのでインターネットをもっぱら利用しています。図書館では、普段読めない雑誌や業界紙を求めていくことが多いです。調べ物に関することではないのですが、「起業したいと思うのですが、基本の書としては?」などの質問にその場で答えられる司書の方がいるとありがたいです。

no 図書館ならではの達成感 (maktak・東京・42歳)
仕事でもプライベートでもインターネットをかなり頻繁に使って情報収集しています。時間やコストや移動など、すべての点においてお手軽なこの方法の利点を相当享受していると思います。が、学生の頃はまだインターネットの草創期で使えるはずもなく、イギリスの大学で卒論を書くために、ロンドン、NY、東京の複数の図書館で調べました。卒論の内容がかなりマニアックだったこともあり、見つけるまでが大変だったのですが、欲しかった情報が見つかったときの達成感は忘れられません。

no 利用したいのに… (Bise・東京・パートナー無・41歳)
インターネットから得られる情報は限られているし、信憑性に対する懸念もあるので、ぜひ利用したいと思っていますが、残念ながら私の住む地域の図書館には、本の閲覧スペースがなく、借りるだけの利用となっています。私の留学先では、国や地域で運営している図書館がエリアごとにあり、巨大な学習スペースや、コンピューター環境が整備されていて、毎日入り浸っていました。日本よりも経済力のある国とは言えなかったのに、税金の使い方が上手だなぁ…… と思いました。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「情報の選択眼」
昨日、インターネットを利用した情報収集を行う上では、情報の選択眼を持つことが大切ではないかと申し上げましたが、さすがイー・ウーマンの皆様は、このことに気がついていらっしゃいますね。このサイトの“自分で考え、自分で選び、自分で行動する”意思のある人たちが集う場であるというモットーのとおり、実践されているのだとわかります。

コメリーママさんの体験されたようなことが当たり前になったら、とてもすばらしいと思います。皆さんがご自分で知識を積み上げるために相談相手になれる専門家をたくさん抱えてくれて、自分ではなかなか購入しにくい高価な学術書などを的確にそろえていてくれたらどんなによいことか。

まだ、crysanthemumさんの言われるように、情報を手にとって肌で感じて立体的に得るという感覚に共感します。いろいろ試行錯誤しながら、頭の中で知識の体系を組み立てるようなことは、インターネットをみながら瞬時にできるようなものではなく、時間をかけて”体得”するようものだと思えるのです。

結局、Perlaさん、Hurry1さん、アンジェラのりさんをはじめとして皆さんが、おっしゃるように、インターネットと図書館の上手な使い分けが必要なのでしょう。

また、インターネット上で情報を収集するときには、私のこれまでの体験から言って、次のようなことを心がけると良いと思います。

調べる範囲の特定→その調べるべき対象がどのようなカテゴリーに入るのかを意識する
上位概念や下位概念を見つけ出す
引用されている文献があれば、それを探しだし、そこを深く調べる
公的な資料で述べられていることを基準にする
情報の新しさをチェックする
古典から出た内容であれば、基本に戻り、本等で確認する。

皆様、これからも切磋琢磨して情報の選択眼を養ってください。
一週間どうもありがとうございました。


西田治子
マッキンゼー社 リサーチ・マネージャー
西田治子


関連参考情報
■ 「「なぜ?」と思うことが、よくありますか?」
「なぜ?」と思い、いろいろ調べていくと、それまで気づかなかったことに出会える
■ 「小説家のリサーチとは……?」
佐々木かをり対談 win-win > 第5回 松本 侑子 さん
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english