自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/4(月) - 2003/8/8(金)
2日め

テーマお金は分散して管理・運用している

今日のポイント

市中の銀行で投資信託や変額年金など購入したことがありますか?

投票結果 現在の投票結果 y73 n27 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
田嶋智太郎
田嶋智太郎 経済ジャーナリスト

お金を分散して管理・運用することの目的は、第一に「未然に防ぐことができるトラブルにみすみす遭わないようにするため」と言っていいでしょう。逆に言えば、お金を特定の金融機関、特定の商品に集中させることのリ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

預金と投資信託(katou044・埼玉・既婚・33歳)

つい3年前までは銀行預金のみでの管理しかしていませんでした。仕事もしており、じっくり自分の資産運用など考える余裕もなかったのです。しかし、知人との出会いによって資産を分散し管理・運用するようになりました。その当時、ペイオフ導入という時勢もあったので、ちょうどよいかと思いました。分散といっても、預金と投資信託(株・公債・外国株・外国債)です。

不動産は10年前のような価値を見出せないですし、転勤族なのでしばらく取得しようとは思っていません。預金はここ数年必要になったときに引き出しやすいように。投資信託は長期保有(約30年ほど)で老後の年金代わりにと考えて運用しています。実際さまざまな手数料もかかっているので、思ってる以上に還金されるのは少ないのかな、と最近はあまり期待を持てなくなってきました。預金のみよりはインフレ対策として有効かと思い分散してます。

シティーバンクで管理・運用(Jane・東京・27歳)

だんなと二人暮らしで分割預金しています。郵便局に1,000万円、後はシティーバンクに預けています。会社の評価もよく、お金を持っている人をターゲットにしっかりとしたコンサルティングをしてくださるので、信用できますし、海外へ行った時は、日本円で貯金していても、その国のお金で預金を引き出せますから。だんなはだんなでシティーバンクで運用しているようです。わたしの家計では、わたしも働いているため、別々に資産を運用しています。

メインバンク一筋に変化(MARNI・20代)

就職をするまで、一つの普通預金口座だけを使い、アルバイトの給与振り込みなどで他行や信用金庫に口座を開いても、用件が終わるとすぐ解約してしていました。最近少しづつ預金額が増え、それにともなって投資にも興味が出てきたため、外貨預金をするためと、貯蓄預金をするために、ある地方銀行に口座を持ちました。ここはかなりサービスや経営体質がしっかりしていると言われているところです。日常は支店の多いメガバンクのほうが使いやすいのですが、企業の名前だけに惑わされず、いい銀行、いい金融機関を選んでいきたいと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

未然に防ぐことができるトラブル

お金を分散して管理・運用することの目的は、第一に「未然に防ぐことができるトラブルにみすみす遭わないようにするため」と言っていいでしょう。逆に言えば、お金を特定の金融機関、特定の商品に集中させることのリスクはけっして小さくないということです。

たとえば、金融機関の経営破たんに伴うペイオフ実施の可能性。ペイオフ対策のために「1行あたり1000万円以下の小口に分けて預ける」という発想もいいのですが、より重要と思われるのは、破綻の可能性が薄い銀行を選び取る目を磨くことです。

その意味で、シティバンクなどのような外資で日本国内に支店を設けている銀行は有望な選択肢の一つと言えます。確かに、国内に本店を置かない外資系銀行の預金は預金保険制度の保護対象外ですが、経営の健全性が比較高いという意味で安全、安心です。

経営破たんの可能性が低いと言えば、過去に企業向けの融資を行っていない(=不良債権問題とはあまり縁のない)ネット専業銀行なども一つの選択肢。ただ、数カ月前にジャパンネット銀行が見舞われたように、ネット専業銀行にはシステム障害というリスクがあります。このリスクをネット専業銀行が100%カバーすることは不可能で、自分のお金が必要な時に引き出せない、送金できないなどのトラブルに巻き込まれる可能性は拭い切れません。

ならば、2行以上のネット専業銀行に資金を分散するというスタンスも必要でしょう。もちろん、ネット専業銀行にはフェイス・ツー・フェイスでお金の相談を受け付ける窓口がないため、ネット専業銀行以外に店舗型(=従来型)の銀行にも取引を分散したいと考える人だっておられるはずです。

要するに、経営破たんやシステム障害などに伴う個々のリスクを極力回避し、より有利な商品・サービスの提供を受けるには、やはり一行だけでは限界があるのです。

また、預金以外の商品を利用して、インフレや長生きすることに伴う経済的リスクなどを回避するという発想も当然必要です。その点については、また明日以降、考えてみたいと思います。ところで、あなたは市中の銀行で投資信託や変額年金などを購入したことがありますか? みなさんの経験やご意見をお聞かせください。

田嶋智太郎

田嶋智太郎

経済ジャーナリスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english