自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1820
「格差」が大きくなっていると思いますか?
投票結果
92  8  
641票 53票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2006年02月20日より
2006年02月24日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
日本は格差社会になりつつあるのかという論争が盛んです。かつては「1億総中流」などと言われていましたが……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
日本は格差社会になりつつあるのかという論争が盛んです。かつては「1億総中流」などと言われていましたが、いわゆる「ジニ係数」(イタリアの数理経済学者ジニがつくった所得の不平等を表す係数で、1からゼロの間の数字で表す。

1に近ければ近いほど不平等な社会)はこのところ一貫して拡大しています。厚生労働省が発表する所得再分配調査(税金などを差し引いたあとの所得)で言うと、いちばん最近の数字は0.38です。この水準はアメリカなどよりも低いとはいえ、多くのヨーロッパ諸国よりは高いとされています。

格差には二つの問題があります。一つは格差ゼロの社会は望ましいのかということです。たとえば共産主義はそれこそ格差ゼロの社会をめざしましたが、それがうまく行かなかったことは明らかです(農業や工業で生産効率、品質などでまったく資本主義国に及ばなかった)。

もう一つの問題は、ある程度の格差がないと社会のダイナミクスが生まれないことは確かだとしても、ではどれぐらいの格差が適当なのかということです。おそらくこの答えは誰にもわからないのではないでしょうか。

小泉改革の基本的な概念は民営化・自由化ですが、そのコンセプトの下で格差が広がってきた(少なくとも結果的に)ことは事実でしょう。もし格差社会を望まないのなら、あまり民営化したり自由化すべきではないということにもなります(ロシアは大規模な民営化の影で特権階級が大儲けしてきましたし、中国も同様に共産党幹部の子弟たちが大儲けしています)。

社会とか経済とかマクロ的に見れば、上のような話ですが、それぞれの生活というレベルで見ると、また違った面が見えます。たとえば「勝ち組」「負け組」とか、「ヒルズ族」「セレブ」などと社会の階級化を示すような言葉が氾濫しています。最近では「下流社会」などともいわれますね。「フリーター」やら「ニート」なども若者の一面というより、今や社会現象、社会階層になっているような気がします。そして自分はどこに属するのだろうかと考えてしまうわけです。

さて今回のサーベイでは、今の日本は格差が広がりつつあるのかどうかをお聞きします。それを自分自身あるいは自分の周囲で実感しておられるかどうかがポイントです。そして格差のない社会がいいのか、格差がある社会がいいのか、社会としてのセーフティネットはどうするのかというように話を進めて行ければと思っています。皆さんの活発な投稿をお願いします。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「貧富の差の拡大を感じますか?」
貧富の差は昔からあったのですが、昔は今と違って……。
■ 「子ども社会にも「勝ち、負け」はある?」
子ども・若者が希望を持てる社会をつくるために。
■ 「お金持ちの人を羨ましいと思う?」
作家、村上龍さんが問い掛けます。
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english