自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2577
ワインと地球温暖化の関係、知っていますか?
投票結果
18  82  
81票 374票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2008年11月03日より
2008年11月07日まで
円卓会議とは

玉村豊男
プロフィール
このテーマの議長
玉村豊男 エッセイスト 画家 農園主
円卓会議議長一覧
7月の洞爺湖サミットでは、各国首脳が集う最初の正式晩餐会に 日本のワインを提供しようと、早くから選定……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes エコということ (JUNIA・東京都・パートナー有・41歳)
ワインから地球温暖化を考えるのはいいですね。武葡萄も植物ですから環境の影響を受けるのは当たり前です。ベトナムに行ったときにあまりの排気ガスの量の多さに倒れそうになりました。そときに思ったのは、この排気ガスを規制した方が大きなエコになる! 小さな努力かもしれないけど、排気ガス規制や森林を守ることetc.を国単位で取り組んでもらうように声をあげていきたいと思っています。

yes アイスワイン (meg助・栃木県・パートナー無・36歳)
アイスワインを作れるほど葡萄が凍らずダメになってしまったから今期は作らなかった…… というワイン農家の記事を読みました。彼らはできないものを無理に作るのではなく、できることをやるのだとも言っていました。農家はそういうもんだと。最近のECOブーム。ある視点から見てECOでも、違う角度から見たらそうでないことも大いにある。その逆もしかり。不景気で輸送用飛行機が何パーセントか飛ばなかったら市場経済としては大問題かもしれないけど、地球環境から言ったらすごくECOですよね。

yes ワインで自然を食す (ハサウェイ・兵庫県・パートナー無・24歳)
ワインだけではなく、他の農作物も同様に1℃の変化で味、大きさ、実のつき方に影響を受ける。「ワインを飲むことは、自然を食すこと」である。地球温暖化は人類がもたらした悲劇のように語られているが、本当にそうだろうか? 確かに、人類が少なからず関係しているかもしれない。しかし、長い歴史で見れば今より気温が高かった時期もあり微妙である。もし、「地球温暖化」が「地球の休憩時間」のようなものだとしたら自然を食す意味でも、「飲めない時期」もまたワインである。

yes お米文化とワイン文化 (マザーリン・兵庫県・パートナー有・49歳)
北海道で美味しいお米が採れるようにパリで美味しいワインができるようになるのでしょうね。美味しい作品になるには、土や技術と経験が左右するでしょう。お米にもたくさんの品種がある様に葡萄も多くの品種があります。イタリアの歴史文化に興味があり、旅を通じて出会った料理やワインが大好きになりました。それ以来、イタリアの地葡萄のワインの野生的な味とかにもトライしています。ワインを飲みながらイタリアの風景に思いを馳せたりしています。またワイナリーを旅してみたいです。

no なんでもエコvs.エコ・アレルギー (モリッシー・茨城県・パートナー無・34歳)
今回の議論を大変興味深く読ませていただいています。コルクのお話もとても面白かったです。コルクのないワインボトルでは蛍光灯くらい無粋に感じます。蛍光灯といえばエコですが、私もエコバッグで温暖化が解決するとは思えませんが、それでも一般市民のできることは大きいと思います。CO2が温暖化に影響していないと言い張る世界では少数派の科学者もいるようですが、もしそうだとしても冷暖房や物流などでエネルギーを大量消費する生活を続けること自体に問題が大きいと感じています。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
ワインから考えはじめる原発問題
7月の洞爺湖サミットでは、各国首脳が集う最初の正式晩餐会に
日本のワインを提供しようと、早くから選定委員会が立ち上げられ、テイスティングが重ねられました。そして、白ワインではわがヴィラデストのシャルドネが、栄えある日本代表に選ばれたのです。

が、サミット当日までは情報を漏らしてはいけないと厳重に命じられ、言いたいのを我慢していたら…… 直前になって、正式晩餐会ではフランスの銘醸ワインが供されることになった、日本のワインは翌日のワーキングランチに格下げ、という知らせが。
名誉に変わりはないけれど、ちょっとガッカリでした。
あとで流れてきた噂によると、選定リストを見た福田首相(当時)が、「日本のワインで大丈夫?」と言ったのだとか。その一言で官僚が走り、晩餐会では福田首相お好みのフランスワインが食卓に載ったのでした……。

まあ、これは自慢話と恨み節ですが、そんなこともあって今回のサミットは注目してテレビを見ていました。
で、もっとも印象的だったのは、地球温暖化をめぐる環境問題が最大のイシューであった洞爺湖サミットで、アメリカとロシアの大統領がまるで口裏を合わせたように、「原子力発電を推進する必要性」を訴えたことでした。

温暖化効果ガスを排出しない原子力発電は…… エコですか? 
たしかにガスは出さないが、永遠に残るゴミを出し続ける原子力発電は、はたして人類を救うのだろうか? 日本の企業も世界の原発市場への参入を狙っていますし、一時おとなしくしていた原発推進派がエコを御旗に元気回復しているのを見ると…… なーんか、ちょっと、どっか、違うんじゃないかなぁ、と、私などは思うのですが。

ワインからはじまった話が原発問題へ。思いがけずハードなランディングになってしまったのはワインの酔いがまわったせいかもしれませんが…… ちょっとみなさんの意見を聞きたいのです。



玉村豊男
エッセイスト 画家 農園主
玉村豊男


関連参考情報
■ 「トマトの旬は、いつか知っている?」
スーパーに行けば一年中トマトはありますが……
■ 「ポスト京都、日本の役割は大きいと思いますか?」
国連環境計画・金融イニシアテイブ特別顧問 末吉竹二郎氏が問う!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english