自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/28(月) - 2005/3/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ現職の女性議員たちはよく頑張っていると思いますか?

投票結果 現在の投票結果 y42 n58 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
弘中百合子
弘中百合子 『ロゼッタストーン』編集長

2002年7月に、イー・ウーマンで「女性議員が増えると世の中は変わる?」というテーマを投げかけたとき、8割以上の人が「YES」と回答。高い期待を感じました。今回の「現職の女性議員たちはよく頑張っている……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

男性と伍して働くこと(みいや・香川・パートナー有・43歳)

男性議員さんの中にはまだまだ古い考えの人が多く(年代的に)、一般社会よりも働きにくい場だと思います。表向きは男女平等といっていても、なかなか受け入れてもらうのは厳しいと思います。その中で女性議員さんたちは頑張ってくれていると思います。

女性として同じ感覚を持ち、しっかり発言を(IPウーマン・35歳)

期待を込めてYES。かつて最年少で当選し、その若さやルックスだけを騒がれ、挙げ句失言で失脚した女性議員がいたが、女性議員というと彼女のような「アイドル系」と、土井−田中ラインを代表とする「恐いおばちゃん系」に二分されてしまうのは残念。実際は、夫婦別姓の運動を熱心に進めている方や、子どもを持ちながら活動されている方もいるのに。辻元氏もかなりいい線行っていると期待していただけに、例の事件は本当に残念でならない。今後に期待したい議員さんは、一女性として我々と同じような感覚を持っているのではないかと(私が勝手に)期待している野田氏、水島氏、福島氏。二世議員としてそのコネを最大限利用してしっかり頑張って欲しい小渕氏。いかにも活動家、という風情ではなく、でも発言はしっかり、という人が今後増えないものだろうか。

人として魅力的か(月の猫・神奈川)

その人なりに「頑張ってる」のだとは思っています。ただ、その結果を私たち選挙民に理解させているかどうか、理解させる努力をしているかどうか、という違いがあると思います。私は男女に関わらず、まず人として議員が魅力的かどうかという点を重視したいと思っています。「魅力的」という言葉も曖昧ですが、行動や発言に共感できるかどうかというところでしょうか。そういう意味で昔から変わらずに視線をむけているのは、野田聖子議員。美しく魅力的で、でも水面下では一所懸命努力し、もがいていらっしゃる。長年の発言や行動がぶれることなく、尊敬に値すると感じています。

性別による権利の差異を解消すること(小林哲之・東京・パートナー有・37歳)

「女性議員」という取り上げ方がされているのが、納得がゆかない気がします。イー・ウーマンの趣旨からして、本来問題にされなければならないのは「女性の意見を代弁する議員が頑張っているかどうか」であって、性別が女性であるという一点を持って「女性の代表」という扱いにするのはどうかと思います。議員には、農村を代表する議員、IT業界を代表する議員、宗教界を代表する議員、などさまざまな議員がいます。そういう観点から「女性の代表=女性議員」という枠組みを付けてしまう限り、女性議員が増えないのは当然という気がします。また、女性問題は男性には扱えない(扱わせない?)というニュアンスが含まれてしまうような気がします。女性議員でなければ、女性問題を解決できないのでしょうか?無論、より説得力を持つであろうことはわかりますが「女性の権利向上が女性議員の数で決まる」といった議論には、疑問があります。男性議員が圧倒的に多いにもかかわらず「男性が育児休暇を取得する権利」は、侵害されたままなのですから。問題は、女性の権利ではなく、性別による権利の差異であると思います。

もっともっと活躍して(syura・神奈川・パートナー有)

頑張っていると思います。スケジュールのハードさ仕事量の多さなど、本当に大変なのはその著述やホームページなどでかいま見ることができます。しかし、若年層への淫行禁止条例などが女性議員の立案で立法されたりしているのを見ると、まだまだ日本には女性議員が足りない、女性の視点が足りないなあ、と思います。フィンランドやスウェーデンでは、政治は女性の天職ではないかと思われるほど、男性よりも多いと聞きますが、これからもっともっと増えて、どんどん活躍してほしいです。

NO

当選するために必要な資源とは(靖・東京・パートナー無・33歳)

女性議員を増やす方法は、外部からの発想では難しいと思いますが、やはり選挙制度改革が必要だと思います。議員という職業を選択する時の性差はそもそもあるのか?と思いました。体力、精神的な面は性差というよりは個人差。議員になることは一般企業就職や公務員になるプロセスとは異なる部分が多い気がしますが、議員は選挙で選ばれるので、そこで女性より男性が良いと判断されれば、彼女たちは当選出来ないし、また無所属以外では党内で選ばれないと選挙区で立候補することも出来ず、その他経済力やコネ等、やや我々の想像とは違う力がないとなれない職業のような気がします。そんな要因もあって、政治に魅力を感じることも難しい一方で、法案はどんどん成立し、いつのまにか我々の生活にかかる経費が増えていたり、私の知人にも「夫婦別姓」が認められない限り入籍しないという子持ちの方もいます。国民の望む成果を挙げるような政治になっていないと、断定しても良いかも知れません。元外相・環境相の川口さん、北朝鮮拉致問題の家族会に最も理解があったといわれる中山元参与などは国民から選ばれた方達ではありませんが、功績は評価すべきものがあると感じています。女性議員として頑張ろうとしても、頑張れないのが現況ではないでしょうか。

魅力的な仕事環境を作ること(RAY・パートナー有・31歳)

どうしたら女性議員がもっと増えるか?との質問。先ず、立候補者がもっと増えることだと思います。自分の生活範囲(住まい、勤務先)でしか状況はわかりませんが、選挙前に目にする候補者看板の大半が男性で占められているように思います。優秀な女性は、たくさんおいでだと思います。その方々が、政治家という職業で活躍したくなるような環境作りが必要かなと思います。因みに、4日目サーベイに、梶本さんのコメントで「女性であれ男性であれ議員の方々から私達に歩み寄って来ていただきたいのです」とありました。私の生活する地域では、そういう地方議員(男性)がいらっしゃいます。毎週(朝)、通勤者が多く出入りする駅近くで、視察・議会報告を配布されています。リポートにはメールアドレスも載せられており、勉強会も定期的に実施されているようです。男性だから女性だからという括りに関係なく、こういう議員は市民に情報提供(還元?)されていて、真摯によく頑張っておられるなぁと感心します。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

期待はしているけれど、現状には満足できない?

2002年7月に、イー・ウーマンで「女性議員が増えると世の中は変わる?」というテーマを投げかけたとき、8割以上の人が「YES」と回答。高い期待を感じました。今回の「現職の女性議員たちはよく頑張っていると思いますか?」というテーマに対しては、「YES」という回答は約4割。期待はしているけれど、現状には満足できない、ということなのでしょうか。

今週発行した「ヴィーナスはぁと」のなかで、民主党の水島広子議員が「女性議員がゼロの県議会が2県、一人の県が8県もあります」と指摘していました。小林さんのように「性別が女性であるという一点を持って“女性の代表”という扱いにするのはどうかと思います」というご意見もわかります。女性議員の質にもバラツキがあるし、男性議員で女性問題に理解が深い人も、もちろんいます。ですが、女性議員の割合が6〜7%(都道府県議会では6.9%、町村議会では5.6%)という、いまの日本の状態は、あまりにも不自然な気がしてしまうのです。

水島議員の報告によれば、お隣の韓国では、クオータ制(割り当て制)を取り入れ、昨年の総選挙で女性議員を倍以上に増やしたそうです。「2002年が韓国では“女性政治元年”と呼ばれていますが、政党法が改正され、地方議会の比例代表候補を5割に引き上げる、名簿順位は男女交互にする、比率に違反すると候補者登録無効、地方議会の選挙区で女性候補者を3割以上にした政党には補助金を追加支給、ということが規定されました」(「ヴィーナスはぁと」163号・水島広子議員)

先日のイラクの選挙でも、候補者の3分の1は女性にするように義務付けられていたようです。先進国のなかで最低といわれるいまの日本の状況を改善するには、靖さんがおっしゃるように、選挙制度を見直すことも検討したほうがいいかもしれません。

もっとも、「議員になりたいと思う女性が少ない」という根本的な問題もあります。RAYさんがご指摘のように、優秀な女性たちが「政治家という職業で活躍したくなるような環境作りが必要」でしょうね。

DV防止法、児童虐待防止法などは、女性議員が力を入れて成立した法律です。現職の女性議員たちは、IPウーマンさんが言われる「アイドル系かこわいおばちゃん系か」というイメージを打破し、自分たちの政治活動の成果をきちんとPRしていってほしいものです。

円より子議員は、10年以上前から超党派の「女性のための政治スクール」を開いています。「地盤・看板・カバン」がない人で社会と人々のために働きたいという志がある人に政策能力をつけてもらうのがねらいで、これまでに多くの議員が誕生しているそうです。意欲のある方は、こういう場で勉強するのも一つの方法ですね。

世の中の半分は女性なのですから、政治の場にも、それなりの数の女性がいるのが、自然な姿です。これを読んでいる方のなかからも、将来、女性議員が誕生するといいな、と思います。

1週間、いろんなご意見をありがとうございました。

弘中百合子

弘中百合子

『ロゼッタストーン』編集長

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english