自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2183
残業を減らす努力、していますか?
投票結果
85  15  
564票 99票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2007年06月04日より
2007年06月08日まで
円卓会議とは

パク・ジョアン・スックチャ
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
パク・ジョアン・スックチャ ワーク/ライフ・コンサルタント
円卓会議議長一覧
ワーク/ライフ・コンサルタントのパク・ジョアン・スックチャです。 さて今回のテーマは「残業」です。……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
ワーク/ライフ・コンサルタントのパク・ジョアン・スックチャです。

さて今回のテーマは「残業」です。仕事と私生活がどのようになっていくかは労働時間に大きく左右されることは避けられません。労働時間が長くなると心身ともに支障を起こし、また大切な人たちとの人間関係や仕事以外に望む私的活動にも大きな制約をもたらします。

日本人の長い労働時間は世界的にも有名ですが、実際周りを見ても残業は当たり前で長い。そして残念ながら減る兆しはまったく見えません。これだけ残業が常態化している多くのビジネスパーソンを見ると、残業を前提に仕事をしている人も多いのではないかと感じてしまいます。
そもそも本気で残業を減らしたいと思っているのでしょうか?

そこで質問です。皆さんは自分の残業を減らす努力をしていますか? 残業を減らしたいと心から思っていますか? 本音で教えて下さい。減らそうとしているのに減らない? それはどうしてですか?

今週はさまざまな角度から多くの人の頭痛の種(?)となっている「残業」について議論していきたいと思います。正社員、パートタイム、契約社員、どのような雇用形態の方でもOKですので、どんどんご意見をお聞かせください。

サーベイの間には「すぐに使える残業削減のポイント」なども皆さんとシェアーしていきたいですね。皆さんのご投稿、よろしくお願いします!


例えば、
「私がその立場ならこうする。なぜなら、私は、制度が○に変わると、○になると思うから」
「私は賛成です。そうなれば、私の生活は○になると思うからです」
「私も、似たような場面に遭遇したことがあります。そのとき私は○をしました」
これが“I statement”です。

パク・ジョアン・スックチャ
ワーク/ライフ・コンサルタント
パク・ジョアン・スックチャ


関連参考情報
■ 「ワーク・ライフ・バランスとは?」
パク・ジョアン・スックチャさんとのwin-win対談
■ 「ワークライフ・シナジーとは?」
第11回国際女性ビジネス会議リポート
■ 「「日本流ワーク・ライフ・バランス」を学べる講座」
イー・ウーマンユニバーシティ講座
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english