自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > クルマ@ > チャイルドシート

クルマ@ewoman

チャイルドシート

事故のときに71%以上が助かる


米国運輸省道路交通完全局ネバーマン担当官によると、「母の腕の中が安全という神話は車の中では通用しない。一番危険なのが、親の腕の中。チャイルドシートに座っていれば、事故のときに71%以上が助かる」とのこと。大人のシートベルトが、事故の時守ってくれる確率は50%とのことですから、チャイルドシートが子どもを守ってくれる確率がとても高いことがわかります。

たとえば、時速50キロで走っている時、シートベルトをしている大人が子どもを抱いていても、事故にあった場合、助手席に座っていれば子どもはフロントガラスに激突します。

時速50キロで、体重13キロの子どもを抱っこしていると、衝突時に、子どもには何と200キロの重力がかかるのです。そんな子どもを守れますか?

JAFの調べによれば、1994年の乳幼児全体のチャイルドシート着用率は7%。2001年は44.7%*。チャイルドシートの着用率は如実に上がっているようです。

*1998年以前は9歳未満の子どものデータ。1999年以降は6歳未満の子どものデータ。 1998年調査から調査規模を拡大。全都道府県で調査を行うようにした。


活躍する女性たち
変革の旗手たち
クルマ創りのこだわり
イベントリポート
進化するクルマMap
チャイルドシート
あの人のクルマライフ
ewoman メンバーの声




e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english