自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/3/29(月) - 2004/4/2(金)
2日め

テーマかかりつけの歯科医がいますか?

今日のポイント

「歯医者は苦手」と言わないためにも信頼関係を

投票結果 現在の投票結果 y69 n31 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
岡久
岡久 歯科医 

お子さんのお友だちのお父さんだから、おしゃべりが楽しいからなど、かかりつけていらっしゃる理由もさまざまですね。ただ、そこには一つ共通することがあるようです。それは、「コミュニケーション」です。わたしの……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

子どもも嫌がらず(渡邊あさぎ・茨城・パートナー有・46歳)

かかりつけの歯科の先生は、子どものお友だちのお父さんです。最初は、虫歯の治療に通っているだけでしたが、ずっとやりたかった歯列矯正のことを相談してみたところ、大人になってからでも全然大丈夫、と勧めてくださったので、30代で実現することができました。子どもも、「●●ちゃんのお父さん」という親しみやすさで、小さいころから嫌がらずに治療ができたので、本当に助かっています。

東京から静岡に通って(ROSAY・東京・パートナー有・27歳)

東京に移り住んでいますが、かかりつけは、静岡の歯医者さんです。子どもの乳歯を抜くような時代からのお付き合いで、頼りにしています。

おしゃべり好きな歯医者さん(suhama)

最近かかっている歯医者さんはおしゃべり好き。とってもユニークです。楽しくおしゃべりしてるうちに、普通なら痛いはずの治療が終わって、なんだか温かい気持ちになっています。唯一の難点は、口を開けたままではしゃべれないので、笑うのはもちろん、相づちも返答もできないこと。

歯科医として気になること(チャック・石川・パートナー無・44歳)

わたしは歯科医師ですが、自分の歯にトラブルが起きた時、信頼して診てもらえる歯科医師を見つけるのがなかなか困難です。歯医者さんでも、ここは丁寧だけどこんなところが不潔だ(滅菌の問題など)とか、やはりいろいろと比べてしまって、でも治していただかなくてはならないので、「ま、仕方ないか」という感じです。患者さんもこういうことを感じながら自分の体をいあずけていらっしゃるのですね。

4の倍数の月に(のえる・福島・パートナー無・30歳)

定期的に虫歯のチェックとクリーニングをしています。ちゃんと忘れないように4の倍数の月(4=歯、だから!)に行くようにしています。おいしくごはんをいただいたり、思いっきり笑ったりしたいので、歯は大切だと思います。

担当の先生がいると相談できる(里穂・愛知・パートナー無・38歳)

顎関節症のため大学病院へ通っていますので、担当の先生がいます。ほかにもセカンドオピニオンのための先生もいます。スプリントというマウスガードをはめているので、月に1回は通います。よって今の状態とか把握したりできます。担当の先生がいるといろいろと相談できるので良いと思います。

行くのが楽しみ(ぴょんこ・関西・パートナー無・39歳)

もう20年の付き合いになる歯医者さんがいます。すごくおもしろくて何かあるとすぐに行きます。会いに行くのが楽しいのにひどくなる前に治療に行くので、一回か二回で終了してしまいます。治療中に口を開けたまま会話の相手をしないといけないので大変ですが。

NO

「かかりつけの歯科医」の選び方とは?(月の猫・神奈川・37歳)

結婚や引っ越しに伴い、家が変わるたびに、歯科医に限らず、かかりつけの医者がなくなります。とくに歯科医は、どこがいいのか(医院の数は多いのですが)わからず、悩みます。

歯科医だけは近所を歩いていても、何軒も見かけるだけに、余計にどこがいいのかがわかりません。1軒しかなければソコにするしかないのでしょうが。とくに急を要する治療が必要でもない場合に、どのように「かかりつけの歯科医」を選んだらよいのでしょうか? どのように選んでいるのでしょうか?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

コミュニケーションも判断材料

お子さんのお友だちのお父さんだから、おしゃべりが楽しいからなど、かかりつけていらっしゃる理由もさまざまですね。ただ、そこには一つ共通することがあるようです。それは、「コミュニケーション」です。

わたしの医院の場合、知り合いの方の紹介で来られる患者さん、近くにお住まいとのことで来られる患者さんが多くいらっしゃいます。診療する際には、その患者さんに関する資料をきっちりとそろえ、治療に移っていきます。医師だとはいえ、緊急の場合以外は、「●●しなければなりません」という強制ではなく、「●●したほうがいいですよ」というアドバイスをしながら、常に患者さんが納得のいく方法で治療していきます。あくまでも患者さんの意思を尊重します。治療の第一段階は、コミュニケーションから始まる、と言ってもいいでしょう。

虫歯を治したい、歯並びをよくしたい、しょっちゅう痛む親知らずを抜いてほしい、あるいは、通う時間が午前中にしか取れないなど、みなさんが歯科に行くときは、必ず何かご自分の希望があることだと思います。そんなふうに、患者さんの希望がそれぞれに違うことを、わたしたち歯科医は十分にわかっています。ですから、治療に入る前には、まず患者さんに、どういう症状なのか、どんな治療をしたいのか、治療の日程はどうなのかなど、しっかりとお話を聞かせていただくものなのです。そこでコミュニケーションを取ることによって、治療箇所や治療法を判断するだけではなく、お互い徐々に信頼関係が築けていくのだと思います。

どこの歯科に行けばいいのかわからないというときや、ほかの方からのおすすめやご紹介がないときは、まず、物理的な条件、たとえば、勤務先に近い、住まいに近い、診療時間が都合に合うということから調べてみるのも一つの方法です。そして、自分に条件の合う歯科を見つけたら、それから先は治療前のコミュニケーションで自分の希望に合っているかどうかを判断してください。しっかりと話を聞いてくれて、治療とその方法に関して十分に説明してくれる、そんな歯医者さんにきっと出会えるのではないかと思います。

岡久

岡久

歯科医 

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english