自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/3/21(月) - 2005/3/25(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ薬や注射以外に花粉症の対策をしていますか?

投票結果 現在の投票結果 y46 n54 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
田子みどり
田子みどり コスモピア代表取締役

3月も来週で終わり。そろそろ桜だよりも聞こえてくる季節ですが、お花見も躊躇してしまうほどの、今年の花粉事情。今や花粉症は国民的問題として、国や自治体も、組織横断的に対策に乗り出しています。 ニ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

食生活や運動などで体質改善(ninomy・神奈川・パートナー有・39歳)

花粉症歴30年以上の私の花粉症対策は食生活の改善と適度な運動での体質改善です。私と花粉症とは小学校高学年の時、春の健康診断でアレルギー性鼻炎と言われた頃からの付き合いで、当時はまだ花粉症という言葉はなかったように記憶していますが、授業中にくしゃみを20連発もして大爆笑されたことなどが思い出されます。一番症状がひどかったのは10年程前で、一晩でティッシュ1箱分鼻をかんで、鼻から出血することもありました。そんな症状が徐々に軽くなり始めたのは結婚してからですが、食生活が大きく変わったことが大きかったと思います。それまでは外食が多く、メニューも肉が中心でしたが、結婚後は1.妻の実家が農家であったこともあり、野菜を食べる量が確実に増えた、2.魚中心のメニューになった、ことの影響が大きかったように思います。加えて4年前に太極拳とウォーキングを始めた頃からは、体重も程よく減り、呼吸器も鍛えられたのか、よほど花粉の飛散量が多いとき以外は薬を飲まなくても済むようになりました。今年もほとんどマスクもせず、晴れて大量に花粉が飛びそうな日にだけ軽めの薬を飲んで、目薬を差す程度の対応で済んでいます。食事と運動のいずれも花粉症を治そうと思って始めたことではありませんが、体質改善の結果、体に本来備わっている抵抗力が高まり、結果として花粉症の症状も軽くなったのではないかと思っています。

病院で治療してからは(K-CRAFT・東京・パートナー有・41歳)

十数年前ですが、あまりにも花粉症の症状がひどく、病院で治療してもらった経緯があります。当時は鼻水でなく鼻血が前触れもなく出てしまったんです。鼻血ではさすがに、周囲の人にも心配をかけますし、くしゃみもひどかった為に治療しました。確か、薬品で鼻の中を焼いて皮膚を強くしたというような説明を受けた気がします。それ以来、多少の症状はあるものの、ひどい具合に悩まされることはなくなりました。マスクもしないで平気な状況です。少し香りや匂いに対しては鈍感になったような気がしますが、当時のひどさを考えると治療してよかったなぁと感じています。

薬やサプリ、生活習慣の改善など(pinkcat・東京・40歳)

花粉症歴30年。今年は辛いですが、1日1回の薬を4日前から飲んで、結構大丈夫です。かつては内服しても発熱で寝込むほどひどかったのですが。今年の成果でいえば、昨年から飲んでいる抗酸化を阻止するという「松樹皮エキス」のカプセルの効果では?他にも「紅麹」とか「もろみ酢」など体調維持や免疫に関するものも摂っています。甜茶等は効かなくて……。特に3、4年前から効果を実感している、8年前からの減感作療法や2年前の鼻粘膜レーザー切除の効果が大きいとは思いますが、マスク、点鼻薬、点眼薬、サプリ、洗濯物の室内乾燥、アロマバス、マスクへのアロマスプレーなどコマメな補助的な対策が大事と思います。結局、ひどい人の場合は、年間通した継続的な体質改善と医療技術の活用、こまめなケアかなと思います。加えて、非常に力になってくれているのは、最新治療を知る花粉症・アレルギーに詳しい主治医です。あ〜、でもこの時期、たまのお酒も控えるのは残念……。でも花粉症症状がひどくなるし……、葛藤。

薬と甜茶を併用していますが(本の虫・千葉・パートナー有・33歳)

私の花粉症の症状は鼻水、目のかゆみ、のどのイガイガ、咳がとまらない、頭痛などです。対策として薬以外に甜茶を飲んでいます。鼻、のど、咳には効いているようですが残念ながら頭痛には効きません。花粉が多い日は、薬を飲んでいても頭痛が治らないので大変です。今年は花粉が多いので雨が降っているときはうれしいです。

自己暗示で克服!(ちょこばなな・東京・31歳)

「私は花粉症ではないんだ」と、自己暗示をかける方法を実践されている方がいると知って嬉しくなりました!私は以前鏡に向かって自己暗示をかけ、花粉症を克服したことがあるのです。でも、この話を友人知人にすると大抵「そんなことはありえない」と笑われるし、もしかして偶然治っただけなのかもしれません。それでも自己暗示の効用は捨てたもんじゃない!と今でも思っています。他に気をつけていることとしては、お酒を飲んだ翌日は症状が出やすくなるのでこの時期はできるだけお酒を控えるようにしています。(でも好きなので結局飲んでしまいますけど!)

これがダメなら次がある(maeko・群馬・パートナー有・37歳)

職場での飲み物を甜茶にしています。ここ数年、冷たいお茶が要らなくなる秋から甜茶にして花粉シーズンに備えていますが、効果のほどは?くしゃみが出ないわけでもなく、目がかゆくないわけでもない。飲んでいるからこの程度で済むのかな、と思っていますが。ほかに、即効性のありそうな「にがり」も常備。こちらも絶対きくとは言い難いですが、体に悪くもなさそうだし……。それでもだめなら、漢方薬を飲むことにしています。これがだめでも次がある、と思えることが私には効くようです。

NO

ヨーグルトで絶好調(nagachan・千葉・パートナー有・36歳)

私自身は花粉症ではないので対策をしていないのですが、夫が重症の花粉症です。でも、今年は、花粉飛散量が多いと報道されているにもかかわらず、例年に比べて調子が良いとのこと。去年との生活の違いを考えてみると、思い当たるのはヨーグルト。朝昼あわせて200gくらいを毎日欠かさず食べています。どのように効いているのかはよくわからないのですが、毎年この季節1、2度寝こんでいたことを考えると、今年の調子よさは特筆ものだと思います。

何よりも、体質改善? (sogarin・大阪・パートナー無)

私は花粉症ではないのですが、家族や周りではかなりの人数の花粉症の方がいらっしゃいます。最近、仕事関連で知った赤紫蘇のサプリメントがいろんな方にかなり効果があったみたいで、今年、久々に発症した母にも勧めてみたところ、症状がマシに。自然のものだし、お薬より安心なので、引き続き飲んでくれたらな……と思っています。

私自身は寒暖アレルギーなので、手の施しようがなく、あきらめの境地ですが……。花粉に悩まなくていいけど、気温差はどうしようもないので、それはそれで悲しいでです……。挙句に、アレルギー性ではない喘息にもなってしまい、何より体質改善が必要かも?と思う今日この頃です。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

自分に合ったものを生活にうまく取り入れて

3月も来週で終わり。そろそろ桜だよりも聞こえてくる季節ですが、お花見も躊躇してしまうほどの、今年の花粉事情。今や花粉症は国民的問題として、国や自治体も、組織横断的に対策に乗り出しています。

ニュースを見ると、春の高校野球などスポーツの世界にも、花粉症が影響を及ぼしているよう。大気汚染や紫外線の問題も考え合わせると、外で運動をしてはいけない、といわれる日も残念ながら近いかもしれませんね。

皆さんの体験談を拝見していると、鼻水鼻づまりや喉のイガイガについては、何らかの自分なりの対症療法を見つけつつある人も多いようです。最近は不織布でできた、安くてガード効果の高いマスクも次々と開発されました。厚生労働省によると、花粉症用マスクをつけることで1/6まで花粉を減らせるそうです。

私も、ガーゼのマスクは皮膚に当たるとかゆみが出るし、口にあたる部分がなんとなく不衛生な気がしてあまりつけていませんでしたが、最近の物は立体的で接触部分が少なく、使い捨てができて衛生的にも快適です。

問題は目。やはり厚生労働省によりますと、花粉症用メガネを使えば花粉を1/4まで減らせるとのこと。しかし、未だ花粉症用メガネは、値段はともかく使い勝手がよさそうには見えません。

私の周りには、目をごしごしこすって腫らせてしまい、美人も台無しの人が少なからずいます。今回の体験談にも、目のかゆみを訴える人は多かったのですが、対策は見つかりませんでした。当面は目薬に頼るしかないのでしょうか。

そういえば今思い出しましたが、私は子どもの頃、しょっちゅうものもらいができたり毛穴からバイキンがはいって化膿したりしていました。基本的に超健康児ではあったのですが、免疫力が弱かったのかもしれません。特に小学校高学年のころは、いつもどちらかの目が腫れて、ひどいときは両目いっぺんにお岩さん状態のこともしばしばありました。ものもらいが化膿すると、思春期の少女には見た目もつらく、ズキズキとした痛みで物事に集中できません。そんなときは祖母が、ちょっと熱いくらいのお茶に脱脂綿を浸して、目を拭いてくれました。すると、すごく楽になりますし、治りも早いような気がしました。お茶の殺菌力によるものでしょう。花粉症にも使えないでしょうか。

それから、症状を悪化させないための、ストレス除去。精神力で治すなんていうと根性論のようですが、ちょこばななさんのおっしゃる自己暗示法は、案外効くかも知れません。現代人は精神的ストレスで病気を引き起すことが多いのですから、逆もありではないでしょうか。

そしてpinkcatさんがおっしゃるように、この時期のアルコールは、花粉症には大敵ですね。私もお酒を飲んでいるときは幸せなのですが、帰り道に症状が悪化して奈落の底に。いつも後悔しています。お酒メーカーさんには、ぜひ花粉症を和らげるお酒を開発して欲しいです。(そうまでして飲まなくても、よさそうなものですが……)

さて、1週間花粉症を考えてきましたが、みなさんの苦闘の様子がよくわかりました。

結局のところ、ninomyさんのように、食生活を改善し、適度な運動を取り入れながら、根本的な体質改善を図っていかねば、花粉症のみならず次々と問題を背負っていくことになりそうです。つらい花粉の季節も、あと1〜2ヶ月の辛抱!お茶の効果もひとそれぞれですが、自分に合ったものを、生活の中にうまく取り入れていただきたいと思います。

1週間どうもありがとうございました。

田子みどり

田子みどり

コスモピア代表取締役

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english