自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/10/27(月) - 2003/10/31(金)
4日め

テーマ「既婚」が仕事に影響したことありますか?

今日のポイント

自分にはその意識がなくとも、周囲の目には……

投票結果 現在の投票結果 y67 n33 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

結婚をしたことで、会社を辞めなくてはいけない、あるいは、部署を変わらなければならない雰囲気が会社の中にあるというご意見を何件かいただきました。その中で、つらい決断をした方もいらっしゃると思います。わた……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

家庭と仕事の在り方を考え直す機会に(Jerry・東京・既婚)

わたしも秋山さんと似たような体験をしたことがあります。結婚する前は夜遅くなるといろいろ面倒だったのですが、指輪を着けたとたん、人間関係は格段にラクになりました。業務面については、何事も自分だけの一存では決められなくなりました。早朝深夜、休日の出勤もいちおうパートナーに気を使い……でもそれが本来の人間らしい働き方だと思いました。だから、わたしにとって結婚は、家庭と仕事の在り方を考え直す機会だったと思います。

子ども向けの商品を開発(レオ)

会社で妊産婦・子ども向けの商品を企画・開発することになり、子どもを持つわたしが企画を担当することになりました。結婚していなかったら、この商品を企画することがなかったことを考えると、影響したように思います。

辞めるのだろうと当たり前に思われている(miyo20186)

結婚を予定しています。婚約してから仕事にもプライベートにも制約が出てしまうのはある程度考えられることですが、仕事を続けたいと思っていても、会社内では辞めるのだろうと当たり前のように思われていることがつらいですね。

共稼ぎの道を選んだことで起こった変化(ちゅうた・既婚・30歳)

個人的な事情から、結婚により仕事を「続けたい」から「続けなければならない」ようになりました。未婚のときは、結婚により相手の都合で仕事を辞めるかもしれない、という可能性もあり「辞められる」という精神的な「逃げ場」がありました。共稼ぎの形態を選んだことで、男性と同様、仕事で生活の一端を担う責任があります。そういう意味では、周囲より、自分の気持ちが一番変化したと思います。

仕事上では、上記のような事情を会社側も知っているので、長期的な視野を持って接してくれるようになりました。「長くいるんだから、もっとほかの部署も知らなければ」「今、これをすることで、将来会社にどんな影響が出るか」など、未婚の時とは段違いに、仕事の奥深さを求められるようになりました。

現在は出産を経て、来年早々の復帰に向けて準備中ですが、ある意味、結婚〜出産を経験した女性が勤務し続けるテストケースのようにも見られていますので、後輩のためにも既婚ママパワーを発揮しなければと妙な責任感も感じています。

共働きのデメリット(里穂・中部・38歳)

共有時間や食事の時間の制約があったり、休日が違うために、共働きのつらさというかデメリットみたいなものを感じました。それが「すれ違い」という言葉でマイナス思考やイメージにつながっていくと離婚になります。自分の時間を作れるという意味ではいいのですが、お互いが同じ思いを持たなければ成立しません……。わたしは双方の考え方に違いが出てきて離婚しました。今やっといろいろと考えることができました。

NO

上司の態度に少し変化があった(bori・既婚・29歳)

結婚後、生活ではいろいろな変化が生じましたが、仕事ではほとんど感じませんでした。夫のある程度の理解があれば、仕事は従来通り行うことができました。しいて言えば、社内恋愛だったので、上司(夫と同じ役職)の態度が少し変化しました(ちょっと気を遣われているような感じです)。ジョセフィーヌさんのおっしゃるように、「子持ち」であることの影響は大きいと思います。子どもがいなかったときはそれなりに自分のライフスタイルが保てましたが、子どもを持ってから、そうはいかなくなりました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

結婚によって得られるものは大きいから

結婚をしたことで、会社を辞めなくてはいけない、あるいは、部署を変わらなければならない雰囲気が会社の中にあるというご意見を何件かいただきました。その中で、つらい決断をした方もいらっしゃると思います。

わたしも何度かつらい決断を迫られ、単身赴任したり、転職したりしたことがありました。しかし、そんな経験をするうちに、まだまだ古い体質の企業はたくさんあるけれど、本当に必要とされている人材であれば会社はキープしたいはず、と思うようになりました。それならば例外扱いをされるような人材になろう。また、そういう状況の中で、自分の意見をうまく通していくことを学ぶ実践の場としよう、と考えてきました。もちろん、失敗したら転職するリスクを取る覚悟は決めていますし、仕事がすぐに見つからないことに備えて、数カ月分の貯金は何があっても手放しません。

会社を辞めなくてはいけない、部署を変わらなくてはいけない、そんな古い体質の会社だとわかっていても結婚を選ぶ。その背景には、自分がそれをしたいから、それによって生まれるメリットが大きいから、と思っているからではありませんか? わたしも周囲から、家事などいろんな面でマイナスを背負うことになるのに、なんでこんなに忙しいこのタイミングで結婚するの?と言われましたが、結婚によって得られるものは、結婚によって受けるデメリットよりも大きかったから結婚を選びました。そして、今でもそれは間違っていたとは思いません。

先日投稿してくれたLEOさんの意見を繰り返すことになりますが、「自分が選択した人生であって、それを仕事の際に不利だと感じて文句ばかりを言うよりも、前向きに活かすほうがいい」ですよね。

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english