自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > クルマ@ > チャイルドシート

クルマ@ewoman

チャイルドシート

妊娠中の「ベビーの安全講座」


チャイルドシートについて真剣に考えるのは、日本では、出産間際から出産後のようですが、アメリカでは、「妊娠中」のようです。何しろ、出産した時に、病院にチャイルドシートを持参しないと退院させてもらえないのです。アメリカでは85年までにすべての州が法律で義務づけ、また、チャイルドシートに乗っていない場合、10〜500ドルの罰金もあります。

一番まじめにチャイルドシートのことを考える時期、つまり妊娠中に、しっかり勉強しなおしてもらおう、ということで、「両親学級」の一つとして、「べビー安全講座」がありました。取材に伺った時、バージニア州ヘンリック病院では、妊娠中の両親に対して、60分の「べビー安全講座」を行っていて、夜になると、仕事を終えたビジネススーツを着た働く妊婦さんなど、20〜30人くらいが集まって、しっかりメモを取りながら授業を聞きます。

「シートベルトの長さを測り、このような金具、ロッキングクリップを使ってシートベルトが動かないように硬く留めます」などと、講師が説明をしていきます。授業後、ビジネススーツで妊娠8カ月くらいの女性に聞いてみると、「今持っているタイプを確認します」。夫婦で参加していた方は、「今持っているチャイルドシートではダメなことがわかったので、さっそく新生児用に買い換えます」など、授業がすぐに具体的な行動に結びついているのが印象的でした。チャイルドシートは、病院の売店でも売っています。

必要を感じたときに学ぶ機会があると、すぐに身につくものですね。


活躍する女性たち
変革の旗手たち
クルマ創りのこだわり
イベントリポート
進化するクルマMap
チャイルドシート
あの人のクルマライフ
ewoman メンバーの声




e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english