自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

父からの影響が大きかったんです

佐々木

子どもの頃のお話を伺いたいんですけど、どんな家庭に育ったのですか? お父様は、確か日本建築の大工さんだったとか。

織作

そうです。だからずっと、職人さんと一緒で。実家の隣が工場だったんです。父はいつもそこで働いていて、「趣味が仕事」の人でしたし、唯一のお休みは、お正月と5月の連休の3日間だけ。日曜日も休みなく働いていました。

佐々木

お母様は?

織作

母は、おばあちゃんの時代から、ちょっとしたお店をやっていたんです。いろんなものを売っている、田舎のお店。タバコとか塩とか切手とか、日用品を置いてある小さいお店ですが、元々は、おばあちゃんが、戦前、戦中と、料亭をやっていました。それから一気に戦争になり、子ども夫婦や、旦那さんと、1年に3人のお葬式を出したんです。とても大変なことがあってから、料亭をやめ、小さいお店を始めて、それをうちの母が受け継いだんです。写真の道に入ったのは、父からの影響が大きかったと思います。

佐々木

その当時、家庭によっては、「24〜5歳で結婚しなさい」というところがまだ多かったと記憶していますが、そんな中、職人のお父様は、仕事に関してなにかおっしゃいませんでしたか。ミス・ユニバースなんて驚かれたでしょうね。

織作

新聞に載っちゃったんです、地方新聞に。「近畿地区代表3名」って、写真がドーンと載っちゃって、両親がびっくりしてました。新聞社から電話が入って親は初めて知ったので、「どうしたの? 何で言わなかったの?」って言われて、「ちょっと遊びでやったら、受かっちゃって」って言って。でも、日本大会には来てくれましたけどね。

佐々木

そういった家庭の環境の中で教えられたことは、どんなことですか。お父さんと一緒に、よく絵を描いたとか?

織作

工場に行けば、木屑がいっぱいあって、それを使って遊んだり、彫物をしたり。あとは、うちの実家の向かい側に美術の先生が住んでいたので、遊びに行きながら絵を習いましたね。でも、親が子どもに、こういうふうに、というのは一つもなくて、進む道は自分で決めてきました。親も、それに関しては「頑張りなさい」とだけ。もうお任せ、という感じでした。

17/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english