自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/2(月) - 2003/6/6(金)
5日め

テーマ犯罪加害者の情報、広く公開して欲しい

今日のポイント

自分で身を守り、加害者の更正を妨げない広い心を持てるかが重要

投票結果 現在の投票結果 y84 n16 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
志賀こず江
志賀こず江 弁護士

いつ、自分が犯罪の被害者になってしまうのかわからない社会になってきました。特に抵抗することができない小さな子どもたちが犯罪の被害に遭うといった事件が報道される度に、元気で家を出て行った子どもが変わり果……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

加害者も何かの被害者だと思う(遊。)

一部の加害者は、何かの「被害者」の場合が多いような気がします。安全な暮らしをする上で、加害者の情報は公開すべきだと思いますが、「元」犯罪者を受け入れられる心の持ち様も一考の余地があるのでは?

自分の地域で起きた犯罪の情報ぐらいは(さーぼー)

性犯罪・無差別殺人といった、個人レベルでの自衛策が通用しないような凶悪な犯罪に関しては、被害者だけでなく、少なくとも自分の地域で起きた犯罪の加害者情報ぐらいは、希望する人が入手できるようになってもいいと思います。加害者の情報公開は、加害者を晒し者にするということを第一の目的とするのではなく、次なる同様の犯罪者を生み出さないためになされるべきです。

以前わたしの家族が暴行を受け、新聞やワイドショーなどでもとりあげられる事件となりました。自宅の住所などは一切報道されていないのにもかかわらず、自宅前には数日間テレビカメラやリポーターがはりついていました。加害者の情報は、その後何事もなかったかのようにもみ消され、報道もされませんでした。心身ともに深く傷ついている被害者側には、人権などというものはないようです。罪を犯した途端に人権が手厚く守られるような今の社会はおかしいとしか思えません。

神戸連続殺人事件の加害者(SAKUSHA)

年末には神戸の連続殺人の加害者が、事件からわずか6年で一般社会に復帰するという話をニュースなどで聞いています。「彼」の名前も顔も所在もわからない。遺族の方たちは不安ではないのでしょうか?

顔と名前は公表して(Chikako-H)

時として加害者の顔、実名がふせられ、被害者の実名が出ていることがあるが、納得がいかない。わたしもついつい、テレビの2時間ドラマの殺人があたりまえに起こるストーリーに鈍感になっているが、もし本当に殺人犯が近くにいたら、恐ろしいし、キレるような精神状態の人だった場合、また犯さないとも限らない。また性犯罪者(いわゆる異常者)は、一種の性癖だから常習性があると思うので、知らずに隣や同じマンションにいたら怖い。顔と名前は公表してほしい。

情報公開しなければ、ますます犯罪が増加する(himetaro)

昨今の警察の検挙率低下もさることながら、志賀さんがおっしゃるように犯罪自体が変質してきていると思います。「たった一度の過ち」で改心して更正してくれればいいけど、再犯率が50%以上なんて聞くと、「加害者の人権は」などと手ぬるいことを言っていたら、犯罪はますます増加するばかりではないでしょうか。

加害者の情報を前もって知っておけばこんなことにならなかった、という場面は今も相当数あると思います。「怖い、助けて」と幾度も警察に訴えても守ってもらえなかった事件などの話を聞くたびに、自分の身は自分で守るしかない国になったのだと思い知らされます。だからこそ、加害者にまつわる正確な情報はたとえ、そのときの被害者でなくても広く必要だと思います。もともと「たった一度の過ち」でもしてはいけないんですから、何の落ち度もなく、尊い命を絶たれたり、人生を台無しにされた被害者の人権をあくまで尊重する法制化を望みます。

加害者の更正よりも、一般市民の安全が優先されるべき(EVIA119・未婚・29歳)

加害者の情報、公開してほしいと思います。人権はみな平等のはずだから、加害者の人権も保護されなければいけないのかもしれません。でもその前に、被害者や善良な一般市民の人権は保護されるべき。自衛手段を取るための情報を得る権利があってもいいと思います。人権に優劣・順位をつけてはならないと思いますが、「加害者の更正・未来のため」「加害者の人権擁護」ばかりが叫ばれているように感じてなりません。たしかに加害者も更正するかもしれません。未来もあるかもしれません。でも、加害者がどんなに更正しようとも、被害者に負わせた精神的・身体的傷は一生残ります。わたしは加害者の更正よりも、一般市民の安全が優先されるべきだと思います。

まだ機が熟していないのかも(せのみん・東京・41歳)

基本的には公開してほしいと思う。しかし、個人と個人の付き合い方が、アメリカほどさばけていない日本では、まだ機が熟していないのかな、とも感じる。たとえ息子が犯罪者であっても、テレビカメラに自分の顔を出してきちんと意見を述べる国と、常にワイドショー的なレベルの報道が中心の国とでは、根本的な骨組みが違う。

犯罪者が一生更正できないような状況になってしまうのも問題。むかし、海外から来たアーティストで一度、交通事故を起こしているだけで、来日できなかった人がいた。また薬物所持の前科があっても現在更正しているのに、引き合いに出されたケースも。日本は管理する側も融通が効かなすぎるきらいがあると思う。それが心配です。

また、情報公開のあり方についても、日本はまだまだ真剣な論議がなされていないと思う。ネットなどを見ていると、被疑者の住所があっという間に広まってしまったり、逆に無防備だったり、と、大変ゆるい。大人の問題としてだけでなく、中学生、高校生のころから考えていってほしいテーマではないだろうか。しかし、考えてみると、隣が犯罪者かどうかどころか、同じアパートの住人が誰だかも知らなかったりするわけで……。公開しても、結局興味本位にしか使われないのかもしれない。

被害者のプライバシーのなさに憤りを感じる(mamarin)

最近増発している幼児や年少者に対する犯罪(特に性犯罪)で有罪になった加害者の情報は公開するべきだと思います。また、悪質な詐欺(特に老人を狙った)などの確信犯や何度も有罪になっている常習犯などの情報は再発を防ぐためにも公開するべきだと思います。

加害者のプライバシーに関しては、閲覧者の身元を確認するなどの措置で十分ではないでしょうか。現在個人情報が平気で売買され、一般市民のプライバシーも十分確保されていないのです。しかも犯罪被害者のプライバシーはまったくないではないですか。いつも犯罪の報道などを見ると、被害に遭われた方のご自宅や写真、子どもの場合、学芸会などのビデオなどが平気で流されます。なぜ被害者の名前や写真などがこんなにも公開されなくてはいけないのかと憤りを感じています。であれば、有罪になった常習的加害者の情報を知る権利はあると思います。

情報公開は犯罪の抑止につながる(junkomama)

犯罪被害者遺族として、情報公開に賛成します。誰もが被害者になりうるから、というよりも、刑期さえ終えれば罪は帳消し、というのはあまりにも無責任であるという思いからです。それは法的矛盾でしかないのです。犯罪被害者にとっては、自分の事件はあまりにも大きな「負の遺産」です。それは一生消えることはありません。それどころか子や孫にも語り継がれるものなのです。もし、情報公開により加害者に不利益が生じたとしても、それも贖罪の一部であろうと思います。また、性犯罪では再犯率も高く、そういった点からも情報公開は犯罪の抑止効果にもつながると考えます。

NO

罪を犯す原因に目を向けてほしい(ブルー)

公開してほしいという気持ちもありますが、あえてNOとしました。たしかに、社会防衛の観点から、公開やむなしとも思いますが、公開を行っただけで犯罪がなくなるとは思えませんし、犯罪を繰り返す人は、公開の有無に関係なく繰り返すと思います。それよりも、その人がなぜ罪を犯すのか、その原因を突き止め、犯罪を繰り返させないようにできないものかと思います。

問題のある少年と接する機会があります。幼少のころから激しい虐待を受け続け、殴られるのが当たり前という世界の中で生きてきて、自分も他人も尊重できずに、他人に平気で暴力を振るう少年もいます。虐待を受けた子どもが全員犯罪者になるわけではありませんし、いかなる理由があれ、他人を傷つけることは許されませんが、何故犯罪を繰り返すようになったのか、その原因に目を向けてほしいと思います。また、犯罪を繰り返させないために治療が必要なのであれば、きちんと治療を受けさせるように体制を整えなければならないと思います。

犯罪者として一生差別されるのはよくないと思う(WAGGA)

一度過ちを犯した人間が長く長く差別されるのは、よくないと思う。しかし、その罪の重さにより、週一回、月一回保護観察員や医師とのカウンセリングが必要だと思う。以前、犯罪者が社会復帰後に、足にどこにいるかがわかるチップのついたリングを着けて、毎月必ずカウンセリングを受けているのを、海外のテレビ番組で見ました。普通に働き、楽しむ生活はあるけれど、法を犯したことを忘れてはいけないと思う。

根本的な問題は、処罰が軽すぎること(PANDORA)

現実には、自衛策のためだけに加害者の情報を利用することは不可能だと思われます。といっても、わたしは安易な「人権派」ではありません。根本的な問題は、日本での性犯罪の処罰が軽すぎることだと思うのです。いわゆる婦女暴行致傷であっても、ほんの数年。たいては執行猶予付きです。しかも、訴えても女性は傷ついてしまいます。

わたしの知人に、被害に遭った人がいましたが、つらい思いをして裁判で証言したにもかかわらず、加害者に科せられたのはごく軽い刑でした。これでは、悪質な人間にとってはなんの戒めにもなりません。婦女暴行ほど、女性としての人権を踏みにじる行為はない、という認識を持って、米国のように、婦女暴行に数十年、悪質な場合は終身刑ぐらいの量刑を適用するように法律改正をするべきだと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

人権と人権との衝突を招く難しい問題

いつ、自分が犯罪の被害者になってしまうのかわからない社会になってきました。特に抵抗することができない小さな子どもたちが犯罪の被害に遭うといった事件が報道される度に、元気で家を出て行った子どもが変わり果てた姿で戻ってくるという事態を、家族はどのように受け止めるのだろうと胸を痛めています。

昔は、家族・親族はもちろん、地域社会も人間関係をよく把握できていて、それなりの犯罪防止機能がありました。しかし、今は、隣りの人どころか、自分の家族の生活さえよくわからないという時代です。そして、犯人の検挙率が50%を切ってしまっている状況の中では、犯罪被害から身を守るのは自分自身だという意識をしっかり持たざるを得ません。そういう時代背景が、このような犯罪の加害者についての情報公開という問題を生んだのでしょう。

一方で、もちろん、犯罪者が、必ず再び罪を犯すとは限りません。立派に更正している人はたくさんいるわけですから、それを妨げるようなことは絶対に避けなければなりません。難しい言い方をすれば、人権と人権との衝突ということになるのでしょうが、もっと、人間の心の奥底を試されるような問題なのではないかという気がしています。

志賀こず江

志賀こず江

弁護士

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english