自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2123
年金分割。離婚は増えると思いますか?
投票結果
78  22  
484票 136票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2007年03月19日より
2007年03月23日まで
円卓会議とは

金野志保
プロフィール
このテーマの議長
金野志保 弁護士 早稲田大学大学院法務研究科教授
円卓会議議長一覧
いよいよこの4月1日以降の離婚に、厚生年金の分割の制度が適用されていきます。 私自身、弁護士として離……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
いよいよこの4月1日以降の離婚に、厚生年金の分割の制度が適用されていきます。

私自身、弁護士として離婚の妻側の代理人を努めておりますと、いつも忸怩(じくじ)たる思いをしている点がありました。働く夫を支えて専業主婦をしてきた妻に、年金の分割が保証されていないことです。本当は離婚したいにもかかわらず、老後の生活が不安で、離婚そのものを諦める妻は、私の顧客や相談者の中にも決して少なくありませんでした。

しかし、いよいよ、妻が「生活が不安だから離婚を諦めざるを得ない」といった法制度上の障壁は、完全に払拭されたわけではありませんが、かなり取り払われていくわけです。一般的に、この4月1日以降、特に熟年を中心とした夫婦の間で離婚が増えると言われています。

統計的に、年々増え続けていた離婚件数が、ここ2年ほど減少していましたが、それは、この年金分割制度の施行を「待っている」妻が多いからではないかと言われています。そして、この4月1日以降は、手ぐすね引いて待っていた妻がどんどん離婚を申し立てて行くのではないか、という予想がなされています。

私の取扱事件を見ても、去年からこの3月にかけては、「年金分割制度施行前に離婚してしまおう」といった、男性側からの「かけこみ離婚」の依頼が多かったですし、他方、特に専業主婦の妻は、この4月を待って「離婚控え」をする傾向にありました。そして現在、「そろそろ」と離婚を申し立てる妻が増えつつあります。家庭裁判所の調停委員からも、ここへ来て離婚調停の申立件数が増加していて大変だ、という話を伺いました。

皆さんの周りにも、この4月を待って離婚しようとしている女性はいませんか?一般に予想されているとおりに、離婚は現実に増えていくのでしょうか。
離婚時の年金分割制度、そして、さらに広く、離婚時の財産分与の実務の現状等を見ながら、離婚時の女性の財産まわりの話についてディスカッションしていきましょう。

金野志保
弁護士 早稲田大学大学院法務研究科教授
金野志保


関連参考情報
■ 「夫婦の年金分割制度、賛成ですか?」
社会は個としての自立を求める方向に
■ 「離婚について知りたい法律がありますか?」
一人でも生きていける
■ 「子どものために離婚をあきらめますか?」
ノウハウとアドバイスは……
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english