自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1806
米国産牛肉、輸入が再再開されたら食べますか?
投票結果
17  83  
201票 980票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2006年01月30日より
2006年02月03日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
今回の騒ぎをみていると、日本政府の対応は「初めに輸入再開ありき」だったと思います。 食品安全委員会……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 食文化の違いが…… (lovesnow・山口)
おそらくアメリカの酪農家や業者は、首をひねっているのではないかと思います。たとえて言えば、「魚は、揚げるかボイルしたものしか食べないぞ」と寿司屋で外国人が言っているようなもので、牛肉の輸出国の国民が危険視していない以上、政府間だけの約束では、とても規制できないと思います。

no 食を見直すいい機会 (ぴっこりーの・神奈川・パートナー有・38歳)
私は絶対食べません。生活習慣病からしても食を見直すいい機会だと思っています。アメリカでは飼育にホルモン剤を使う場合が多いそうで、とても危険だと思います。そういうことも合わせて消費者へ開示する義務があると思いますが、政府も最期まで厳しいことが言えないということで、政治的要素を感じます。自分で買って食べなくとも、外食もので使用されるとどうしようもないと思います。国民の命と引き換えに政治をする国に情けない怒りを感じます。

no 食べないつもりでも不安です (hinamama・東京・パートナー無・52歳)
輸入牛肉はここ数年、食べていません。牛肉については国産しか扱っていない生協で購入しています。外食では、牛肉を避けています。しかし、今回の輸入再開であっという間に何千トンも輸入され、急な中止で宙に浮いた肉があるなど、輸入している業者が何に使っているのかという不安が消えません。買わなければ市場から淘汰されるはずなのに、輸入を続けたい業者が多いのがなぜか知りたいです。

no 正しい情報の入手は困難 (ごまちゃん・横浜市・パートナー有・41歳)
おそらく自ら米国産牛肉を購入して食べることは当分ありません。ただし、外食などで、知らず知らず口にしてしまう可能性はかなり高いのではないかとと思います。また、「正しい情報」の入手はかなり難しいし、「正しい商行為」はお店の良心を信じるしかない状況ではないかと思います。ちょっと悲観的すぎるでしょうか?

no 再再開の条件 (pare・神奈川・パートナー有・55歳)
問題は、いままでの日米関係では、対等な立場での商業交渉がなかったことではないでしょうか。「食」だけでなくいま問題になってる「アスベスト」についてもいえることだと思います。日本政府の対応への信頼感がないところが、第一のNOの理由です。米国の対応よりも日本政府・省庁が私たちに疑問を抱かせるような政策をとり、しっかりした説明をしてこなかったことに(原因が)あるのではないかと思います。米国・日本ともに消費者への信頼回復をしない限り、米国産牛肉を私は食べる気がしません。

no 後ろめたいことが? (YOKKO・福岡・パートナー有・28歳)
米国産牛肉の輸入再開の拙速ぶりに、日本はアメリカに対して何か後ろめたいことでもあるのかと、考えてしまいました。中、韓、露と外交がうまくいかないなかで、唯一の友好関係を築いているアメリカに、いい顔をするための政策としか思えません。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「初めに輸入再開ありき」では
今回の騒ぎをみていると、日本政府の対応は「初めに輸入再開ありき」だったと思います。

食品安全委員会での議論も、「米国内での処理の実態を見ないと判断できない」という意見に対して、政府側は、処理の実態ではなく再開の条件(20カ月未満、特定部位の撤去)を充たした場合のリスクを答えるように求めたといいます。だから、委員会の答えも、「もし仮にこの条件が充たされるのなら、国産牛に比べてリスクに大きな差はない」というものでした。

「食」の安全を政治が優先させたつけが今回の事件であり、それを受けた輸入停止も、小泉改革への逆風を変えようという政治的な思惑があったようにみえます。

米下院の議員が「1台や2台の欠陥車が交ざっていても、米国は日本車の輸入を禁止しない」という理由で、問題の業者だけを処罰すべきで、すべての輸入をストップさせたことに不満を示したというニュースがありましたが、それも理屈だと思いました。

それにしても、米国産牛肉への不安や疑問を重ねていくと、「全頭検査」の国産牛が相対的に安全だと思えてくるし、生産者を訪ねて自分の目で確認したところから産直で買うのがいちばん、という気もしてきます。「地産地消」という意見もありましたが、理想は、そうなると思います。

私自身は90%くらい、その意見なのですが、地産地消だけでは、日本の食欲を満たせないという気もします。スイスとか日本のように食料の自給率が低いところは、自給率をあげることだけではなく、安定的な輸入を確保するということも大事な国策だと思うのです。

日本の農業政策というと、国産を守れということで、食料の自給率を上げることが自明の政策課題として出てきます。しかし、本当の意味での「食料の安全保障」とは、とくに「有事」の際に、輸入も含めて、食料をどう確保するかという問題だろうと思います。

その点でいうと、米国や豪州から食肉を輸入するという現在の体制もよいのですが、それだけでなく、米国や豪州の畜産農家と契約を結んで、日本向けを義務づける「日の丸OZビーフ」があってもいいように思います。

「地産地消」でいいのかどうか、考えてみましょう。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「米国産牛肉輸入再開、国の対応を支持しますか?」
支持できない理由、それは……。
■ 「鳥、牛問題。食卓に影響あり?」
進んで情報を求め、信頼できる自分の目を養う。
■ 「食を提供する企業を信頼していますか?」
安心・安全に対するトップの意識は……。
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english