自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/28(月) - 2005/3/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ保険に入るとき、約款を読みましたか?

投票結果 現在の投票結果 y26 n74 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
高橋伸子
高橋伸子 生活経済ジャーナリスト

とても前向きで力強い投稿がたくさん集まり、嬉しい気持ちになりました。重要事項について「分厚い、字の細かい約款しか用意していない会社とは契約しない」というUsamaruさんのような姿勢の人がふえると、保……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

分量と表記の改善を(梶本洋子・東京・パートナー有・51歳)

パートナーと合わせて生命保険会社のものだけで9件ありますが、記憶が間違っていない限りすべて契約後に約款を受け取っています。契約内容は、見積書を見せていただきながらの口頭説明だったと思います。分厚いだけでなく、とうてい理解不可能な文字の羅列としか思えない現在の約款に望むことは、契約者の利益・不利益の列挙です。例えば製品に付属している取扱説明書などに記載されている「使用上のご注意」と「設置上のご注意」ぐらいの分量と表記を目指していただきたいです。

少しでも疑問に思ったら質問を(masako11)

損保の代理店で仕事をしていますが、損保に関わる仕事をするまでは、約款なんて読んだことありませんでした。実際に読んでみて、保険は複雑に出来ているなあと、改めて感じました。私の会社は、団体保険を担当しているのですが、正直、約款までは、詳しく説明してません(パンフレットで説明はしています)。それは、約款が複雑であるというのと、依頼を受けて契約までの時間に余裕がないというのが理由として挙げられると思います。ただ、事故が起きてしまってからでは、間に合わないので、お客様が不利にならないような内容の補償で契約できるよう、お客様の立場になって説明はするようにしています。最近の保険は特約が付いていたりして便利ですが、その分、商品が複雑になっていますので、少しでも疑問に思ったことは、質問してみたほうが良いと思います。

デンマークの場合(れじ子・北京・パートナー有・32歳)

昨年、デンマークの医療保険に入りました。世界中どこでも治療が受けられるので、海外駐在員の間で非常に人気のある会社です。私も友人から勧められました。まず、契約前に数回オフィスに行き、プランの説明、約款の説明、支払いのケースの説明などを受けました。私も起こりうるケースについて相談をし、最終的に納得したので契約しました。今まで数回病院に行きましたが、支払いもスムーズで非常に満足しています。

営業の人の言葉を鵜呑みにせず(MANAMI・東京・パートナー有・40歳)

結構、しっかり読んでいるほうだと思います。社会人になって、初めて自分で保険に入ったとき、最初、セールスの人に希望したものとは違うタイプの保険を勧められました。セールスの人と色々話をしてみてわかったのは、セールスの人自身が、意外に保険に関する知識をしっかり持っていないということ。それ以来、セールスの人の言葉を鵜呑みにするのでなく、自分自身で情報収集をすることを心がけています。

読めない約款しかないのなら、強気の対応を(Usamaru・岡山・パートナー有・29歳)

生保業界の体質にも問題があるかと思いますが、かなり強引な勧誘に対して消費者(加入者)ももっと賢くならなければと思いますね。何事も疑ってかかるのは悲しい話ですが、情報を吟味し、自分で納得した上で加入すべきですよね。確かに生保のみならず、契約書・約款のたぐいは読んで理解するのは大変ですが、逆にそんな分厚い・字の細かい約款しか用意していない会社とは契約しないぐらいの気持ちでないと。かく言う私も某生保に契約して3ヶ月もたちませんが、すでに他の保険を検討しています。肝心のところ(契約書の管理や約款が送られてくるのが遅いとか、営業の姿勢など)がいまいち納得できないので。

NO

「読まなくてもいい」と言うけれど(songae・東京・パートナー無・31歳)

まさに契約する段階でのこのサーベイ。ナイスタイミングです。書類は書きましたがお金を振り込む前です。書類書きの時点で約款をもらいましたが、担当者から「私も読んでませんし読まなくともいい」と言われました。この担当はエグゼクティブの位置にいる方です。読む時間がもったいないのかな?入金前に私に関係あるところを抜粋してもらいましょう。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

消費者にできること

とても前向きで力強い投稿がたくさん集まり、嬉しい気持ちになりました。重要事項について「分厚い、字の細かい約款しか用意していない会社とは契約しない」というUsamaruさんのような姿勢の人がふえると、保険会社もあわてて“わかりやすい資料と説明”で他社と競いあうようになるはずです。保険会社に前向きの競争をさせるような消費者パワーを一人ひとりが発揮すれば、保険が本当に安心なものになっていくでしょう。

自分自身で情報収集をする、難解な約款をがんばって読む、というご意見も多かったですが、とにかくわからなかったら販売サイドに質問して、納得できるまで説明を求め、きいたことをメモするクセも大切です。バブルの頃に投資性の高い変額保険をリスクの説明なく契約させられてトラブルになり、現在も裁判で争われている事例がたくさんありますが、販売時の記録のあるなしが勝敗を分けています。販売資料はすべてファイルしましょう。約款の重要部分にマーカーをつけてもらい、そのようにしたとの署名捺印を販売側からとるぐらいの慎重さがあってもいいかもしれません。重要事項の説明がなかったことが証明できれば、泣き寝入りをしなくてすみますから。「私も読んでないし読まなくていい」と担当者に言われたsongaeさん、粘って確かな契約をしてください。

契約について疑問があったら、保険会社の本社のお客様相談室に問い合わせるのもいい方法です。中立な立場で相談にのってくれる(財)生命保険文化センター相談室を利用する方法もあります。保険金が出なかったなど痛い目にあえば、2度とそのような目にあわないように慎重になるものですが、masako11さんの「事故が起きてからでは間に合わない」とのご指摘はまさにそのとおり。

親身になって相談にのってくれ、間違いのない契約に導いてくれる売り手を選別する目を持つことも大切です。「セールスの人自身に意外に知識がない」ことに気づいたMANAMIさん、そうです、相手が本物のプロかどうか疑ってかかるぐらいの警戒心は必要です。残念ですが、売ることだけに熱心なプロ、というのもいらっしゃるわけで……。

一方、保険商品の複雑性を問題にするご意見もいろいろいただきました。確かに、単純な商品であれば、約款も薄くてわかりやすいでしょう。わかりやすい商品をつくらず、「おまかせください」的な販売も横行している模様。ちょっとやそっとでは理解できない多機能な商品を、これぞプロの技、とみるか、めくらましと見るか、みなさんのお考えをおきかせください。

高橋伸子

高橋伸子

生活経済ジャーナリスト

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english