自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2177
サマータイムの導入、賛成ですか?
投票結果
59  41  
380票 267票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2007年05月28日より
2007年06月01日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
夏の日差しを浴びると、話題になるのがサマータイム制度ですね。「米国では」とか「欧州では」とか、「出羽……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
夏の日差しを浴びると、話題になるのがサマータイム制度ですね。「米国では」とか「欧州では」とか、「出羽の上」(「○○では」と海外経験などをひけらかす人)が登場するのも、この議論です。

初夏から秋にかけて、時計の針を1時間進めるのが「サマータイム」。たとえば夜12時に寝ていた人は、夏時間になると、時計は12時だけれど実は11時に寝るわけで、夜間の照明や冷房の時間が減り、省エネになる、というのが推進論の根拠です。

これに対して、時間を修正する手間が面倒くさいし、会社では、「まだ明るいから残業しよう」となり、労働時間がふえるだけ、というのが反対論です。

ことしは間に合いそうもありませんが、省エネ対策が重要度を増していることもあり、これを議論するのは「国民的課題」ではないでしょうか。私も米国滞在経験の「出羽の上」として、自分の意見を言いたいと思います。海外滞在の経験者の発言も大歓迎です。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「温暖化に危機を感じていますか?」
個人の活動の蓄積が、大きな力に
■ 「環境ジャーナリスト枝廣淳子さんとのwin-win対談」
きっかけは『地球白書』と……
■ 「池上彰の「解決!ニュースのギモン」」
二酸化炭素の「排出権取引」はどうやるの?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english