自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/30(月) - 2003/7/4(金)
3日め

テーマ子どもに音楽を聴かせていますか?

今日のポイント

子どもをコンサートに連れて行ったことありますか?

投票結果 現在の投票結果 y67 n33 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
岡崎ゆみ
岡崎ゆみ ピアニスト

思ったより、クラシックを聴かせたいと考えているママが多いことがとても嬉しいです。子どもに聴かせる音楽はジャンルを問わないというご意見がもう少し多いかと思いました。

しかしあやびのママさんのようにコン……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

子連れで行けるコンサートをもっと(asane)

子育てに音楽は必要だと思います。子どもにも必要だし、育てる親にも。音楽によって、心が和んだり、気分が変わったりすることはよくあります。それが子育てにも影響するし、音楽を子どもと共有する、という意味でも、大切だと思います。聞かせる音楽も、いわゆる子ども向けのものばかりではなく、いろんなジャンルのものを聴かせるほうがよいとわたしは思います。世の中には、子ども向けの音楽だけではないのですから。子連れで行けるコンサートがもっとたくさんあればいいのに、と思います。

コンサート会場に未就学児童は連れて行けない(あやびのまま・神奈川・41歳)

なるべく聴かせたいと思っています。しかし、コンサート会場に未就学児童が入ることはほとんど不可能です。そのため、地域で行われている合唱祭(親が歌っている)などに一緒に行くことが多いです。また、父親のコンサート(主人は声楽家でたまにコンサートを地元で開いている)や児童館の発表会などに行きます。オペラなどはテレビで我慢します。内容がおもしろいと小学生ながら楽しんで見ています。

ジャンルは問わず必要不可欠(み〜ひゃ♪・埼玉・30歳)

絶対必要。クラシックじゃなくちゃ!とかそういう細かいことは言わないけど、音楽は必要。音感・リズム感は健康に暮らしていくために必要不可欠なものだと思います。

NO

いろいろなジャンルを聴かせたい(Tink)

子育てに音楽は必要だと思う。自分の好き嫌いにかかわらずいろんなジャンルを聴かせてみるといいと思う

行きたいけれど実現しないのが現状(ことみつき)

子どもは6歳の女の子。1年前からピアノを習い始めてみたものの、最近は今一つお稽古したくないようです(気まぐれです)。ピアノのコンサートやクラシックのコンサートに連れていきたいと思っていますが、未就学児はご遠慮願います、というのがまだまだ圧倒的に多いので、実現していないのが現状です。幼児を対象としたコンサートを積極的に探していないということも一因ですね。さっそく、インターネットで探してみます。岡崎さんのコンサートにもぜひ行ってみたいと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「ひと時のすてきな時間共有」

思ったより、クラシックを聴かせたいと考えているママが多いことがとても嬉しいです。子どもに聴かせる音楽はジャンルを問わないというご意見がもう少し多いかと思いました。

しかしあやびのママさんのようにコンサート会場に未就学児童は連れて行けない、と言うのはネックですね。「0才からのクラシック」という活動を全国で行ってきましたが大変な人気をいただいています。リピーターがとても多く、DMリストに記載されている方にお知らせするだけで、チケット完売してしまうんです。このことからも、他に同様のコンサートがないことを痛感します。

また、このような活動は世界でも珍しいらしく、昨年は遠くニューヨークのラルフ・ローレン社から協賛したいというう嬉しいオファーをいただきまして、東京と大阪のラルフ・ローレンコンサートが開催されました。

子どものこと、子育てのこと、音楽のことをちゃんと理解している演奏者や制作者が少ないことが背景にあるように思います。「子ども向けのコンサートだから、こんなものでいいだろう」という意図が感じられるコンサートをいくつか聴きましたが、やはりすごくつまらないですね。わたしは子どものコンサートとはいえ、通常のリサイタルと同じく「beautiful, chic, slender」というポリシーを根底にすえています。

現在の企画制作担当者は、子どもが喜ぶと想像し、やたらにリズム、和音、メロディーに力を入れてしまうところがありますが、「ひと時のすてきな時間共有」であるコンサートをしたいというわたしの考えと彼女の意見をうまく融合させて、企画を続けています。

しかし、やはり子どもですから、ただただ作品を演奏するだけでは10分くらいで飽きてしまいます。ですから、楽しいお芝居の中で本格的な曲を演奏するというアイディアを次回の公演(8月17日の「音符物語」。ちょっと宣伝)では生かしています。ただコンサートホール椅子にお子さんが埋まってしまって前が見えないなど、会場に関する問題もけっこうあるんです。

今、「音符物語」のために、映画館にあるようなプラスティックの補助椅子を探してます。まだ、見つかっていないのですがご存知の方、また、それに代わるものがありましたらぜひ教えてくださいね。

岡崎ゆみ

岡崎ゆみ

ピアニスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english