自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/5/10(月) - 2004/5/14(金)
5日め

テーマ“食”を提供する企業、経営者を信頼していますか?

今日のポイント

安心・安全に対するトップの意識はどこまで伝わる?

投票結果 現在の投票結果 y20 n80 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
横川潤
横川潤 エッセイスト

今週もたくさんの興味深いご投稿をいただき、ありがとうございました。スーパーなどで偽装牛肉をチェックする牛肉Gメンに対し、対策マニュアルまであるというご意見には、思わず笑ってしまいました。いえ、笑えぬ話……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

牛肉Gメン対策を講じるぐらいならnew(いつき・大阪・パートナー無・27歳)

時々ニュースで見るのですが、外国産牛肉を国内産として偽装するスーパーマーケットの多いこと! 牛肉Gメンの方の顔と名前もすっかり覚えてしまいました。一部のスーパーにはその方の対策マニュアルまで存在するとのこと。そんなマニュアル作るぐらいなら偽装しなければ済むことなのに、とあきれてしまいます。

見極める目を持ちたい(エイラ・福岡・パートナー有・31歳)

信頼しているかしていないか、半々ですが、あえてYesです。いろんな問題、事件が起こるたびに、信頼は揺らぎますが、大半の企業は常識的な経営をしているものと思います。玉石混合はどんな場合でもあることだと思います。その玉を見極める目を持ちたいと思います。ただ、食の企業、経営者を信頼していますか?に、Yesと答えられるのは、食の企業を内から見たことがないからだ。ということにはならなければいいのですが。今現在、外食もし、食材も企業が提供するものを買って、食生活を成り立たせているということを踏まえて、Yesと答えたいと思います。

消費者の厳しい目も必要(しまこ・京都・パートナー有・37歳)

Yesにしましたが、信頼できる店でしか食材は買いません。子どもができてから、ますますその傾向は強くなりました。値段はかなり高くつきますが、健康を買っているのだと思えば安いものです。安売りスーパーなどの広告を見ると、あまりにも価格差があるので、これは一体何だろうと不気味に思うこともあります。

また、最終加工地が日本であればそれまでの流通経路は問われずに「国内産」として売買できるとも聞きますし、わたしたち消費者がもっと厳しい目で監視していくことも必要だと感じています。最近話題のICタグですべての流通経路がたどれるようになるのは画期的だと思います。

NO

定期検査を実施する必要new(潤・埼玉・パートナー無・34歳)

最近の相次ぐ不祥事で、業界の信頼が確実に失われました。しかし、自給自足するわけにもいかないので、商品を信用するしかありません。企業はもちろんのこと、監督官庁や消費者も一致して、定期検査を実施する必要があるのではないでしょうか。

抵抗力のある体を目指すnew(阿のり・海外・パートナー無・30歳)

現実問題、経営者がどんなに崇高な経営理念を持っていても、それが実際に食品を扱う末端の社員にまで届いているとは思いません。本当に安心できる食品のみを口にするためには、自給自足するしかないと思います。ただ、そうするにしても、土壌や空気の汚染も考えられますから、ナーバスになっても仕方ない、と思っています。

何よりも抵抗力のある体を目指したい! 知らず知らずのうちに悪いものも口にしてしまっているという可能性はあります。ならば、それに影響されないような強い抵抗力を持つしかない! ただし、意図的に健康を害するようなものを作っている企業は、やはり罰せられるべきだと思いますが。

前例があるのになぜ学習しないのかnew(よんよん・福岡・パートナー有・38歳)

これだけいろいろ新聞、ニュースで取り上げられれば、信用しろというほうが無理でしょう。ばれなければいい、という経営者が多すぎると思います。発覚したときに信用を落とし、這い上がることが絶望的になった企業のことは知っているだろうに、なぜ学習しないのか不思議です。

産地表示・検査有無の表示new(月の猫・神奈川・37歳)

米国産の牛肉の件、その表示がきちんとされているのであれば、自己責任で食べる食べないを決めることは構わないと思います。けれど、その場合は「きちんとどのような肉なのか」が明らかにされており、欺まんがないことが大前提になると思います。その基準が緩んだ瞬間、自己責任は他者責任になってしまいます。

そこで、お肉を売る店や販売ルートは、きちんと産地表示・検査の有無を表示するのでしょうか? 現状の日本企業を見る限り、かなり怪しいと思います。ですからわたしは、もしもそうなったら「(すべて)買わない」に走りそうです。牛肉は好きなのですが。

信頼できる食提供企業ファンドがあったら(パレアナ・東京・パートナー有)

残念ながら、今の状態では100%の信頼はできません。その中で、より安全な食材を見極め、外食先の安全度を確かめながら利用していますが、心配に思います。消費者の目で選んだ、「信頼できる食提供企業ファンド」というものがあったら、ぜひ投資したいものです。

トップにも衛生面の講習を義務付けて(mayu134・神奈川・パートナー有・42歳)

雪印、日本ハム、鳥インフルエンザの浅田農産で思い知らされました。某飲食チェーンのトップですら、BSEの全頭検査には消極的です。「食」を提供する企業として、トップにも食全般の基本的理念、特に衛生面の講習を年一度義務付けしてほしいと思います。

外食は賠償能力のある大手FCを選んで(A6M2・愛知・パートナー有・47歳)

信頼できません。自己防衛で、表示を確認し、万一裏切られてもやむを得ないという納得をして、商品を選択しています。外食産業については、なじみの店か、いざとなれば賠償能力のある大手FC(フランチャイズチェーン)を選択するというところです。

ちなみに、狂牛病の全頭検査は、科学的根拠が乏しいという米国の主張はもっともな面があると思います。上乗せ規制は、本来、企業側の自主的判断でやるべきだと思います。また、余分な検査で余分なコストを払ってでも安全を求めるのか否か、わたしたちも冷静に判断すべきと思います。

経営者の顔が見えにくい(いまいくん・埼玉・パートナー有・41歳)

先日亡くなった藤田田さんのような、強いカリスマ性を持った方以外は、外食産業の経営者の顔って見えてきませんよね。個人的にも、食を提供する企業の経営者にはあまり関心はないです。それより味付けとか接客態度とか「食の現場」の方に関心がありますね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ビジネスは「安全」を目指していく

今週もたくさんの興味深いご投稿をいただき、ありがとうございました。スーパーなどで偽装牛肉をチェックする牛肉Gメンに対し、対策マニュアルまであるというご意見には、思わず笑ってしまいました。いえ、笑えぬ話ですが。たとえばアメリカ産牛肉を政府が規制せず、食べる食べないは消費者の「自己責任」にゆだねるにしろ、ご意見をの中にもありましたが、正しい情報の開示は絶対の前提ですね。

先日、『経営哲学』という本を読んでいましたら、これからのビジネス、学問は、広い意味での「安全」を目指す営みであるべきだという文章と出会いました。今までビジネスは営利を追求し、学問は真実を追究してきました。しかしこれからは、広い意味での「安全」、すなわち個人の生命や、組織の存続、環境保全などを人類共通の目的に掲げ、ビジネスや学問はそのために奉仕するべきとありました。またその目的のためには、情報やモノが正しく循環していなければならない、とありました。

皆が正しい情報を共有し、広い意味での「安全」を目指すことを、単なるお題目でなく、真剣に実現可能なこととして考える時期が来ているように思います。相継ぐ不祥事はそのための警鐘と思いたいものです。国やマスコミは、そうした意味でのエクセレント・カンパニーを評価し、またわたしたちもその動きを見守り、評価に参画していくことが求められているように思います。

ではまた、お目にかかれることを楽しみにいたしつつ。

横川潤

横川潤

エッセイスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english