自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>アクティブライフ@>インド/ムンバイ :混沌としたムンバイの道路事情


インド/ムンバイ
混沌としたムンバイの道路事情

リポート: 岩立寿子さん
(2002年4月からムンバイ(旧ボンベイ)に、200211月よりデリーに在住 ドイツ語翻訳者
【写真】インド/ムンバイ

インドの西側に位置。美しいアラビア海に面し、人口1,300万人以上からなるインド最大規模の都市が、ムンバイです。この街を走る道路、たとえば、マリンドライブの様子を一言で表現するならば、「混沌」。写真では、さほどそのイメージが伝わりにくいかもしれませんが、実際は、高級車からバスやタクシーなど、ありとあらゆる車両が車線を無視して自分勝手に走り抜けるのです。その車線の隙間を縫って、果敢にも道路を横断する人も。また、一度車の流れが止まれば、大量の歩行者に混じり、車内にいる人目当てに物売りや物乞いが寄ってくるので、道路の上はいつも大騒ぎ。ちなみに、インドの他の街に行くと、人口もクルマも多いムンバイよりも相対的にクルマの数は減りますが、そのかわりに“オートリキシャ”なる乗り物や野良牛が加わって、道路の混乱する度合いは増すようです。

【写真】インド/ムンバイ

この渾沌たる雰囲気に加え、インド人はクラクションを多用するので、かなり騒々しいのが事実。前だけを見て運転するのが当たり前のインドにおいて、「クラクションを鳴らす」という行為は他の車両に自分の存在を知らせる、重要な役割を果たしています。大型トラックの後ろには決まって「HORN PLEASE」と書かれていますが、これは「追い抜くときは鳴らしてくれ」という意味。

【写真】インド/ムンバイ

写真のトラックの周りでは人がしゃがんだり道路のまん中を歩いたりと、実にごちゃごちゃとしており、まるでムンバイのクルマ事情そのものを表しているかのようです。

  

〜アクティブライフ@の記事〜
→ 現在進行中のサーベイ
→ コラム 菅原真樹の「楽園からの風」
→ イー・ウーマンユニバーシティ講座
→ 201X年の家族のくらし
→ みんなで作るオリジナルドライブマップ
→ アクティブライフ@トップページ
→
イー・ウーマンサイトトップページ
ページ最上部へ
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english