自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/2/3(月) - 2003/2/7(金)
2日め

テーマ『親離れ』、できていますか?

今日のポイント

過保護って、本当に悪いことですか

投票結果 現在の投票結果 y62 n38 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
弘中百合子
弘中百合子 『ロゼッタストーン』

たくさんのご意見、ありがとうございました。
「親離れ」とは、精神的、経済的な自立だと思います。「親離れ」が一番しやすいのは、20代、30代。40代になると、親が年をとってくるために、別の意味で「親離れ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

早くに親離れをしたつもりだったけれど(vitz・東京・38歳)

難しさ、非常に感じています。子どものころから、「親に頼らずに生きていけるようになりなさい」とことあるごとに言われ、かなり早い段階で親離れをしたつもりでした。特に母はあまり干渉もせず、就職、転職、結婚などすべて事後報告。「便りのないのは元気な証拠」と、それでいいものと思っていました。しかし、最近になってこれまで母が言っていたことは母の理想であって、本当はベタベタと頼ってほしかったことが判明。先日は、「冷たい娘」と言われ、泣かれてしまいました。わたしの理想は、親には精神的・経済的には頼らず、かつ日常的に思いを馳せ、折に触れその気持ちを表現すること……やっぱり難しいです。

心配をかけないこと、喜びを与えること(mamarin)

親離れについてはできていると思います。それは経済的に面倒をかけず自立しているからです。距離が離れているということもありますが、子育てでも、最近は親に頼ることもなく、両親はそれぞれ自分のやりたいことをやって暮らしています。自分も親になってつくづく思うのですが、親孝行というのは温泉旅行に連れて行ってあげたり肩を叩いてあげたりすることではなくて、心配をかけないことが第一だと思います。そしてそれは子ども自身が健康で健全な社会生活を送り、自分の人生を歩んで行くことではないかと。

そして第ニに、喜びを与えてあげること。それは子どもの成功でもいいし、孫の誕生でもいいし、親の功績を認めてあげるのもいいし、親の第ニ、第三の人生を手助けしてあげるのもいいと思います。こう考えたのは、最近実の母が60歳を過ぎて見つけたライフワークに、わたしが資料の翻訳などで、大学の助教授の妹が論文や本の書き方などのアドバイスをして手伝っており、母がとても生き生きしているのを目の当たりにしているからです。こんなお母さんはすてきだな、とわたしたちが感じ、それを素直に伝えてあげるのも最大の親孝行だと思いました。

わが身を振り返りながら子育て中(kaho)

一人っ子で過保護、過干渉ぎみに育ったわたしは、早く親から離れたかったのです。しかしながら、結婚し親元を離れると、しばらくはホームシックにかかっていました。精神的にも自立できたと認識したのは、自分が親になり、子育てにもある程度の自信がでてきたころです。まだまだ手のかかる年齢の子どもたちですので、経済的にも、形になる親孝行はできていません。わたしの両親にとっては、孫とわたしが元気で楽しい日々を過ごし、ときには会いに行く時間がある平穏こそが、幸せであるようです。

わたし自身、干渉されることを疎ましいと特に意識しだしたのは高校生ぐらいでした。ですから、当時の自分を振り返りながらの子育て中です。現在子どもは小学校低学年。過保護にならないように、けれどまだ目の離せない年齢です。しつけも必要でしょうし、ある程度の干渉も必要です。親に甘えたい部分と、自我が芽生え、親から離れたいという部分が見え隠れし、深夜寝顔を見ると、これでいいのか?と自問自答しています。世の中には育児書が溢れ、さまざまな意見がありますが、明確なラインを持たないこういった問題は、各々の家庭環境と、個々の性格があることを忘れず、自分なりの基準を見つけていかなくては、と思います。

NO

つい世話をやいてしまう(エミりん)

娘が去年、大学生になり、それを機に「自分のことは自分で責任を持って行動しなさい! 」と、親離れを宣言したものの、とあるごとに決断を相談してくる娘。「自分で決断しろ! 」と思いつつも相談にのってしまうわたし。「今日は遅くなる?」「どこに行くの?」と、聞いてしまうわたし。これでは、全然「親離れ」させてないですよね。

どこまで手助けしていいのやら(里穂・中部・37歳)

「親離れ」、難しい言葉です。10年間一人暮らしをして体調を壊し、両親と一緒に住むことになりました。一緒にいるとなかなか「親離れ」というのは難しく思えます。親子の関係は永遠に続くものですが、どこまで手助けしていいのかわかりません。これから年老いていく両親と、小さなことから決めごとを作り、変な干渉をしないでいきたいと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

親を喜ばすには演技も必要

たくさんのご意見、ありがとうございました。
「親離れ」とは、精神的、経済的な自立だと思います。「親離れ」が一番しやすいのは、20代、30代。40代になると、親が年をとってくるために、別の意味で「親離れ」がしづらくなる面があります。そう考えると、「親離れ」期間というのは、意外に短いような気がしませんか? vitzさんのお母さまも、年齢とともに、少し気弱になっていらっしゃるのかもしれませんね。

mamarinさんの「心配をかけないこと」という意見には大賛成。でも、子ども一筋で生きてきた母親などの場合、子どもが立派に巣立ってしまうと、自分の存在価値を見失ってしまう場合もあるようです。「喜びを与えてあげること」も大切ですよね。

『ロゼッタストーン』最新号で取材したみうらじゅんさんは、愛情たっぷりに育てられた一人っ子。大人になって、「今度は自分が『親孝行』しなくては」という気になったそうです。ただ、気持ちはあっても、たまに会うとけんかしたり、気まずくなったり、なかなかうまくいかない。「そうだ! 親孝行を『プレイ』だと割り切ればいいんだ」と思いついたといいます。つまり、親を喜ばせるためには演技も必要だと、子どものころのように甘えたり、「いつまでも、親の傘の下にいる」風にふるまうことにしたというのです。ちょっと邪道のようですが、心の底には親への愛情があり、たまに会う親子が仲良く過ごせるのだから、なかなかいい方法かもしれません。

とはいえ、里穂さんのように一緒に暮らしている場合は、演技をし続けるわけにもいかず、距離のとり方が難しいですね。「決めごとをつくる」というのは、家族であっても、必要なことだと思います。

さて、kahoさんやエミりんさんが書いておられる「過保護」「過干渉」の問題ですが、これについても、取材で興味深い意見がありました。「過保護は悪いことじゃない」というのです。長くなるので、これについては、また明日。

弘中百合子

弘中百合子

『ロゼッタストーン』

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english