自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/3/21(月) - 2005/3/25(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマ信頼できる歯科医はいますか?

投票結果 現在の投票結果 y44 n56 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
岡 久
岡 久 歯科医 

さっそくたくさんの投稿・投票をありがとうございます。 コアントローさんの投稿にありました治療の際の麻酔ですが、私は乳歯の場合は麻酔をしないことが多くあります。歯科医院の方針やそれぞれのケースにも……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

毎月通っている歯医者さんがあります(かたこり・奈良・パートナー無・64歳)

「信頼できる」とまでは思っていないけど、取りあえず4、5年通っている歯医者さんがいます。きちんと毎月クリーニングにも通っているし、顎関節症なのですぐには治らないのは分かっているので、気長につきあっていこうと思っています。やはり、ある程度は信頼しているということでしょうか。

長く通っていて問題がないので(myao・東京・パートナー無・37歳)

もう10年以上通っているところがあります。歯の治療はすぐにいいとか悪いとかわからないのですが、長く通っていて今まで問題がないのでずっと通っています。

同級生に家族ぐるみでお世話に(nanachann・パートナー有)

います。たまたま同級生が歯科医として開業をしているからです。彼は、小さいときから手先が抜群に器用!それに気心も知れているのもあり、家族で1年に1回以上はお世話になっています。症状が無くても検診がてら診てもらっています。今年は娘が矯正を希望したところ、その分野のクリニックに紹介もしてもらいました。私自身もホワイトニングで歯のケアをさらに進めています。

長いおつきあい(あことら・東京・パートナー有・54歳)

45年以上お世話になっている歯医者さんがいます。幼い頃から診ていただいているので、歯や口腔内の健康だけではなく、全体の体調もよく分かって下さいます。実家のそばですので、片道約1時間かかりますが、今でも時々通っています。完全予約制で待ち時間が殆どないのも助かります。結婚してから主人もお世話になっています。先生と主人の趣味が同じで、歯医者さんへ行くのが楽しみな、変な夫婦です。

医療行為恐怖症(めぐ・東京)

今、10年ぶりくらいで歯医者さん通いをしています。本当に一大決心でした。医療行為恐怖症で、治療中にすぐに貧血を起こしたり、過呼吸になったりするので、そういう患者でも診てもらえる歯医者さんをネットで探して、片道1時間半かけて、通っています。近所にもたくさん歯医者さんはありますが、やはり自分に合った所を探して行って良かったと思っています。

良心的な歯医者さんに親子3世代で通う(コアントロー・兵庫・パートナー有・40歳)

実家の近くのH歯科医院は、両親、私、子ども達と3世代に渡ってお世話になっています。私が小学生の頃は、別の歯科医院に行っていたのですが、そこは虫歯の治療のたびに麻酔を打つのです。少し歯を削る時にも、すぐ麻酔でした。治療が終わって帰宅するとき、いつも唇の感覚がなく、子ども心に「こんなに麻酔ばっかり嫌だな」と思っていました。それが近所のH先生はあまり麻酔をしないんです。上の子が歯を抜く時には麻酔をしますが、虫歯の治療で歯を削る時には、麻酔をしません。そして必ず治療前と後に、手鏡を持たされて歯の状態と治療法をていねいに説明してくれます。以前、私の歯の詰め物が取れたとき、取れた詰め物(金を使っていました)を持っていくのを忘れたのですが、『別のモノを詰めてもらおう』と思っていました。しかしH先生は「待っているから、その詰め物を持っていらっしゃい。もし使えたらもったいないでしょう?」とおっしゃるのです。新しい詰め物にしたほうが、H先生は儲かるのでは?と思いつつ、患者の私としてはその詰め物を使ってくれたほうが助かるので、家にとりに帰りました。H先生はじっと待っていてくださって、私がとりに帰った詰め物を使って下さいました。良心的で、技術がしっかりしているH先生をこれからも信頼してお世話になろうと思っています。

NO

どうやって選ぶのか(INE・愛知・パートナー無・25歳)

本当に歯医者さん選びには困っています。私は自宅の周辺に10位の歯医者さんがあります。今は、ホワイトニングに興味があるのですが、一体どちらの歯医者さんへ行けば良いものか……困り果てている状態です。また、同じ歯医者さんでも親知らずが痛いからと一方の歯科医院ではこれは抜かない方がいいと何も処置されず帰されてしまい、もう一方の歯科医院ではすぐ抜いた方がいいと言われ、すぐに抜かれてしまいました。はて?抜いてよかったものなのかとその時は不安で一杯だったのを覚えています。結果何事もなかったので良かったのですが、いつまでも自分の歯を守る為にはどこの歯医者さんに行けば良いのかと本当に分からなくて不安です。

保険のしくみ?(fmisa・大阪・パートナー有・36歳)

半年に1回歯石取りに行っていたのですが、保険の仕組みが変ったということで「毎月来てください」と言われ、ちょっと不信感を持ってしまいました……。そういうものなのでしょうか?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

歯科医を選ぶ上でのヒントとして

さっそくたくさんの投稿・投票をありがとうございます。

コアントローさんの投稿にありました治療の際の麻酔ですが、私は乳歯の場合は麻酔をしないことが多くあります。歯科医院の方針やそれぞれのケースにもよりますが、乳歯は麻酔を使用しないで治療することも十分に可能な場合も多いものです。永久歯の場合では、基本的に虫歯が象牙質までいっているものは麻酔することが多いものの、虫歯の大きさなどによっては判断が難しいケースもあります。麻酔の使用を決めるときには、患者さんの希望もありますが、私自身が治療をうける身になって使用して欲しいかどうかで決めることもあります。治療は基本的には虫歯の組織を完全に除去するものですが、そのためにはやはり麻酔をしたほうが、永久歯の場合は処置する側としても安心することがあります。

また、最近はスリーミックス法という手法が話題になっていますね。3種類の抗生物質をペースト状にして、歯をあまり削らずに虫歯の穴の中にこのペーストを充填するという方法ですが、これを使えば麻酔の必要がなくなることが多くなります。しかし、この方法を用いると経験的には再発することが多いため、必ずしも最良の治療とはいえません。

さらにコアントローさんのお話しの中に詰め物のことがありましたが、詰め物がはずれた後に虫歯の組織が残っておらず、ぴったり位置に戻るのであれば、もとの物を詰めてもかまわないと思います。しかし、はずれるということは通常は何か原因があってはずれるわけですから、かみ合わせや詰め物の厚みなどに問題がないかどうかを確認することが適切な対応かと思います。

Fmisaさんの保険についてのご質問ですが、歯周病の重いケースの場合、経過観察の制度が一部変更になって、ご指摘のような通院が必要な場合もでてきます。しかし、すべてのケースにあてはまるものではありませんので、Fmisaさんがこの場合にあてはまるのかどうか、病院側とよく相談してみてください。

INEさんは親知らずについての悩みを抱えておられたとのこと。実は親知らずに関しては歯科医によって意見がわかれるところなので、何が正しい判断なのか、一概には言い切れません。見立てが正しいか正しくないかではなく、それぞれの歯科医の方針による部分が大きい問題です。また、親知らずはすべて抜いてしまったほうがいいというわけでもありませんし、逆に、問題がなくても将来的に問題をおこしそうだということで抜歯をすすめるケースもあります。

最後に、信頼できる歯科医を選ぶことのポイントの一つですが、あことらさんがあげているように、気心が知れていることや普段の生活を知っていることなどは重要なことだと思います。治療の技術以前に、人間的に合うか合わないかというのはあると思うので、かかりつけの歯科医を選ぶ上ではぜひそのようなことにも注意を払ってみてください。

岡 久

岡 久

歯科医 

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english