自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/6/28(月) - 2004/7/2(金)
3日め

テーマ今かけている保険、検討しなおしたい。

今日のポイント

十分に吟味しないままに入った保険ありませんか

投票結果 現在の投票結果 y66 n34 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
小野瑛子
小野瑛子 家計の見直し相談センター

貯金が苦手なので満期金のあるタイプに加入してきたmopiさん。たしかに貯金と違って保険は解約しにくいため、貯蓄がわりに保険を利用するのもいいのですが、最大の欠点は満期になったら保障が切れてしまうこと。……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

貯金が苦手だったので(mopi・神奈川・34歳)

10年ものの貯蓄形の保険に入っています。当時は貯金が苦手だったので、保険もあればとんとんでいいや、と思っていたので。満期になったら保険が切れてしまうので、今後は掛け捨てのものにしたいと思っています。最近保険のCMも多いので、気になっています。ただ、満期にまとまったお金が入る、というのは保険とは別の意味で妙な安心感もあるんですよね。これまでは保険のお世話になることなく無事にこれましたが、いざ入院となるとやはり保障が重要なので、年齢的なものもあるし、次の保険はじっくり選ぶつもりです。

生きている間の保障を強化(渡邊あさぎ・茨城・パートナー有・46歳)

今年、ちょうど更新で見直しをしたところです。今の保険は結婚した時に加入したものですが、年齢とともに状況も時代もずいぶん変わったので、死亡保険金は減額し、入院保障などを充実させ、月々の保険料が安くなるように見直しました。別に、入院保障日額1万円という掛け捨てにも入りました。こちらは月3,000円程度の保険料です。死亡保険金を高額に設定して高い保険料を払い続けるよりも、自分たちが生きている間の保障を強化しておいたほうが安心だと思ったからです。

いくつかの掛け捨て式保険に入って(megamixweb・東京・パートナー有・34歳)

新入社員のころに、知り合いの勧める保険に入ったのですが、積み立て式で掛け金も安くなかったため、必要な時に生活資金が不足する上に、解約してもすぐにお金が手元に来ない、という不便を味わいました。それ以来ずっと掛け捨て式で、死亡保障よりも入院保障重視、「最低このくらいの保障があれば良い」という基準で選んできました。逆にパートナーの分は、入院保障・死亡保障ともに重視で「このくらいはないと困る」という選び方です。

ただ最近、税理士さんから二人とも保険が安すぎると言われ(税金対策の観点からも)、会社が経営者にかける保険にも入りました。こちらも掛け捨てですが、掛け金が個人で入る保険の倍くらいかかって、死亡保障は個人で掛けるものの倍、入院保障は半額という不思議さを味わっています。完全に納得はできていませんが、会社用は個人用と違ってバリエーションが少ないので仕方ありません。一番欲しい保険というのは、保険会社が倒産しても契約内容が保障されるという保険なのですが、現在はいくつかの掛け捨て式保険に入ってデメリットを回避するしか策がなさそうですね。

途中で掛けかえると損になるような気がして(sachamaru・北海道・28歳)

新入社員の時に加入した生保に入り続けています。死亡保険金はさほど必要ないと思っています。しかし途中で掛けかえると損になるような気がして結局そのままです。また保険外交員の方から毎年ささやかなお中元とお歳暮が届くので、解約も忍びないなどと思ってしまいます。結婚を機に見直したいとは思っていますが、それもいつになることやら……。

全部同じ保険会社の商品(inabapiccolo・愛知・パートナー有・36歳)

今入っている保険は、全部同じ保険会社の商品です。テレビで会社ごとに得意分野があると聞き、一度調べてみたいと思っています。でも保険のことはよくわかりません。どうやって調べたらいいのでしょうか?

NO

これまでの蓄えや退職金で賄う(Stroopwafel・長野・41歳)

わたしは生命保険の類には入っていません。独身のため後に残す家族もなく、万が一の時の入院費や手術代、葬儀費用はこれまでの蓄えや退職金で賄えると考えています。唯一、60歳から支給される年金保険に加入し、保険料は一括納入してあります。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

リスクに備える方法は保険だけではない

貯金が苦手なので満期金のあるタイプに加入してきたmopiさん。たしかに貯金と違って保険は解約しにくいため、貯蓄がわりに保険を利用するのもいいのですが、最大の欠点は満期になったら保障が切れてしまうこと。おそらく入院給付金などの特約をつけて加入なさっていると思いますが、それらの特約ごと保障が終わってしまいます。どうしても満期金のあるタイプに加入したいなら、その保険には特約をつけず、別に医療保険に加入なさるとよいのではないでしょうか。

渡邊あさぎさんは生きている間の保障を強化したいということですが、最近、そう考える人が増えていますね。ただ、夫は自営業(遺族基礎年金のみ)、妻は専業主婦、小さなお子さんがいて、賃貸住宅や社宅に住んでいるというご家庭であれば、ある程度、高額な死亡保障が必要です。保障のニーズはそれぞれ違いますから、ご自分に必要な保障を選択することが大切。そういった意味でも、あさぎさんの選択は正しかったと思います。

会社用の保険に納得できない思いを抱いていらっしゃるmegamixwebさん。会社用の保険はバリエーションが少ないなんてことはありませんよ。保険ごとに税務処理が違うため、掛金の全額を損金処理できるタイプは限られますが、税務処理を工夫すれば、もっとニーズに合った保険を選ぶことは可能だと思います。一度、ほかの税理士さんに相談なさってみてはいかがでしょう。

Sachamaruさんのように、保険を解約すると損すると思っていらっしゃる方はとても多いですね。たしかに解約すると損をする保険もありますが、もし加入なさっているのが定期付終身保険だったら、解約してもそれほど大きな損にはなりません。なぜなら、保険の中身のほとんどが掛け捨てタイプだからです。掛け捨てタイプの保険にいくら保険料を払ってもお金は貯まらない。どうせ掛け捨てなら、少しでも掛金の安いものを選んだほうがいいのでは? ただし、終身保険部分だけは解約すると損しますので、残したほうがよいと思います。

全部同じ会社で加入なさっているinabapiccoloさん。同じ会社だからダメということではありませんが、厳密に保険商品を分析比較し、保険種類ごとにもっとも有利なものを選んでいくと、それぞれ保険会社が違ってしまうことが多いのです。終身保険はここ、定期保険はここ、医療保険はここ、という具合に。ただ、一般の方がそこまでの分析比較をするのは難しいですね。複数の保険会社の商品を扱っている総合代理店(乗り合い代理店)やファイナンシャル・プランナーなどにご相談なさるとよいでしょう。

Stroopwafelさんの保険に対する考え方は、まったく正しいです。最初の日にも書きましたが、リスクに備える方法は保険だけではありません。リスクが発生したときの費用を預貯金でまかなえるなら、保険に加入する必要はないですね。ところで、年金保険に加入なさったのは何年くらい前でしょう。予定利率が高かった時期(一括払い保険料の割引率も高かった時期)の加入であれば、その保険は非常に有利。大切に継続なさるといいですね。

小野瑛子

小野瑛子

家計の見直し相談センター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english