自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > クルマ@ > 変革の旗手たち> カルロス・ゴーン氏

クルマ@ewoman

変革の旗手たち

CEO カルロス・ゴーン氏


変革を生み出すために必要な3つの文化

【写真】カルロス・ゴーン氏

日産自動車株式会社
取締役社長兼
最高経営責任者
カルロス・ゴーン氏

変革が必要な組織で、実際に変革を生むための文化をどうやって創りだすのか。

たとえば長い伝統を持っている日産でわたしたちがしたことは、「何を変革するのか」の明確なプランを立ち上げたことです。しかし、プラン作りは、変革を生み出すための全体像の約5%にすぎません。残りの95%は計画を実行するというところに委ねられるのです。

一つ目は、プランを実行する人たちのモチベーション。
日産の場合、変革に最も大きく貢献したのが、社員のモチベーションの高さでした。モチベーションの高さが、牽引力となったのです。経営陣は、明確に状況を把握し、それをきちんと部下に伝えました。
そしてその見解を受けて、将来に向けた非常に具体的かつわかりやすいシンプルな戦略を全社員、一人ひとりに伝達した、ということです。これにより、全社員のモチベーション、やる気が高まりました。


二つ目は、わたしたち経営陣のコミットメントです。
経営チームが、意味ある成果を生み出すことにコミットしていたということです。そしてこのすべてを定量化可能、測定可能な成果として明確に設定し、変革の進み具合を社員に定期的にフィードバックしたということでした。

最後のポイントは、オーナーシップ(自分のことであるという意識)を広めたことです。つまり社員に対して権限を委譲し、すべての出来事が、「自分」と関係があること、「自分」の目標であることを感じることができるようにしたのです。変革は、日産の全社的なプランである、つまりそれは社員一人ひとりの関わり、貢献が必要不可欠であるということを伝達したわけです。

出典:
国際女性ビジネス会議


活躍する女性たち
変革の旗手たち
クルマ創りのこだわり
イベントリポート
進化するクルマMap
チャイルドシート
あの人のクルマライフ
ewoman メンバーの声




e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english