自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

写真家の大竹先生に出会って

佐々木

確か、写真の世界に入った理由に、撮られるより撮る側に回りたいと思った、って仰っていたのを聞いたような気がするんですけど。

織作

まず、ユニバースになる前は短大で、初等教育と幼児教育を専攻していたので、幼稚園と小学校の先生の2級免許は持っているんです。だから講師には、なれるのですが、教員採用試験が8月で、世界大会と全く同じ時期だったので受けられずにいたんです。それで翌年、採用試験を受けるか、どうしようか、と考えながら、でも、自分が本当に好きなことは何だろうと思って。

小さいときから、絵を描いたり、木や石を彫ったり、作り上げることが好きだったんです。そういう物を作る世界がいいな、と思いながら、ミス・ユニバースになっちゃった。ユニバースになった後、写真家の大竹先生に出会って、先生からこういう話をもらって。

佐々木

じゃあ、先生のほうが、「撮ってみないか?」っていうふうに言ったんですか?

織作

そうですね。「何か芸術に関わりたい。芸術の世界に入りたい」って言ったら、「写真も立派な芸術だよ」って言われて、「えっ? 写真?」って。私のイメージでは、芸術の感覚がなかったんです。まだ、その頃、写真をよく知らなくて。

それと、写真って、雑誌とか新聞とか、商業的なイメージがあって、私が知らなかっただけなんです。「写真って芸術なんですか?」って先生に聞いたら、「立派な芸術だよ」って言われて、「写真集とかも、ちゃんと見なさい」って言われ、それで、写真って、いろいろ幅広いんだな、ということが分かったんです。

近所に日本画家と友禅作家の方がいらしたので、そこに遊びにいって、その日本画家の先生に入門というか、「勉強したい」と相談したりもしたことがあったんですが、「難しいよ、絵で有名になるのは。写真のほうが、まだいいんじゃないの?」っていわれたりもして。

佐々木

撮られるのが好きでなくても、撮られる数が多くなると、「こんなふうに自分を見せていくと、よく撮ってもらえる」とか、撮られる側としての意識が高くなったりするようにも思うんですが。

4/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english