自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2186
地域のお祭りに参加していますか?
投票結果
35  65  
290票 536票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年06月11日より
2007年06月15日まで
円卓会議とは

丹下 一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
丹下 一 俳優・演出
円卓会議議長一覧
いろいろなお祭りを教えてくださってありがとうございます。 ナカサワさん、くりおねさん、お祭りでいきい……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 子ども山車 (ナカサワ・東京)
地元の小さい神社で子ども山車を引く行事があり、子どもを参加させています。参加して初めて気づいたのですが、仕切り役のおじいちゃんたちがカッコいいんです! ハッピ姿もりりしいし、発声も素敵! そこらへんの若造イケメンには出せない味わいです。こういう、おじいちゃんの晴れ姿を見て、自然と「なりたい大人」像を描いたり、かっこいい=尊敬できるお年寄りを見つけてくれればいいなと思います。

yes 子どもができてから参加するように (アサンテウーマン・東京・パートナー有・32歳)
葛飾区の超下町に住んでいます。若い時は忙しくて全然参加しなかったのですが、子どもが生まれてからは、割と参加するようになりました。ご近所の子どもの顔を覚えられるし、自分の子どもも覚えてもらえて、とても良かったと思います。今は外出すると、ご近所の方が子どもに声を掛けてくれたりして、(子どもも)やっぱり嬉しいみたいです。また、ご近所にちょっと年上の素敵なお姉さんがいると、「私もああいう風になりたい!」と身近な目標ができるようです。でも近所付き合いは、時々ちょっと面倒臭いですよね……。

yes 七夕祭り (まゆまま・神奈川・パートナー有・45歳)
平塚には「七夕祭り」があります。毎年やるかやらないか議論になりますが、私は地元がテレビに出たり、何より人に説明するのにすぐ分かってもらえるのが嬉しいしです。子どももお祭りがあることを誇りに思っているようで楽しんでいます。私は少しでも地元に還元できるように参加しています。このお祭りがこれからも続くように、と願うばかりです。

yes 応援したい (くりおね・東京・パートナー有・37歳)
下町に引っ越してきました。地元のお祭りが盛大です。下町の雰囲気が大好きで、町の人が(お年寄りの方が特に)素敵です。素敵な町に越せたこと、この町の雰囲気を作ってきた、守ってきた地元の方々に感謝しています。感謝の気持ちを込めて、地域の活動には積極的に参加しています。私にできることは、若いパワーを注ぐことかな? と思っているので。最近忘れがちな、気持ちのいいおせっかいも思い出させてもらえます。

yes 無形の財産と愛情を伝承する場 (ももろまん・静岡・パートナー有・45歳)
私の住む地域には、大凧をあげて初子の誕生を祝い成長を祈念する祭りがあります。 祭りを通して子どもたちはあらゆる年代の人たちと接し、秩序を学び、いっぱいの愛情を受けます。父親が子どもの名を入れた大凧を揚げ、子どもらが糸を引き、ラッパの音も勇ましく今年も青空にたくさんの大凧が舞い上がりました。祭りを通して大人から子どもへと、無形の財産を伝承していきます。 このお祭りは私の故郷の誇りです。これからも長く伝えていってほしいと願っています。

no 祭りがない (しまうまぴょん・京都・パートナー有・40歳)
お祭りがなく、寂しいです。土地柄、町の歴史は古いのですが、各地域で地蔵盆をやる程度です。京都には祇園祭りがありますが、氏子町に住んでいない限り参加できる訳ではなく、周辺住民は観光客と同じです。今までは特に必要性を感じませんでしたが、子どもが生まれ、地域との繋がりを求めた時に、その手段が全然ないことに気づきました。祭りがあれば子どもも楽しいし、地域にも溶け込めるのに残念です。

no 見物はしますが…… (いまいくん・埼玉・44歳)
見物には行きますが、参加まではしてないです。生まれ育ったのが都内の団地なので、地域一体のお祭りがなかったせいか、傍観者的に見物に行くだけです。で、私の住む町のお祭りですが、毎年8月初旬に盛大なお祭りがあります。そのメイン会場は何とオートレース場! 公営ギャンブルの場をお祭りのメイン会場にしてしまうところに土地柄が出てますよね。ただ「非日常空間」として行くのは楽しいですよ。まぁ、教育上よろしくないと言えばよろしくないのかも知れませんが……。

no 子どものときからの憧れでした (5月生まれ・千葉・パートナー有・42歳)
私は社宅育ちで、地域には伝統的なお祭りがなく、そんなお祭りがあるところがうらやましかったです。子ども会や商店街主催のお祭りも楽しいですが、地域の昔からのお神輿は「憧れ」です。今住んでいる場所がアパートで、子どももなく、近所の方と仲良くなるツテがないので、もし声を掛けていただいたら喜んで参加したいです。太鼓や笛も楽しそう!
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「一日限りの価値観の崩壊」
いろいろなお祭りを教えてくださってありがとうございます。
ナカサワさん、くりおねさん、お祭りでいきいきしているお年寄りの姿、かっこいいですよね。僕もあこがれます。お祭りでは普段あまり目立たない人が大活躍したりします。普段の生活での役割や社会的な立場がひっくり返ってしまうのです。

そして、その日だけの価値観の崩壊は、それぞれの人には普段気がつかない役割があることを思い出させてくれます。そこでの交流は、異業種交流などということばを超えた、肌と肌とのふれあい。だから、いまいくんさんの町の公営ギャンブルの会場も自分を認めてもらえるいい機会なのでしょう。

そんな場に子どもの頃から触れていられるのは、とても幸せなことだと思いませんか? ももろまんさんの町の凧揚げも素晴らしいお祭りですね。

お祭りの場で確認される「古くからのよい伝統」には、地域や社会の価値観をその日一日だけひっくり返してしまうことで、その地域に新鮮な風を吹き込むことも含まれています。礼儀やしきたりが厳然とあるのと同時にそれを底からひっくり返してしまう、両者がめちゃくちゃに同居している。そして最終的には共同体を再認識する。

だからお祭りに人は興奮し、そして外側から見ているだけの人は、仲間に入っていない淋しさを味わうことになります。

ところで僕が住んでいる新興住宅地は裏山を切り開いたもので、祠(ほこら)すらありません。だからお祭りのしようがない。それでも夏の一日、みんなで公園に集まりビールと焼きそばで納涼会。別にビールと焼きそばなら、公園に来なくても食べられますし、この日のためにめんどうな作業もけっこうあります。なのに、近年参加者が増えてきています。なぜなんでしょう?
あなたの町にお祭りは必要ですか?

「地域のお祭りに参加していますか?」にYes・No投票のうえ、「あなたの町にお祭りは必要ですか?」へのご意見の投稿、よろしくお願いします。

丹下 一
俳優・演出
丹下 一


関連参考情報
■ 「「場」になじむのは得意?」
関係は、いつでも双方向。だから…
■ 「劇団に入ったきっかけ。チームの一員になりたい」
丹下一さんとのwin-win対談
■ 「自己満足でボランティアしていない?」
みんなが生きやすい社会への一歩を踏み出したいなら
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english