自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/1/27(月) - 2003/1/31(金)
2日め

テーマ小泉首相の靖国参拝に賛成しますか?

今日のポイント

信教の自由と憲法20条

投票結果 現在の投票結果 y46 n54 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
井上順孝
井上順孝 國學院大学教授

靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑との大きな違いは、前者は宗教法人であり、後者は国立の施設であるという点です。この基本的なことを知っておかないと、議論が混乱してきます。国立の施設に、首相や閣僚が慰霊の意味を……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

敬意を払いたい(okochi)

今回の参拝は、拉致問題の解決のためロシアへ訪問した直後でした。「歴史的になにか動くのでは?」と期待しながら毎日ニュースを見続けていました。小泉総理にとって、今回の靖国参拝は大きな決意というか、なにか思い入れを持ったものだと考えていたからです。

第二次対戦関係諸国にとって歴史的な新たな幕開けとなる序章だと考えていました。報道各社は「靖国」だけにいつも注目して書き立て、世間の人も関連諸国の人も靖国の問題だけを知ることになっています。しかし、「千鳥ヶ淵」の墓地(戦犯と呼ばれる人もここにはたくさん眠っておられるとか?)にも、さまざまな大臣が参拝に訪れています。なぜそれを問題にしないのでしょうか? それに、日本人として、日本人の戦犯者なども含め、多くの血が流されたことで、アジアでは突出して繁栄した、現在のような社会を築くことができたのではないでしょうか。その恩恵に対して敬意を払うことが本当にいけないことなのでしょうか?

参拝するのは個人の自由(宮里砂智子)

神を敬うのは個人の自由が保障されていますよね。靖国神社のご神体は神様ではないのだから、法律にも違反していません。わたしは、よいと思っています。

すべてを否定する必要はないのでは(なっちゃん・長崎・43歳)

徴兵されて外地で戦死した兵隊さんが、そこにいらっしゃる以上、お参りするべきではないでしょうか? 神社とか、A級戦犯という言葉に、アレルギー反応を起こして、すべてを否定するのは、いかがなものでしょうか?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

感情論に終わらない事実の整理を

靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑との大きな違いは、前者は宗教法人であり、後者は国立の施設であるという点です。この基本的なことを知っておかないと、議論が混乱してきます。国立の施設に、首相や閣僚が慰霊の意味を込めて訪れたからといって、政教分離の問題は生じません。一方、靖国にまつられている人たちは、祭神、つまり神様という扱いです。ですから、「靖国神社のご神体は神様ではない」というのは間違いといえるでしょう。
日本では人を神としてまつる場合が少なくありません。たとえば、天神様として崇敬されているのは菅原道真という歴史上の人物です。また、明治神宮は、明治天皇、皇后を神としてまつっています。

靖国の場合は、240万人余の戦死者が、本人の意志に関わらず神としてまつられているということが、賛否を起こす理由の一つになっています。国のために亡くなった人をまつるのは当然という人がいます。その一方で、まつってほしくないのにまつられている、ということに、遺族が不快感を持つということもあるのです。

靖国の問題は感情論になりがちですが、こうした基本的なことも知る必要があります。そうしないと、なぜこれほどまでに社会で議論を呼ぶのかが分からないということになります。靖国神社は戦前は国家の管理下にあったが、戦後は一宗教法人となった。特定の宗教に個人的にかかわることは、首相といえども信教の自由が保障されている。しかし、国家が特定の宗教を保護するようなことは、憲法20条で、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、または政治上の権力を行使してはならない」として、禁じられている。

このようなことをきちんと踏まえた上で、首相参拝はやはり問題であるのか、これは国内問題としてのみ処理できることなのか、A級戦犯がまつられていることに中国や韓国がこだわるのは、いわれのないことなのか、そうした議論をすすめてみませんか?

井上順孝

井上順孝

國學院大学教授

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english