自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/11/11(月) - 2002/11/15(金)
2日め

テーマ家庭の「実権者」は夫ですか?

今日のポイント

同じくらい稼いでいるのに、家事や育児は妻がする?

投票結果 現在の投票結果 y43 n57 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
松田正樹
松田正樹 「育児連」世話人

家庭の実権者といっても、いろいろな形態の家庭がありますから、まずわが家のような女性1人と男性1人からなる夫婦(事実婚、同棲、内縁を含む)の話にしましょう。子どもが夫婦間力に影響を及ぼす場合もあるのです……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

実権を握っているのは、わたしかな(MANAMI・東京・既婚・38歳)

夫は、どちらかと言うと、細々としたことについて計画を立てたり、手配したりするのを面倒に感じるほう、わたしは、何でも自分で決めて自分でコントロールしたいほう、ということで「実権」を握っているのはわたしかもしれません。ただ、だからといって、「何でも好きにすれば?」といった態度をとられるのも、無責任な感じがして嫌なので、基本的には夫と話をしながら決めています。夫は「ご主人さま」でも「旦那さま」でもなく、ともに家庭を築く「パートナー」だと思っていますので、基本的には、2人で相談しながら家庭を運営していきたいと思っています。

OTHERS

関係の逆転ってあるんでしょうか(朧月夜)

「実権者」と言っても、経済的な意味と精神的な意味の両方があるのでしょうね。わたしは未婚ですが、最終的には彼が実権を握っているように思います。このまま結婚でもしたら、彼の言うことに従うことになりそうで、どこかで逆転しなくてはいけないかな、と考えることもあります。家庭内では、妻が強いほうがうまくいくとよく耳にしますがどうなんでしょう?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「鬼に金棒」

家庭の実権者といっても、いろいろな形態の家庭がありますから、まずわが家のような女性1人と男性1人からなる夫婦(事実婚、同棲、内縁を含む)の話にしましょう。子どもが夫婦間力に影響を及ぼす場合もあるのですが、ここでは子どもはいてもいなくてもあまり影響のない存在としましょう。

で、いきなり夫婦ゲンカの話です。わたしの友人(男性)たちの多くは、妻が専業主婦だったり、仕事をしていても年収100万円前後のバイトやパートだったりするのですが、夫婦ゲンカで妻が反論してくることはないと言います。せいぜい2〜3日から1週間、口を聞いてくれないだけだそうです(食事は作って置いておく)。これを聞いてわたしは「こんなケンカじゃ、彼女の不満がわからないし、彼女はきっとストレスためてるよー」なんて言うのですが、友人たちは当然という顔をしているのです。

ところが、わたしたち夫婦のケンカでは、「そんなにイヤなら出ていけよ」なんてわたしが言うと、間髪入れずに彼女が「何いってるの。あなたこそ出ていきなさいよ」と反論するのです。そう言われると「やっぱりわたし、捨てられちゃうのかなぁ」なんて感じるのですが、彼女がここまで反論できるのは性格よりもむしろ金を自分で稼いでいるためではないかと思うのです。

実は、妻とわたしの収入比は約5:1なので、経済力は彼女にかなわないわたしです。このことはわたしたちの夫婦間力に決定的な影響を及ぼしていて、お互いに言いたいことを言いあえるには、収入比で5:1ぐらい女性が勝っていることが必要ではないかなぁと感じてしまうくらいです。ところが、おもしろいことに収入比が約1:1の夫婦において、夫はあまり家事や育児をしないという研究があるそうです。なぜなのでしょう? 金を稼いでくる人間と、それを支える人間とでは初めから力関係が発生していると言われますが、これが男女平等とは名ばかりの男尊女卑社会である日本において、男性の優位性と結びついてしまうと大変なことになるのです。

つまり、金を稼いでくる人間の多くは夫であり、男性の優位性も男性である夫は持っているわけですから、夫は「鬼に金棒」というわけです。ですから、たとえ経済力が妻と同じであっても、男性の優位性のため、夫は家事や育児をしないのだそうです。となると、経済力や男性優位性に注目すると、どうしても多くの場合、夫が家庭の実権者になってしまします。「でもね、精神的な面では妻が実権を握っているのよ」とおっしゃっる人もいるかと思います。しかし「この精神的な面って何なの? 」とわたし、思うのです。

実権者を経済的な力関係でとらえるのか、あるいは精神的な面でとらえるのかでは答えが異なるように思えます。また、家庭内に実権者はいないと断言する人もいらっしゃることでしょう。しかし、経済的要素と精神的要素とそして男性優位性は、実は密接につながっていて、それは家庭内における男女の役割にまで影響を及ぼすであろうとわたしは考えているのです。みなさまはいかがお考えですか?

松田正樹

松田正樹

「育児連」世話人

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english