自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2147
エコな買い物やライフスタイル、何か実践していますか?
投票結果
86  14  
853票 139票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2007年04月16日より
2007年04月20日まで
円卓会議とは

伊藤宏一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
伊藤宏一 千葉商科大学大学院教授・CFP
円卓会議議長一覧
今日もたくさんの投稿ありがとうございました。皆さん、さまざまな工夫と知恵でエコなライフスタイルを作り……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 交通機関 (りの*2・東京・パートナー有・36歳)
1BOXの車に乗っていますが、アイドリング・ストップを心掛け、無駄な荷物も載せないようにしています。ガソリンも、遠出でなければ満タンにはしません。車の利用自体も、雨天時の外出や子どもの送迎などに限られ、それ以外はたいてい自転車です。駐車場や料金を気にせず、渋滞も関係なく、しかも自分の運動不足の解消にもなり、いい事ずくめです。欲を言えば、もっと自転車が走りやすい道路に整備して欲しいものです。

yes 先人の知恵 (junno・神奈川・パートナー有・37歳)
昨年の夏、西日対策にすだれを使ってみたら、日差しはしっかりさえぎるのに穏やかな風が入ってきてとても快適でした。ベランダの照り返しにも風呂の残り湯で打ち水をするだけで、かなりの時間涼しさを保てました。クーラーのない暮らしを始めて10年以上経ちますが、これからもこのまま乗り切ろうと思います。

yes 少し面倒だけど気をつけてます (グレープフルーツジュース・神奈川・パートナー有・35歳)
外出時に電化製品の主電源をこまめに消したり、冷暖房も必要な場所を区切って効率よく空気が回るようにしています。レジ袋についてはマイバッグを持ち歩くのが面倒で、つい店でもらってしまっていたのですが、先日雑貨屋でかわいいマイバッグをとりそろえているのを見たので、これを機に購入しようと思っています。エコな生活スタイルには必ず少し面倒な点がありますが、無理のない範囲で実行するよう努めると、精神的にも気持ちよく過ごせると感じています。

yes 不便さが、やる気を起こさせる (みろろん・イギリス・パートナー有・34歳)
ゴミの減量化。これが我が家の課題です。日本にいた時は、実家でお金を払ってゴミやさんが毎日回収してくださっていたおかげで、何の疑問もなかったのですが、イギリスに来てびっくり! 50リットルほどのゴミ箱が与えられ、生ゴミを含む普通ゴミも2週間に1度の回収。今年は温かく、すごい匂い。そこでコンポストを庭に置き、ゴミ減量しています。こういうことでもない限り、実行してなかったと思います。買い物袋は回りを気にせず、違う会社のものであろうと使っています。

yes もったいない、は大事な言葉 (白井 直)
私は洗剤は控えめにしたり、お米のとぎ汁を水遣りに使ったり、買い物袋を断ったりしています。また、私は節約とエコは成立すると確信し、楽しんで両方が成立することを日々考えています。例えば、おいしい鰹節を家で削れば、パックのゴミが減り、経済的でなおかつおいしい。近所の野菜なら、新鮮で農薬も少なくおいしく安い、更に地域の活性化に繋がる……(?)と。他には、長く使えるいいものを大事に使い続け、修理代が高くても、できるだけ直して使うことにしています。

yes 簡単な節約から実践 (まんぼうかおりん・長野・36歳)
母は昔からエコなライフスタイルを実践していました。私もそれを見て育ったので普通の感覚で実践していることがあります。パスタや麺等をゆでた大量の熱湯は汚れた皿にかけるか、ステンレスシンクの消毒のために回しかけます。皿洗いで出るキレイなすすぎ水は貯めて牛乳パックやトレーのすすぎに使い、皿の油汚れは新聞紙や広告の紙で拭ってから洗います。ただ、ラーメンや煮物の御汁、排水口に流すのを躊躇します。皆さんはどうしてるのでしょう?
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「地球にやさしいことは、家計にもやさしい」
今日もたくさんの投稿ありがとうございました。皆さん、さまざまな工夫と知恵でエコなライフスタイルを作り上げていますね。

Junnoさんのすだれの話で思い出すのは、飛騨高山の民家です。江戸時代の民家が保存されていて、家の中に風が流れる工夫がされ、すだれも生かされていて、夏でもとても涼しいのです。木を育てて木陰に縁台をおいてうちわと風鈴で涼むといった江戸時代のライフスタイルからいろいろ知恵を学べますね。

水の話。今世界中で普通の飲料水が飲めない人が十億人もいるそうです。まんぼうかおりんさんや白井さんのように水を大切に使い、合成洗剤を使わない工夫もとても大切ですね。白井さんが言われるように節約とエコは両立する、つまり「地球にやさしい=家計にやさしい」という式が成り立つと思います。

さて自動車ですが、りの*2さんのようにガソリンの量を減らし、自動車の使用を限定してなるべく自転車や公共交通機関を使うことももっと実践すべきですね。そこで出てくるのがカーシェアリング(車の共同利用)です。

カーシェアリングは、会員制で個人や事業者が自動車を共同利用する仕組み。燃料費や保険代、駐車場代等も、使用量に応じて会員が負担します。カーシェアリングの事業会社が車両を所有し、会員に時間貸しする場合が多く、レンタカーの仕組みに似てますが、一番の違いは、会員制で運営することです。

スイスで1987年に始まり、現在600都市(4大陸・世界18カ国)で、約34万8千人の会員、1万1,700台の共用車運用により実施されています。カナダのあるカーシェアリング会社では1時間150円から200円でシェアでき、たくさんの駐車場と契約しているので、行先に近い駐車場におけばよい形になっています。

日本でも、オリックスカーシェアリングなどの企業が事業化しており、またNPO法人で行っているところがあります。カーシェアリングがもっともっと日本中に広がるといいのではないかと思います。

ところで皆さんは普段購入する商品についてエコを意識していますか。日本では地球環境への負担が少なくその保護に役立つ製品に「エコマーク」がつけられています。これは生産から廃棄までの商品の寿命全体が考えられているかどうかを基準としています。ちなみにエコマークのついた商品がみられる「グリーンステーション」というサイトもあります。

イギリスではさらに進んで、この4月から、製品の袋やビンなどに、その製品の製造・流通で出る二酸化炭素の量を表示する会社が現れました。ウォーカーズ社の人気商品、チーズ・オニオン味のポテトチップスがそれです。ウォーカーズ社は一パックあたりのエネルギー使用量を、2000年以降ですでに1/3減らしています。

また7月には、炭素使用量を20%削減しているBotanicとIngredientsというブーツ社のシャンプーが登場します。これらの会社は、製品が出す二酸化炭素の量を表示することで、消費者に、より少ない二酸化酸素量の製品を購入してもらう判断の基準を提供したいとし、将来的にはその量をゼロにしたいと考えています。

みろろんさんのお話のように、さすが環境問題への取り組みが進んでいるイギリスです。こうした表示が日本でも広がるといいですね。そこで改めて、皆さんにお伺いしたいと思います。皆さんは商品や製品の購入について、どんな形でエコを基準にしていますか。エコマークなどを意識していますか。環境問題や環境技術に熱心で、製品や商品にもそうした姿勢が出ている企業を意識し、選んで購入していますか。ぜひご意見をお聞かせください。

伊藤宏一
千葉商科大学大学院教授・CFP
伊藤宏一


関連参考情報
■ 「環境ジャーナリスト枝廣淳子さんとのwin-win対談」
“良いこと”が経済価値を生むように
■ 「投資するなら、地球環境を守る企業に?」
本当の投資の意味とは……
■ 「日頃からエコ商品の購買を心掛けていますか?」
深刻さに対する実感がなくても!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english