自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/2/2(月) - 2004/2/6(金)
2日め

テーマ生活習慣病の対策してますか?

今日のポイント

生活習慣病の基本知識や効果的な予防方法とは?

投票結果 現在の投票結果 y62 n38 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
鈴木由紀子
鈴木由紀子 鍼灸師・医学博士

生活習慣病とは公衆衛生審議会が1996年に発表した5つの疾患のことです。これは高血圧・糖尿病・虚血性心疾患・高脂血症・動脈硬化を指しています。以前は50代以降に好発するものとして成人病と呼ばれていまし……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

きのこ類、海草類をよく食べる(nanachann・パートナー有・40代)

栄養、運動、休養に留意と聞きました。栄養面は、野菜を多く、とくにきのこ類、海草類をよく食べます。運動は、通勤に自転車を利用し、少しではありますが、運動不足の減点を減らしています。休養……、これがなかなか難しく、どうしても睡眠不足になりがちです。少しでも早く床についてみたいと思っています。あと、欲を言うと、たまには一人でボーッとしてみたいです。

若いころから認識することが大切(涼華・福井・パートナー無・27歳)

自分本人が医療従事者のため、生活習慣病を意識した生活を心掛けています。目の前で脳梗塞のため、言語障害、嚥下障害(えんかしょうがい:飲み込みがうまくできない)などの様子が自分に近い環境にあれば、ありきたりにちまたで言われる言葉「食事(栄養)と運動」の意味は、とても深くとらえられます。

そうでない環境の方は、「食事(栄養)と運動」の認識がどうしても低くなりがちだと思います。実際、野菜を5日ほど食べなくても、すぐに痛みを感じるものではないのですから。そのあたり、若い年齢層から認識が深くなっていけば、国の医療費節減にも、将来的にはつながっていくと予測されます。

超高齢化社会を、いかに健康な状態のままで過ごすことができるかということは、「食事(栄養)と運動」を若いころから認識することが、その一つの要因になると思います。

根本的な部分から治したいと思い(mikiyo・東京・パートナー有・41歳)

40歳を超えてからすごく太りだした。ブクブクと。食べなくても太る。仕事がら運動不足は意識していたが、なぜ、今ごろ急に太りだしたのか、自分では不思議。やせようとしてもやせない。食べなくても体重は減らない。

そんな中、会社の定期健康診断で肝脂肪と言われた。どちらが原因かはわからないが、太ったことと大いに関係があることはたしか。そこで二週間に1度整体に通うことにした。飲み薬とかではなく、自分の普段の生活のパターンを先生と見つめ直すことによって、生活習慣を考え直すチャンスを見つける。薬を飲むとか、ダイエット食品でやせていくのではなく、もっともっと根本的な部分から治したいと思ったから。

二週間に1度伺うと、まずは先生に姿勢をみていただく。先生からは「今日は右によじれて、右に傾いている。見た目はめちゃくちゃ丈夫そうだけど、実はすっごく病弱な体」などなど、いろいろ指摘を受ける。そして先生から「わたしが絶対に治してあげる」と優しいお言葉。一人ではなく、先生と一緒に治していく。ここに大きな何かがあるような気がする。

サプリメントなどでアンチエージング対策(crazydog・札幌・パートナー有・47歳)

生活習慣病はある日突然に表れる。最近では、20代はおろか10代にも表れている。その大半が食生活の変化であり、この子らの将来を考えるとぞっとする。

わたしは、人は血管からさびると考えている。わたし自身は、3年ほど前からサプリメントの抗酸化物質などを中心に取り始め、アンチエージング対策を行っている。おかげで風邪をひいても長引くこともなく、快適な日々を送っている。

さらに免疫・自律神経の調子をARDK身体測定システムを用いて測定し、その状況に応じたケアを行ってきている。残念ながらHPにはこのように身体状況を測定していくものはない。体は心と一体、ストレスが高じれば当然に身体症状を出してしまう。

自分は健康だと感じられる健康感を持つこと(しろりむ・三重・パートナー無・35歳)

基本的には体重管理を心掛けています。増えることも心配ですが、減るともっと心配になります。いまは標準体重より1kgくらい多めで、いわゆるモデル体型になるにはもっとやせてもいいのですが、やせ出すと、とたんに「ひょっとして悪い病気では……」と心配になります。また増えると、今度は「いまは大丈夫でも、将来、生活習慣病になるのでは……」といった不安を持ちます。かなりナーバスになっているのかもしれません。

ただ、去年ストレスが原因でいくつかの病気にたて続けにかかり、年末には手術入院までしたので、体調管理にはとても気を使っています。しかしどんなに気を使っていても、病気になるときはなるので、神経質になり過ぎるのは逆効果だとも感じています。日野原重明先生が本の中で書かれていたのですが、とにかく数値をあまり気にしすぎず、朝起きたときに「ああ、自分は健康だ」と感じられる健康感を持つことが一番大切かもしれません。健康感があれば免疫力もアップしそうですよね。

発芽玄米、青汁、そしてメロンリペア(reiny・東京・パートナー有・45歳)

とくにこれという対策はしていなかったのですが、このごろ健康と美容が一番だと思うようになりました。発芽玄米、青汁、そして、雑誌で見た「メロンリペア」がほしくて、イー・ウーマンのサイトにきてみました。

NO

慢性的な運動不足(いまいくん・埼玉・パートナー有・40歳)

酒も煙草も嗜みませんが、慢性的な運動不足ですね。健康診断では血中コレステロールが高めだったのですが、これは牛乳の飲みすぎだったみたいです。で、最近おなか周りがちょっと気になりだしたので、ジムに通おうか検討中です!

講演会に参加してみたい(天愛)

ピンとこなくて何もしていませんが、対策を考えたほうがいいのでしょうね。そういった関連の講演会に参加してみたいです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

糖質を食べなければ、は危険

生活習慣病とは公衆衛生審議会が1996年に発表した5つの疾患のことです。これは高血圧・糖尿病・虚血性心疾患・高脂血症・動脈硬化を指しています。以前は50代以降に好発するものとして成人病と呼ばれていましたが、現在日本では成人の6人に1人が糖尿病およびその予備軍であり、20歳代の90%に動脈硬化の兆候が見られると言われています。

また糖尿病は他の4疾患を必ずと言っていいほど併発します。そして高脂血症は動脈硬化を引き起こし、高血圧、虚血性心疾患の原因となります。こう考えると血糖値を正常に保つことと、血液中の脂質を正常に保つことができれば、生活習慣病は防げるということになります。そう、やっぱり食事の管理が一番大切なのです。

血糖値は糖質を食べなければよいというものではありません。摂取カロリーと消費カロリーの差で決まります。また血漿中の脂質も油ものを食べなければ増えないというものではありません。実験ではフルクト−スという果糖だけで2週間飼育したラットは高コレステロ−ル、高中性脂肪の完璧な高脂血症になります。

わたしたちの体はコレステロールからホルモンを作ったり、その他の脂質から細胞の膜を作ったりしていますから、脂質はなくてはならないものなのです。どうせ食べるなら、体によい脂質を摂りたいですね。

今日の投稿を読むと、涼華さんの考え方にとても共感を覚えます。crazydogさんやしろりむさんは免疫と自律神経の関連に気づかれています。これもとても重要な要素です。そのあたりを今週、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。

鈴木由紀子

鈴木由紀子

鍼灸師・医学博士

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english