自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/18(月) - 2003/8/22(金)
1日め

テーマ時にはケンカをすることも必要だ

今日のポイント

ケンカは、悪いことと位置づけられることも多いけれど

投票結果 現在の投票結果
凡例
キャスター
弘中百合子
弘中百合子 ロゼッタストーン代表取締役社長 季刊誌『ロゼッタストーン』編集長

みなさんは、最近誰かと争ったこと、つまり「ケンカ」をしたことがありますか? と聞いて一番多く浮かぶのは「夫婦ゲンカ」でしょうか? または「親子ゲンカ」や「兄弟ゲンカ」かもしれません。これはすべて「身内」というくくりがあり、いわゆる他人とするものとは性質が違うかもしれません。

他人とするケンカを「してよいもの」として親に育てられた人、先生に教えられた人はいらっしゃいますでしょうか? 積極的に教えられなくても、ケンカをしている子どもを叱る様子や、諭す様子を見て育てば自然と「してはいけない」と思うかもしれません。とはいえ、これを事なかれ主義と安易に断じるつもりはありません。平和的な解決を目指すという考え方こそ、現代的なものかもしれません。

しかし、その方法で生きてきて煮詰まったこと、限界を感じたこと、というのもみなさんくらいの年齢になればそれぞれお持ちではないでしょうか? 「一方的な攻撃」で終わるのではなく、双方が意見を主張する「ケンカ」ができれば……と思われたことはないでしょうか?

『ロゼッタストーン』でも社会で家庭でとさまざまなシーンで存在した「ケンカ」をとりあげました。今回は、「ケンカ」は果たして悪いものなのかということを、それがうまく作用することはないのかについて、みなさんの経験や意見を伺いながら進めていきたいと思います。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english