自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2009
男性のワークライフ・バランスは社会の役に立つ?
投票結果
90  10  
607票 65票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2006年10月16日より
2006年10月20日まで
円卓会議とは

大沢真知子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大沢真知子 日本女子大学教授、放送大学客員教授
円卓会議議長一覧
女性だけでなく、男性のワークライフ・バランスへの関心が高まっています。私が取材で訪れたイギリスやアメ……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
女性だけでなく、男性のワークライフ・バランスへの関心が高まっています。私が取材で訪れたイギリスやアメリカでは、働き方を変えたいという声が、働く男性から実際に上がっています。報酬は高くても労働時間が長かったり、不規則だったりすると、転職してしまうケースも珍しくないそうです。こういった働く側の意識の変化が、会社を変え、働き方を変えるきっかけになってきていると、アメリカの銀行の人事担当者に聞きました。

今回は、もし日本でも、このような男性たちのワークライフ・バランスが普及していったら、本人や家族のためだけでなく、社会の役に立つということも考えられないだろうか、皆さんと意見を交わしてみたいと思います。男女問わずではありますが、企業人が、社会に還元できることはないでしょうか。今回は、今のところ地域活動や街づくり、学校で存在感の少ない男性について、「ポテンシャル(潜在的な可能性)」を探ってみましょう。

あなたは、男性のワークライフ・バランスは社会の役に立つと思いますか?

YES/NO、それはなぜですか? 男性からの投稿も、特にお待ちしています。(差し支えなければ、投稿の際にはぜひ、男性であることを明記ください。)皆さん自身の、率直で建設的な意見がたくさん集まればとても嬉しくおもいます。

大沢真知子
日本女子大学教授、放送大学客員教授
大沢真知子


関連参考情報
■ 「「ワークライフ・シナジー」でいきましょう!」
国際女性ビジネス会議リポート
■ 「大沢真知子さんとのwin-win対談」
労働時間を短くして、幸せ度UP
■ 「ワーク・ライフ・バランスとは?」
パク・ジョアン・スックチャさんとのwin-win対談
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english