自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/17(月) - 2003/11/21(金)
1日め

テーマデジタル著作物。コピーに抵抗はある?

今日のポイント

権利は守らなければならない、でも、文化は模倣から生まれる事実

キャスター
窪木登志子
窪木登志子 弁護士

今日、日本のブランド品(家電、車、楽曲、化粧品など)にとってコピー問題は大変問題になっています。とくにアジア、中でも大陸製造品に関してはなおさらです。粗悪品でブランドが汚染され,本来利益を得るべきところで日本企業が利益を受けていないという害が生じています。

さて、その中でもデジタルによるものは、簡単にコピーでき、しかも犯人を特定しにくいこともあり、かつ質を劣化させないので、とても厄介です。著作権を侵害する行為も頻発しています。しかしその規制を厳しくすると、私的な利用すら制限することにもなりかねません。

たとえば、コピーコントロールCDは合理的な技術ですが、その一方でPC上で読み込めないなど、利用に不自由な点もあります。そもそも、文化は模倣から生まれてきたのですから、あまり制限しすぎると、すばらしい創作が世に広まる機会を減らすことにもなるのです。アーティストも、利用料をもらうよりも普及してほしい願いも強いものです。

そこで今回はみなさんの率直なご意見をいただきたく思います。違法コピー商品の存在に抵抗を感じるのか、個人的な利用の際、権利関係などを考えているのか? などのお話をお聞かせください。消費者の生の声が、これからの法律のあるべき姿をあぶりだしていくように思います。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english