自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1819
裁判員、市民として一度はつとめたい?
投票結果
46  54  
260票 307票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2006年02月13日より
2006年02月17日まで
円卓会議とは

志賀こず江
プロフィール
このテーマの議長
志賀こず江 弁護士
円卓会議議長一覧
日本の裁判員制度は、3年後の2009年5月までには実施される、という段階まで来ています。この制度が法案とし……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
日本の裁判員制度は、3年後の2009年5月までには実施される、という段階まで来ています。この制度が法案として発表された01年、私がこのサーベイで「納得できない判決が多いと思う?」という質問を投げかけたところ、結果はYESが95%、NOが5%、報道される種々の判決に「納得がいかない」と感じている人がほとんどでした。

市民が直接参加することで、より国民の一般的な感覚に近い判決が増えること、そして国民の司法への参加意識や信頼感が高まることが期待されています。裁判員に求められるのは市民感覚であり、法律知識ではありませんので、「納得がいかない判決が多い!」と感じている一般市民が、ただ批判をするだけでなく、その感覚を反映させるチャンスとなるわけです。

ちなみにこの裁判員制度、「無作為」に選ばれた20歳以上の市民は、殺人や強盗などの刑事裁判の場に「出頭」の義務を負います。そして審判に立会い、有罪か無罪かを判断するのみならず、刑の重さまで(法律のプロである裁判官と一緒に)検討し、決定します。当然そういった裁判は、たった1日で終わるものではありません。

短い期間ではありますが、一緒に勉強し、考えてみませんか。率直な意見を聞かせてください。1週間、よろしくお願いします。

志賀こず江
弁護士
志賀こず江


関連参考情報
■ 「裁判員制度で司法との距離は縮まる?」
2003年のサーベイは、こんな結果でした。
■ 「裁判の傍聴をしたことがありますか?」
もしわたしがこの事件の当事者だったら。
■ 「「訴えたい」と思ったことがある?」
立ち直りの手段として。
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english