自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/3/18(月) - 2002/3/22(金)
4日め

テーマ食べものを選ぶ目に自信がある?

今日のポイント

あの事件があってから、買い物する場所に変化はあった?

投票結果 現在の投票結果 y50 n50 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

自分の身は、自分で守る。自己防衛、もっとパワフルに免疫力をつけて、がんばる! まさに戦闘態勢! ですね。みなさんが、ここまで不信感をもつようになったのには、メディアによる影響力も大きく作用しているので……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

痛い目には何度もあった(いつこ・福岡・既婚・40代)

もう15年以上前ですが、けっこう名の通ったスーパーの食品の安売りで、魚と肉を買いだめをして帰った時のこと。帰宅後、肉の包装を開けたとたんすごい腐敗臭。一つだけではなく、ほとんどの商品がそうだった。日付けは今日のものだったけれど……。あれから表示は信じないことにしています。

信頼できるお店の品を選ぶことが一番(Maja)

大手スーパーの産地表示は、昔から不信感を持っていました。食べてみておいしくなかったり、焼いたらみょうに小さくなってしまったりもともと安全でおいしい食品は大量生産はできないものなので、ほとんど市場に出てこないものです。自分で選ぶのもなかなか大変なので、信頼のできる自然食のお店を利用しています。

自分の体の免疫力を強めておくのが一番の防衛策?(malva・奈良・既婚・56歳)

数年前から家庭菜園で野菜を作ってみて、きれいな野菜と農薬の使用量が気になっています。お米は、ネットで知り合った秋田の農家から「あきたこまち」の玄米をわけてもらっています。オフ会で彼の田んぼも見てきました。こう次々ラベルの偽装が発覚すれば、自分の目で見たものしか信じられないというのが現実ですね。それと賞味期限の偽装に対して、少々の賞味期限切れのものでも大丈夫なように、自分の体の免疫力を強めておくのが一番の防衛策? なんて思ってしまいますよね(笑)。

NO

ラベルに頼りすぎ(miyabi・兵庫・未婚・27歳)

頻繁に買い物をせず、たまに頼まれた時しかしないため、目が肥えていません。頼りになるのはラベルであったり、なんとなく見える表面的な見かけだけ。持ってみてもいまいちわからず、その時必要な大きさをなんとなく値段で探して終わり……まったくもって自信がないのですが、どうすれば養えるのでしょうか。

まかせが現状(erimaki・沖縄・既婚・33歳)

虚偽表示発覚後も、相変わらず買い物の目は鈍いままです。というより、一種の諦めに似た感覚を持っています。何が信用できて、何が虚偽か……なんて、店舗の中ではラベルしか判断材料を与えられていないのだから、どうしようもない……。もちろん、新鮮かどうかは見極めます。が、外観以上の判断は運まかせが現状です。

OTHERS

本当に自信ありますか?(bachiko)

発色剤がついた肉の良し悪し、鮮度、産地の真偽なんてラベルでは絶対わからない。ここぞ、というお店を信用するしかない。お魚は目、弾力やつやで鮮度は見分けられても産地までは見抜けない。売る方だって巧妙。結局値段とお店と味で折り合いをつけるしかない。そこへ来ると野菜はわかりやすい。鮮度も味も。低農薬、近海物とか言いながら、水道水でお料理したり、酸化防止剤、安定剤、発色剤、増粘剤がたくさん入ったチューブ入りの辛子やわさび、マヨネーズ、ケチャップ、固形スープ使っている人はけっこう多いんだろうなあ。知らないうちに汚染されているのに、素材にこだわった気になっていることを滑稽に思います。

ホンマモノ(ごんた・既婚・34歳)

手作りの無添加のホンマモンって、なぜあんなに高価になるんでしょ。ハムとかベーコンでよくありますよね。無添加にすることってそんなに難しいことなんでしょうか? 別に原料の豚を国産黒豚メチャ美味にしろとは申しません。素直に育った豚さんを、素直に余計なものを加えずに加工してほしいだけなんですけどもね。最近、いつも買物するスーパーで「タイ産鶏手羽」のラベル表示をみかけます。今までなかった「タイ産」表示です。まぁ、国産鶏が不足していることも影響しているようですが、今この時期に突然出現されると「え!? 今までのももしかして……」と疑ってしまいます。国内野菜も中国野菜も本当に農薬チェックしているのか、イマイチ信用できません。

農薬には気をつけましょう(典厩)

肉や魚は目で見れば大体のことはわかります。ただ野菜の農薬だけは、信頼の置ける店を信用するしか手段がありません。みなさんご存知ですか? 海にも農薬がまかれていることを。わたしはよく魚釣りに行くのですが、カレイのように底物と言われる魚が少なくなってきました。初めは漁師が網で底をそぎ取っていってしまうのかな、と思っていましたが、漁師さんに聞くと、海苔の養殖業者が海に農薬をまくので、稚魚が死んでしまってとれなくなったって。だから「海苔の養殖漁場近辺でとれたカレイや、とくにシャコは食べないほうが良いよ」って。わたしにとってはカルチャーショックでした。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

メディアによる影響力

自分の身は、自分で守る。自己防衛、もっとパワフルに免疫力をつけて、がんばる! まさに戦闘態勢! ですね。みなさんが、ここまで不信感をもつようになったのには、メディアによる影響力も大きく作用しているのではないでしょうか。

今回のBSE(狂牛病)の発生に始まる報道は、風評被害ともいえるほど、事実が誇張されているのではないでしょうか。とにかくターゲットが決まれば、徹底的にいじめ倒す。食品問題に限らず、政治や芸能ニュースなど、〇〇たたきが、目に余るような気がします。たしかに行政の対応の仕方にも問題があり、正確な判断力を持つ専門家が育成されていないという状況ではありますが、消費者が、マスコミ情報に振り回されすぎなようにも思えます。

この間に、多くの牛肉が産業廃棄物として処理されました。ほとんどが汚染されていない牛肉、相当の量です。牛の気持ちになったら、本当に申し訳ないと思っている人たちは、どれほどいるのでしょうか。さらには、地球の裏側で、多くの人が飢えで命を落としているという現実があります。飽食の果て……。わたしたちのエゴイズム以外の何ものでもありません。そこまでして、食の安全とは? と改めて問いかけたいと思います。

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english