自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2623
門松を飾る家が少なくなったのを寂しく感じますか?
投票結果
64  36  
194票 109票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2009年01月12日より
2009年01月16日まで
円卓会議とは

井上順孝
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
井上順孝 國學院大学教授
円卓会議議長一覧
お正月の飾りつけといえば、門松に注連(しめ)飾りというのが一応の定番と言えるでしょう。けれども最近は……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
お正月の飾りつけといえば、門松に注連(しめ)飾りというのが一応の定番と言えるでしょう。けれども最近は門松をたてる家をあまり見かけなくなりました。注連飾りも紙に印刷したもので代用する例が増えているようです。習俗というものは、時代とともに変わるものですから、こうした変化が起こること自体は不思議ではありません。松の内といって7日間(古くは15日間)は正月気分であったというのも変わり、今では休みは元旦だけで、2日から仕事を開始するという人も珍しくありません。

ところが年末に目を向けますと、いろいろなところにクリスマスツリーが飾られています。気の早いところでは、11月から飾っているところもあります。もともとはキリスト教国の風習であったものが、日本に取り入れられたわけですが、キリスト教の信者が1%ほどの日本で、この広まりは興味深いものがあります。

門松を飾る家が少なくなったのは、いろいろな事情があるかと思いますが、クリスマスツリーに比べると、はるかに古くから日本人になじみがあった習俗です。平安時代にさかのぼるというのが有力な説です。歳神を迎えるためのものと解釈する人もいます。

現在ではその意義も多くの人にはどうでもよくなっているかに見えます。しかし、本来の意義もよく分からないで飾っているのはクリスマスツリーも同じで、門松がすたれたのは別に理由があると考えるべきでしょう。理由が何であれ、古くからの宗教的な意味合いをともなった習俗がすたれていくことを寂しく感じるか、とくに何も感じないか答えていただければと思います。またすたれてきている理由についてどう考えるか、意見をいただければさいわいです。

井上順孝
國學院大学教授
井上順孝


関連参考情報
■ 「厄年のお祓いに行ったことがありますか?」
YESが6割、その理由とは……?
■ 「12月24日を、そろそろ意識しはじめた?」
2001年、華道家假屋崎省吾さんの円卓会議
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english