自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/9(月) - 2003/6/13(金)
1日め

テーマ障害者福祉をもっと充実させてほしい

今日のポイント

日本ではいまだに「一生施設に入ったまま」の障害者が多い

投票結果 現在の投票結果 y93 n7
凡例
キャスター
弘中百合子
弘中百合子 ロゼッタストーン代表取締役社長 季刊誌『ロゼッタストーン』編集長

この春、障害者福祉を支える「障害者支援費制度」がスタートしました。この制度は、それまで実施されていた措置制度(サービスの利用内容を市町村が判断する制度)に代わって導入されたもの。この制度では、障害者が市町村に支援費の支給を要請し、市町村が障害の程度などを考慮してサービスの支給料などを決め、その後、障害者自らが事業者や施設を選んで契約します。しかし、この制度には問題点があるのです。

この制度を支える財源は、以前と同様に国や自治体の障害者福祉サービス予算。市町村によって利用度合いや事業者の参入にばらつきがあるため、計上する予算が大きく異なっています。また、ホームヘルプの報酬単価がアップすることで、市町村の負担が増えて財政難になり、その結果障害者が望むサービスが受けられない……という事態になっているのです。
この状況をどう思われますか? 

欧米では、障害者が街で暮らすことが普通になっています。しかし日本では、「支援費制度」だけを考えてみても、障害者福祉が充実しているとは到底思えません。日本はいまだに「一生施設に入ったまま」……という人が多い。これは非常に残念なことです。

わたしは、季刊誌「ロゼッタストーン」の最新号(2003年4月9日号)で、「障害者福祉はどうあるべきか」について特集を組みました。製作するにあたり、ボランティア活動に熱心で欧米で福祉を学んだことがおありの民主党衆議院議員・山井和則さんに取材してご意見を伺いました。今回は、イー・ウーマンのみなさんと一緒に、この問題を考えてみたいと思います。あなたは日本の障害者福祉についてどう思われますか? どうすれば、もっと充実させることができるのでしょうか? みなさんの率直なご意見をお待ちしています。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english