自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/2(月) - 2003/6/6(金)
1日め

テーマ犯罪加害者の情報、広く公開して欲しい

今日のポイント

今や誰もが犯罪被害者になりうる時代

投票結果 現在の投票結果 y90 n10
凡例
キャスター
志賀こず江
志賀こず江 弁護士

ここ最近、通り魔事件や放火事件など、凶悪犯罪が増加しています。恐ろしいのは、以前は恨みなどによる犯罪がほとんどでしたが、最近は「他人を殺したり、傷つけたりすること」自体が目的で起こる犯罪が増えていることです。そしてもっと恐ろしいのは、凶悪な心を持っている人が、たとえ自分の近くにいてもわからないこと。誰でも犯罪被害者になりうる時代なのです。

あなたは犯罪加害者の情報を公開してほしいと思いますか? 
日本では、2000年5月に「犯罪被害者保護法」が成立。被害者が捜査中でも記録閲覧やコピーができるようになるなど、被害者の人権向上への取り組みが始まっています。しかし、被害を受けていない人には、犯罪加害者の情報は公開されていません。日本では交通事故の加害者情報が公開されないため、「日本は加害者天国だ」という意見もあるのです。日本以外の国はどうでしょう? アメリカやイギリス、韓国では性犯罪者に関して情報を公開しています。アメリカ・カリフォルニア州では、97年7月から「性犯罪者一覧CD-ROM」を作成。身分証明書を提示した18歳以上の人であれば、誰でも警察署の中で閲覧できるようになりました。お隣の韓国では、2001年7月に未成年者に対する性犯罪で有罪判決が確定した人物の氏名をネットで公開。これらの情報公開が行われた背景には、「性犯罪者は再犯を犯しやすい」「だから前歴を持つ人間の情報を知って、有効な防衛策を講じたい」という議論があったからです。

加害者の情報公開に関しては、「人権についてどうするか」「どのレベルまで公開するのか」などの多くの問題があります。そこで、今週は「犯罪加害者の情報、広く公開してほしい」というテーマで、みなさんのご意見をお聞きしたいと思います。難しい問題ですが、みなさんの投稿をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english