自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2503
温暖化ガス問題、政府の強制がやっぱり必要ですか?
投票結果
92  8  
296票 24票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2008年07月21日より
2008年07月25日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
今年の洞爺湖サミット。温暖化ガス問題がメインテーマでした。2050年には現在の半分に削減するという数値目……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
今年の洞爺湖サミット。温暖化ガス問題がメインテーマでした。2050年には現在の半分に削減するという数値目標を打ち出すこと、そして中国やインドといった新興国が削減すること、京都議定書から離脱したアメリカが次の枠組みに参加することなどが目標でした。しかし国家となると、まとまるのはなかなか大変で、結局ははっきりした数値目標を立てるところまでは行きませんでした。

とはいえ、日本も1990年レベルからマイナス6%という目標を達成するのは大変です。これまでは一種の「精神運動」でやってきましたが、その結果、現時点では1990年レベルよりも6%ほど増えているといいます。

そんなところに東京都が温暖化ガスの排出削減を大きな事業所に課すことになりました。それは自主的取り組みでは結局は何も効果がないことがはっきりしたからだといいます。地方自治体レベルで規制に乗り出したところは、ロンドンとかアメリカのカリフォルニアを始めとするいくつかの州などがあります。とりわけアメリカは連邦政府の腰が定まらないことに業を煮やして、シュワルツネッガー知事などが先頭を切って規制に乗り出しました(カリフォルニア州は昔の自動車の排ガス規制でも先陣を切ったことがあります)。

日本の産業界はこうした政府などによる規制に反対しています。排出削減義務を課されることは、これまでのそれぞれの事業所が個別に努力していたことを計算に入れないと不公平になるというのです。またこのところ炭酸ガスの排出が増えているのは家庭であるから、そこを何とかしないと効果がないと主張する企業もいます。

さて皆さんは、温暖化ガス排出削減について、やはり政府が個別に削減義務を課して、実現しなければ罰金というような強制力をもってやることが必要だと思いますか。それとも各企業や各家庭に任せるべきだと思いますか。もし自主性に任せると思われる場合は、国際的にもそれぞれの国家の自主性に任せるべきだと思いますか。皆さんの活発なご投稿をお待ちしております。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「「いったい何が問題なのか、がいちばん重要でしょう」」
佐々木かをり対談 win-win > 第10回 藤田 正美 さん
■ 「洞爺湖サミットに、注目していますか?」
いま世界に必要なのは、新たな行動の駆動力です
■ 「「いまだに日本では温暖化対策の長期目標やヴィジョン、そのための具体的政策などが出来ていません」」
国連環境計画・金融イ二シアテイブ特別顧問 末吉竹二郎さん
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english