自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2046
写真の腕前を上げるコツ、知りたいですか?
投票結果
93  7  
785票 63票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2006年11月27日より
2006年12月01日まで
円卓会議とは

押本龍一
プロフィール
このテーマの議長
押本龍一 米国LA在住 フォトグラファー
円卓会議議長一覧
「仕事柄、撮影はかかせない、プロにお願いするのが早いのですが、やはり自分で、感情がよみがえってくる素……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 仕事でもプライベートでも (いまゆき・神奈川・パートナー有・35歳)
美容に関わる仕事柄、撮影はかかせないものです。しかし、これといって写真の勉強をしたわけでもなく、なかなか上手に撮れません。結局はプロにお願いするのが早いのですが、やはり自分で良いものが撮れたら嬉しいです。小さい子どももいるので、将来写真を見た時に、その時の感情がよみがえってくるような素敵な写真を残せたら嬉しいですね。

yes 夜景の撮り方 (Struppi・海外・パートナー有・34歳)
仕事柄写真を撮る必要があり、毎日デジカメを持ち歩いているのですが、特に難しいのが夜景です。私のカメラは一眼レフでも何でもないのですが、今はクリスマスシーズン真っ盛り。きれいなクリスマスツリーがライトアップされている写真や、きらきらの飾りを撮りたいのですが、もちろんフラッシュは使えない、でも使えばぼけてしまう……と、どうしてよいかわからない状態で困っています。こういうことも含め、写真を撮る腕を上げたいと切望しています。

yes バードウォッティングの写真 (dokinchn・東京・パートナー無・43歳)
今バードウォッティングにはまっています。本などで、写真家の方が鳥の写真をピントを合わせてきれいに自然のままにとられているのを見ると、どうやって撮っているのだろうと不思議でなりません。写真をもっと勉強して、いつかは自分も野鳥の写真をとれたらいいなあと思います。

yes 簡単に試せる技はないですか? (Ten・京都・パートナー有・38歳)
ぜひ知りたいです。趣味で銀塩一眼レフ、デジタル一眼レフを使用しています。記念写真的なものよりも、家族の自然な表情を撮りたい、風景なら今見ているこの色合いのまま撮りたい、と思ってもなかなかうまくいきません。なぜか銀塩のほうが意識が集中するのか、いい写真が撮れているように思います。色合い、構図など簡単に試せるワザがあればぜひ知りたいです。

yes もちろん知りたいです! (kyoko-o-55・兵庫・パートナー有・29歳)
タイムリーなことに今、基礎的な写真の講座に通っています。雑貨などの物の撮影を習っていますが、技術だけでなく、心構えとか、プロの方にとっては常識だけど素人にはあまり知られていない何かがあれば知りたいです。また、自分の気に入っている物でも、その気持ちが写真に表現できないので難しいなと思っています。気持ちを写真に表すって素人にはやはり難しいことなのでしょうか。

no ミーハー心も…… (yucayuca・千葉・22歳)
最近、中古のポラロイドカメラを買いました。SX-70のビジュアルに惹かれて、ミーハーな気持ちで買ったのですが、これが本当に良い気分転換になっています。休日にポラを持って出掛け、気になったものを時間をかけて撮る。仕事のことも忘れて、日ごろと異なった視点でものを見れるのは良いことだと思っています。たしかに上達を目指すのもいいと思いますが、私にとってはもっと気軽なものです。続けているうちに、自然と工夫もできるようになり、上達するものではないか……と思っています。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「写真上達への素朴な疑問と基本。」
「仕事柄、撮影はかかせない、プロにお願いするのが早いのですが、やはり自分で、感情がよみがえってくる素敵な写真を残せたら」と、神奈川の いまゆきさん。
感情がよみがえる。どうしたらそんな素敵な写真が撮れるのでしょうか。プロの撮影の仕事では、いろいろなストレスもあり、楽しんで撮影するのは難しいものです。大勢の人が関わり、時間制限もあり、お金も絡んでいます。しかしそんな状況の中でもストレスを忘れて撮影に集中し、例え爆弾が空から落ちてきてその場で死んでしまっても、この被写体に巡り会えて幸せだから本望、と思えるぐらい感動してシャッターを切っていることがあります。実際に爆弾が空から落ちて来たら逃げるでしょうけど(笑)。そんな時、いい写真が撮れたな、と自分なりに確信しますし、他の人からの評価も高いことが多いです。被写体に惚れ込むことが、その時の感情がよみがえる写真を撮るコツだと思います。

「夜景が難しくて、ストロボも使えない、どうしていいのか分からない」と、海外からStruppiさん。
写真撮影は、ある程度カメラ機能の理解が必要だと再認識させられるコメントです。夜景はどうしてうまく映らないか。それは昼間より夜が暗いので、カメラ側に充分な光が届いていないからです。要するにもっとカメラ側に露出を与えてあげることです。「一眼レフでもなんでもない」とありますが、どの程度のカメラでしょうか。あまりにも安価なカメラでは、残念ながらシャープな夜景は撮れませんが、最近のコンシューマー向けのカメラでもかなりシャープな夜景は撮れるはずです。簡単な解決策は、フイルムカメラでは、高感度フイルムで撮る。一眼レフ等のマニュアル設定が出来るカメラは三脚を使いスローシャッターで撮ることです。面倒ですがコンパクトカメラも三脚を使いたいですね。ストロボは距離がある場合、被写体に届きませんからこの場合、使っても意味がないわけです。機能的なことは、シンプルに考えることが、問題解決に繋がると思います。

「自分もいつかは野鳥の写真をとれたら」と東京のdokinchinさん。
鳥に限らず動物は、普通近くで撮れませんから一眼レフと望遠レンズが必要で、特殊な写真撮影です。一眼レフの望遠レンズは、残念ながら高価ですが、日本は、中古のカメラ機材が豊富ですから、まず中古機材から始めるのもいいでしょう。

「銀塩(フイルム)一眼レフとデジカメ一眼レフを使用、銀塩の方がいい写真が撮れる気が、色合い、構図など簡単に試せるワザがあれば」と、京都のTenさん。
確かにフイルムの方が一枚の写真に気が入るかも知れないですね。構図に関してですが、被写体の背景に水平な物、例えば海や建物がある場合は、なるべく水平を保つようにして下さい。これは以外に難しいです、そうでなければカメラを意識的にどちらかに傾けて撮る。色合いに関しては、白い洋服の人物は、白の背景を避ける、黒の場合は黒を避ける。つまり、被写体と背景色が同系色にならないようにすることです。プロは意識的に黒バックに黒の洋服で撮ったりしますが、高度なライティングテックニックが必要です。

「心構えとか、何かがあれば、気持ちを写真に」と兵庫の、kyoko-o-55さん。
プロの心構えは、常に使える写真を撮るようにしていることでしょうか。僕はプロにしか知られていない何かはないような気がします。それから気持ちを写真に表すことは、プロも素人も関係ないと思いますので、考え過ぎず、自由に撮影して下さい。

「中古のポラロイドを買い、上達を目指すもいい、私にとってはもっと気楽なもの」と、千葉のyucayucaさん。
上達しようと思わず、自分なりに楽しむのも上達の王道です。楽しく撮らないと続かないですから。ポラロイドカメラで,アーティスティクな作品を撮る人、結構いますよ。なかなか渋い選択です。

一日目の皆さんの投稿から、写真の腕前を上げたいという声が圧倒的に多く、またさまざまなご質問があることもわかりました。明日から皆さんが解決されたい事柄を、具体的な失敗例を通して、お聞かせいただきたいです。または自分なりに発見された上達法なども公開していただけたら嬉しいです。

押本龍一
米国LA在住 フォトグラファー
押本龍一


関連参考情報
■ 「日常的に写真を撮っていますか?」
写真上達のコツ、それは……
■ 「写真は真実を写す?」
写真を見て感動するのはなぜか……
■ 「菅原真樹さんとのwin-win対談」
「いつ撮ってたの?」が最高に嬉しかった
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english