自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1967
戦没者追悼施設の新設に賛成ですか?
投票結果
57  43  
307票 236票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2006年08月28日より
2006年09月01日まで
円卓会議とは

井上順孝
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
井上順孝 國學院大学教授
円卓会議議長一覧
本年8月15日の終戦記念日に、小泉首相は公約として掲げていた靖国神社参拝を行いました。賛否両論ほとんど……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
本年8月15日の終戦記念日に、小泉首相は公約として掲げていた靖国神社参拝を行いました。賛否両論ほとんど歩み寄ることなく続いている首相の靖国参拝問題ですが、いわゆる「富田メモ」が報道されたことで、ふたたび注目を集めるようになったのが、非宗教の新しい追悼施設を設立する案です。

福田官房長官時代の2001年12月に「追悼・平和祈念施設の在りかたを考える懇談会」が発足しました。懇談会はこうしたものがあった方がいいという方向で1年後に報告書をまとめました。しかし、小泉首相はそれ以後この問題を扱いませんでした。

今後も首相の靖国神社参拝の是非については対立が続き、A級戦犯が合祀された靖国神社への首相参拝に対し、中国、韓国などが強く批判することも続くのは明らかです。無宗教の新しい戦没者追悼の施設を設立するという案は、こうした局面を打開しようとする試みの一つと言えます。

ところが、これ自体がまた大きな問題を孕むものです。なぜこのようなものが必要なのか、問題をむしろ複雑にするのではないか、そういう疑問もあります。他方で、政教分離に触れることなく、また国際的にも問題とならないような施設を作ることしか、袋小路に陥った靖国問題を乗り越えられないという意見もあります。

はたして、こうした施設は必要でしょうか。必要ならどんな理由になるでしょうか。また不要ならなぜ不要でしょうか。皆さんご自身の意見をお聞かせください。

井上順孝
國學院大学教授
井上順孝


関連参考情報
■ 「「靖国」に祀られた人々」
なぜ日本の首相が靖国に公式参拝すると問題になるのか
■ 「小泉首相の靖国参拝に賛成しますか?」
戦没者への哀悼、海外では……
■ 「池上彰さんとのウィンウィン対談」
ニュースの本質をつかむために
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english