自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/3/18(月) - 2002/3/22(金)
3日め

テーマ食べものを選ぶ目に自信がある?

今日のポイント

「表示なんてどうにでもなることを現場で見てきた……」

投票結果 現在の投票結果 y50 n50 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

まっぷたつに票が割れました。自信のある方は、表示よりご自身の経験と感覚を信じて選んでいるという人、という印象を受けました。最近では感覚も鈍感になり、bicycleさんのように腐ったものを嗅ぎ分けられる……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

「これだ!」というものを買う(ちょこちゅっぱ)

今まで、料理番組や料理雑誌でどういうものが新鮮である、という情報を得ていたので、肉・野菜・魚を買う時はいつも品定めして、「これだ! 」というものを買ってます。現在病気せず健康なので、わたしの買い方は○といったところでしょうか。

やっぱり匂いでしょ!(bicycle)

食べ物を見分けるにはにおいが大事! 食堂でビンに入っているのがソースかしょうゆか迷ったら、迷わず鼻に近づけます(?)。ひとくちめの印象も大切です。腐ったものはすぐ吐き出しましょう。今まで安い牛肉の生い立ちがわからなかったのですが、最近のニュースでやっと理屈がわかり安心しました。お肉屋さんで、醤油ダレまみれで色も匂いもわからなくしているまずい肉は、何年も昔の輸入肉だったんですね?

「失敗しながら覚えていくのよ」(ドラゴン・東京・未婚・25歳)

最近母と買い物に行き「これは新鮮?」などとよく質問ばかりしています。これから主婦になるわけですが「食品を選ぶ目」というのは難しい課題の一つのような気がします。母は新鮮な魚をよく買ってくるのですが、そんな母に聞いたところ食品選びは「経験」だそうです。「失敗しながら覚えていくのよ」とも言っていました。

NO

適当にカゴに放り込んでいくのが現実(にっしぃ)

この不祥事がおこる以前から、こんな表示はあてにならないよな、と騙されていることを承知で、すっきりしない気分のまま、買い物をしていたようなところがあります。残念なことにわたしには判断する手がかりが何もなく、最初からあきらめているようなところもありました。消費者として知っておきたいことですが、ゆっくり買い物をしている時間もなく、結局いつものスーパーで、適当にカゴに放り込んでいくのが現実のような気がします。

自分の舌を信じて選べばいい?(ミモザ・兵庫・既婚・42歳)

これだけいろんなところから偽装の事実が出てきて、生鮮食品を選ぶ基準がさっぱりわからなくなりました。それまでは黒豚だの地鶏だの、通常のものより高いものを安全性と味の面から選んでましたが、本物だったのか不安です。主人は「単純に安くても、おいしいものを自分の舌を信じて選べばいいんだ」と言ってます。なんだか毎日の食事作りもいまいち気乗りしなくって……。

これから五感を磨きます(なでしこ)

こうなれば自分の五感が頼り……と言いたいところですが、普段の食事が手抜きだったからか(だしも化学調味料を使ってたし……)自信を持てないでいます。でもそんなことは言ってられないので、ラベルに頼ることなく、五感というアンテナを磨いていきたいと思っています。

OTHERS

表示がどうにでもなることを現場で見てきた (ちびねこ)

自他共に認めるいいものを扱っている店で働いていました。たしかに吟味していたけれど、すべてのものに対して製作現場までを追っかけることはできませんし、輸入物なんかは輸入元の言葉が頼りでした。たまに「表示が間違っていたから」「日本の法律に合わないものが含まれていたから」という理由で下げることもあります。そんなことはお客様には告げません。自分の手に来るまでにどう扱われていたかも、追及しきれません。結局は自分の情報収集力になるのだと思いますが、それもどの情報を? という感じもします。表示なんてどうにでもなることを現場で見てきてたので、見る目云々の前に表示自体をあまり信用していません。

これからは値段じゃなくて(karin・東京・未婚・27歳)

自炊暦7年、スーパーで安い食料を見つけるのには自信があります。けれど最近、その産地や添加物が気になります。国産と外国産の野菜、どう違うの? 減農薬と有機栽培の基準って何? 加工食品に羅列してある添加物、これって何気なく食べちゃってるけど大丈夫なの? 気にはなるけどよくわかりません……。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「FARM TO FORK」

まっぷたつに票が割れました。自信のある方は、表示よりご自身の経験と感覚を信じて選んでいるという人、という印象を受けました。最近では感覚も鈍感になり、bicycleさんのように腐ったものを嗅ぎ分けられる人が少なくなっているとか……。経験不足に加え、表示などの情報に頼りすぎた結果ですね。

しかし、多くの種類の食材を前に、また選ぶ時間も少なく・未熟なわたしたちに感覚だけで選ぶことにも限りがあるでしょう。だからこそ、食材の情報が必要になるのです。頭と身体をバランスよく働かせて、食を選択することが今の時代に必要であるとわたしは考えます。

残念ながら日本の食品流通の現状では、情報を収集することが難しいのです。ちびねこさんのおっしゃっていた、まさしく生産現場までたどっていくことはできないのです。EUなどの食品流通を見ていると、生産や製造の責任を明確にするしくみが確立されています。彼らは、「FARM TO FORK」といって、農場から食卓まで、どこの段階で、誰が責任をもっているかが明白で、逆に食卓から農場までをたどっていける仕組みになっています。
日本は、まだまだ連帯責任の国。国民性にまでたどっていけます(笑)。何よりも、食品流通や情報開示の仕組みを、もっと消費者の声が反映される仕組みにしたいですね。

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english