自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/6/27(月) - 2005/7/1(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマコーチが欲しいですか?

投票結果 現在の投票結果 y79 n21 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋田稲美
秋田稲美 株式会社エ・ム・ズ代表取締役

皆様からの投稿を拝見して、「コーチということばが随分と一般的になってきたんだなぁ」と、というのが私の第一印象です。「コーチ」という概念が一般に認知され、馴染むまでに5年くらいかかったと思いますが、「コ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

コーチとのセッションで起業計画が実現へ(めたぼ・大阪・パートナー有・35歳)

すでにコーチをつけています。無職で月3万円の出費は痛いですが、この半年で起業計画とそのビジョンが固まり、7月から活動予定です。1人だと3年くらいかかるようなことがコーチとのセッションで次々とアイデアが湧き、行動のきっかけが生まれ実現に近づいていきます。30代を10倍有意義に生きるにはコーチをつけるのがお薦めですよ。

スキルアップをサポートしてくれる上司(richi-nf・愛知・パートナー無・36歳)

私は、訪問看護をしています。患者さんの家に行き、すべて1人で判断しなければいけません。いろいろと迷うこともあります。ところが、今の上司は、簡単に「それでいいと思うよ。」というわりには、問題が起こると、「何でそんなことしたの?」といいます。悪い人ではないのですが、その場しのぎの対応のように感じられます。私は、スキルアップしたいと考えています。そういったサポートをしてくれる上司がほしいです。

コーチングの能力を求められるようになって(みんつ・愛媛・パートナー無・37歳)

「コーチ」や「メンター」といった、自分の人生を導いてくれる存在について知ったのは、ここ数年のことです。コーチとは実際にどんなものなのか、「コーチ」を職業にしている人と会ってみたいです。年齢とともにコーチングの能力を求められてくるのをヒシヒシと感じているので、いろいろと悩みながらコーチング本を読んでいるところですが、やはり実際に体験してみたい。自分自身はやりたいことが支離滅裂に多くて、軸のぶれるところが悩み。自分の究極の望みは何なのかコーチと整理してみたいです。

鞭よりアメで支援して(Bise・東京・パートナー無・38歳)

コーチングのノウハウを学び、セルフコーチングしたいと思って、今教室に通っています。毎回先生から励みになる言葉を学んで、私の生活にちょっとではありますが、変化をもたらしているように感じます。ただ、以前コーチングのお試しコースをやってみたとき、自分で自分に対する課題を出してみるように言われ、多分少々難しい課題を課してしまったのかもしれませんが、非常に負担に感じ、かえってモチベーションが下がってしまったことがありました。心のコンディションも悪いときだったせいかもしれません。鞭よりアメで支援してくださるコーチだったら、欲しいなぁ……。

誰かが自分のために親身になってくれる、ということ(カテキン・東京・パートナー有・31歳)

派遣社員として電話による営業をしています。入社して1年たたない頃に、思うように結果が出せず、結果を出している同僚に相談したところ、たまたま彼がコーチングに興味があり、個人的にコーチングしてもらったのが私が初めてコーチングに触れたきっかけとなりました。結果は……まず「100%味方になってくれ、声をかけてくれる」人の存在だけで、こなすだけの仕事から毎日楽しめる仕事へと変わりました。もちろん、具体的に役立つことも教えてもらい実践できましたが、何よりも誰かが自分のために親身になってくれるということの力の偉大さには、あらためて驚きました。私はプロの方にお金を払ってお願いしたわけではありませんが、貴重な体験をしたと思い、同僚には感謝しています。コーチする側もまた、される側から力をもらうことがある、というのも事実でした。コーチングに限ったことではないですが、人の力って大きいですね。以上の体験から、今後は本当にやりたいことで、キャリアアップのためのコーチがいたら最高だと思います。

目標が定まった瞬間に現れた(ミサト・千葉・パートナー無・25歳)

今実際にコーチがいるんですけど、自分の目標が定まった瞬間に現れました。「このようなキャリアを積めばいい」というのを提示されて、今頑張っている最中です。なんとなく「コーチが欲しいな〜」と思っているだけでは、コーチに出会っていてもきっと気づかないんだろうなと思いました。

NO

問題解決能力を育てる、セルフコーチング(blueooo・東京・パートナー無・24歳)

NOに投票しましたが、コーチは欲しいと思っています。あえてNOにしたのは理由があります。それは、外部にコーチを求める以前に、私が私のコーチでありたいという思いが強いからです。この思いが強くなったのは社会に出てからで、日に日に強くなっていきます。社会に出て愕然としたのは、私が今までいかに問題意識なく、生きていたかという事。それまでは、誰かが示すまま、何かの基準に沿っていれば、特に問題はなかったのです。でも社会ではそれが通用しません。次々と起こる問題に立ち向かうには、現状では何が足りず、何が必要なのか、そのためには何をすべきなのか「自分の頭で」考える必要があります。外部のコーチ(指針)に頼る意識が消えないうちは、自分の問題解決能力が育たないと思い、あえてNOにしました。今の私は、自分の中に「コーチ」を育てたいのです。でも、人の意見に耳をかさない、という意味ではありませんよ。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

自分の人生を輝くものにするために

皆様からの投稿を拝見して、「コーチということばが随分と一般的になってきたんだなぁ」と、というのが私の第一印象です。「コーチ」という概念が一般に認知され、馴染むまでに5年くらいかかったと思いますが、「コーチ」という職業が成り立つまでには、まだ数年かかりそうです。というのは、初日の「Yes79%」の方に対して「コーチに月3万円払えますか?」と、更にお尋ねしたら多くの方が「No」と答えられるのではないでしょうか。

「コーチは欲しいけれど、無料で!」というのが、多くの方の本音のようですね。実際に私自身も、有料の「コーチ」はつけていません。どうしているかというと、社内でお互いに社員同士でコーチングをしています。具体的には、毎週月曜日の午前中、私が5人の社員(クライアント)の「コーチ」をします。1人30分ずつ個室で順番に行います。

反対に私の「コーチ」は、社員(クライアント)です。私から随時、「ねぇ、ちょっといい?」「これってどう思う?」「私はこう思うけど、○○さんだったらどうする?」「ちょっと聞いて!」のように話しかけ、結果としてコーチングをしてもらっています。

もちろん、「セルフコーチング」も意識してしています。最近、自分に対して問う質問で一番多いのは、「何がやりたくない?」です。まず、やりたくないものをハッキリさせてから「何がやりたい?」と問いかけると、より目標がクリアになることを発見したのです。

目標がクリアになったら、「その目標を達成するために、まずやることは何?」のように自分に問いかけていきます。いただいた投稿の中では、24歳のblueoooさんの「あえてNOにしたのは理由があります。それは、外部にコーチを求める以前に、私が私のコーチでありたいという思いが強いからです」という一文が印象的でした。

「自分の人生の主人公は自分である」という事実を再認識させて頂きました。私は、自分の人生を輝くものにするために、「コーチ」のサポートは大変有効だと思っています。更に皆様からのご投稿をお待ちしています。

秋田稲美

秋田稲美

株式会社エ・ム・ズ代表取締役

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english