自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/14(月) - 2002/10/18(金)
5日め

テーマ仕事中パートナーからの電話を取れる?

今日のポイント

「仕事」と「家庭」、「オン」と「オフ」

投票結果 現在の投票結果 y60 n40 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
丹下一
丹下一 俳優

すみ分けの確立携帯電話の普及で、こと電話に関してはあらためてマナーについて考えさせられることばかり。「ことば」は生き物なので、話された言葉を通して相手の内側に耳を澄ませたいと思います。不器用な僕は、そ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

場所をわきまえて!(ふぉるく)

勤務時間中だからというくくりだけで、電話を取るとか取らないとかいうことではないと思うんですが……。会議中、商談中など、家からの電話でなくても電話を取るべきではない場面は多々あるはずです。周囲の状況をわきまえずに家からの電話に出てしまうのは、およそ家庭を大切にしているとは思えません。緊急なら伝言や留守番電話、今の時代ならメールだってあるのですから……。

急用以外かけないのがマナー(まめむぎ)

お互い職場への電話は、急用以外かけないのがマナーなのではないでしょうか。田中さんの場合、思いもよらないノーベル賞の受賞で、マスコミに対してどう対応するかもわからなかったでしょうから、あの電話の様子だけで、家庭の姿うんぬんを語るのはどうなんでしょうね!?それにこのテーマ、性別役割分業を肯定した上で成り立っているような気がするのはわたしだけでしょうか。

周囲に迷惑をかけてまでは(milkcoffee・神奈川・未婚・30代)

営業の仕事をしており、仕事中あちこちから携帯電話が鳴ってることが度々あります。しかし、営業先では絶対とりません。話し相手との会話の腰を折りますし、相手に余計な気を使わせてしまうからです。違う場所に変えてからかけ直してます。時と場合によると思いますが、周囲に迷惑をかけてまで電話に出ようとは思いません。

奥様はどう思われてるのかな?(picky)

わたしは仕事中は携帯の電源を切っているので、緊急の場合は会社に連絡を入れてもらいます。逆に、大した用事でもないのに仕事中に電話をかけてこられても困ります。田中さんの奥さまは、あの映像を何度もご覧になって、どのようにお感じになっているのでしょうか。わたしだったら恥ずかしいと思うけど……。携帯電話が普及して、公わたしの境目がますますあいまいになっていると感じます。

OTHERS

残業中に口出しは困る(チョコレートケーキ・神奈川・既婚・33歳)

子どもが一人の時は、よく残業をしていました。それで、会社に夫が電話をかけてきて、「いつまでやっとんのや。子どもの飯ぐらい作ってやれや」と言われました。それ以来、残業していると上司から「またダンナさんからかかってくるよ」とイヤミを言われます。今の上司とは仕事しやすい環境なので、そんな電話もないですが、あの時は「わたしはあんたがいくら残業しても電話したことはない、我慢してる」と腹が立ちました。

マナーもパートナーも大切に(sakurax・青森・未婚・27歳)

わたしは時と場合によります。確かに、仕事中、携帯電話をいつもそばに置き、誰かしらとしょっちゅうメールしていたり電話が大音量でなっていたらマナー違反だなぁと思います。しかし、その人にも何か理由があるのかもしれないし、ただ遊んでいる場合には注意をすればいいわけで。仕事中、携帯電話で話したから、家族を大切にしてるorしてない、仕事をしてるorしてない! という決め付けは必要がないのかな、と思います。自分を含め、他人に不快感を与えない携帯電話のマナーを、仕事中だけではなく気をつけていけばいいと思います。

これからのテーマかな?(janky・大阪・独身・36歳)

確かにあの記者会見には驚きました。電話を取ったとこ。でも、自然なのかな?今までは自分でいろんなルールを作ってがんじがらめになっていたことを最近よく考えます。しかし、打ち合わせの時に、後輩がパートナーからの電話を取ったらわたしは笑っていられるであろうか?めったにかけてこないパートナーならいいが、数時間ごとにかけてくるようなパートナーであればちょっと疑っちゃう?この話題で、よく見かける「オフィス街でネクタイ姿のサラリーマンと手をつないで歩いている不思議なカップル」を思い出してしまった。

1日、30通話(Rotta・東京・30代)

10年ほど前、隣に座っていた上司(30代後半)は1日30通以上の電話をしていました。相手は奥様。10分おきくらいにかけたり、かかってきたり。会議の時は「電話があったら呼んでね」とおっしゃる。内容は「雨が降ってきたよ」とか。あまりにくだらない電話で、聞いてるこちらの気が狂いそうでした。今でもよく廊下で電話してる姿を見掛けます。この方は特殊だと思いますが、この件から拒否反応が起こります。

どこまでをマナーと考えるか(MINT)

パートナーの会社に仕事中に電話をかけるのは、なるべく避けるべきでは、とわたしは思います。その代わり「かけてきた」ということはそれなりの緊急の用事と判断して、仕事中でも電話を取ります。もしもそのとき会話ができない状況だったら、折り返し連絡をする旨伝言する、それが常識だとわたしは思います。会社で内勤中も常時携帯の電源を入れている方、しょっちゅう携帯にかかってくる電話に出る方も時折見受けられますが、緊急でない電話を仕事中に頻繁にやるという方はマナー違反をしていると思います。そういう点で、記者会見中に携帯電話に出られたお姿を拝見した時は、正直なところとてもビックリしました。あのような場面では当然電源を切るか、マナーモードにしておくべきでは、と思いましたので……。ただ突然の知らせにご本人のところにはもちろん、奥さまのところにもマスコミが殺到されたようですから、奥様もやむにやまれずお電話をなさったのでしょうね。わたしのパートナーが、もし、緊急の電話にも仕事を理由に出てくれないとしたら、パートナーとして生きることをあきらめると思います。

急用以外携帯にはかけない(pyon)

わたしは自宅で仕事をしているフリーランス。主人はサラリーマン。ですから主人が家に電話してきたら電話は取りますが、わたしが主人の会社に電話することはほとんどないです。携帯にもしません。会社に電話するのは急用のときだけです。

パートナーへの愛の尊厳(メリーメイ)

田中さんの電話のことは、これはどのように見ても(けっして失礼な意味で言ってるのではありませんが)田中さんという個性が生み出した一瞬の出来事のように思われます。と言っても会見中の3分はちょっと長いかな?本当に微笑ましいノーベル化学賞受賞記者会見でした。これは少し別として、仕事中、その人の立場、また家庭人としてのその人の存在、そういうあらゆる事を視野に思考を巡らした場合に、家庭への思いやり、つまり愛する人との共同の生活への思いやりを持てる人が、男女区別することなく、どれほどいるものでしょうか?いったん家庭を持つと、お互いの人格を含めてわがものと化してしまう過ちが、時として不幸を導いてしまうことに成りかねないのも事実でしょう。家庭を大切にできないひと=仕事人としてもダメ、だけでは何か虚しさが伴いませんか?とても抽象的ではありますが、人を思いやり、人間の尊厳を想い、人だけではなくあらゆることに愛する思いを寄せること、こういう努力を日々怠らなければ、イコールの世界でなく、より一層最高の男女観が見出せるのではないでしょうか?

記者会見は仕事?(malva・奈良・既婚・57歳)

一夜にして超有名人になった田中耕一さん。ご本人はもとよりご家族もかなり戸惑われていたように思います。記者会見ってご本人の好意によるところであって、仕事ではないと思えるのですが?家族に重大な問題を抱えているときなら、その場でとるかもしれませんが、それ以外はやはり時を見て席を離れてかけ直します。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

夫婦間の価値観の違い

すみ分けの確立携帯電話の普及で、こと電話に関してはあらためてマナーについて考えさせられることばかり。「ことば」は生き物なので、話された言葉を通して相手の内側に耳を澄ませたいと思います。不器用な僕は、そんなにてきぱきと物ごとを処理できません……。今回のこのテーマ、Sakuraxさんのおっしゃるとおり、現代では「仕事」と「家庭」は、比べるものではないと思います。そして、「どちらが大事? 」という質問で比べさせられてきた過去があります。または、「仕事だから」という言葉で何もかもが一色に染められるような現場がまだあることも事実。

もちろん、人生の局面は、どちらに行くか選ばなければならないことばかり。ですが、それぞれの事柄をすみ分けさせることもできるはず。「この仕事」と「あの仕事」、「仕事」と「家庭」、「オン」と「オフ」。それぞれの「今ここ」の時間を深くすることができればいいですね。

丹下一

丹下一

俳優

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english