自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/3/29(月) - 2004/4/2(金)
5日め

テーマかかりつけの歯科医がいますか?

今日のポイント

治療前のコミュニケーションを大切に

投票結果 現在の投票結果 y67 n33 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
岡久
岡久 歯科医 

一週間を通し、みなさんのお話を聞かせていただき、かかりつけの歯科医を見つけるには、やはり人からの紹介や口コミがいいのではないか、という声が多かったように思います。たしかに、人の紹介などの場合、初めから……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

ケアしていくことの大切さnew(てっしー・福岡・パートナー無・26歳)

前に歯に痛みを感じて職場の近所の歯医者さんに行きました。結局虫歯ではなかったのですが、その時に歯の丈夫さを褒められ、ケアしていくことの大切さを言われました。健康な歯だからこそ歯医者に通う必要があるのですね。それから数カ月おきに歯石取りにいっています

虫歯以外のことも指導してくれるnew(akikokon・兵庫・パートナー有・37歳)

歯医者は子どものころから大嫌いでした。今も基本的には嫌いです。でも今の先生に巡り合って少し歯医者嫌いが、ましになりました。単なる、歯の見栄えだけでなく、歯のかみ合わせが体全体のバランスに重要な役目を担っていること。そして虫歯以外にも歯周病のことも指導してくれるので、いい先生に巡り合ったと思っています。

歯科医として気になること(チャック・石川・パートナー無・44歳)

わたしは歯科医師ですが、自分の歯にトラブルが起きた時、信頼して診てもらえる歯科医師を見つけるのがなかなか困難です。歯医者さんでも、ここは丁寧だけどこんなところが不潔だ(滅菌の問題など)とか、やはりいろいろと比べてしまって、でも治していただかなくてはならないので、「ま、仕方ないか」という感じです。患者さんもこういうことを感じながら自分の体をいあずけていらっしゃるのですね。

4の倍数の月に(のえる・福島・パートナー無・30歳)

定期的に虫歯のチェックとクリーニングをしています。ちゃんと忘れないように4の倍数の月(4=歯、だから!)に行くようにしています。おいしくごはんをいただいたり、思いっきり笑ったりしたいので、歯は大切だと思います。

会いたくなる歯医者さん(aim↑・29歳)

兄妹で10年以上かかりつけの歯科医がいます。昨年歯茎が下がって歯が長いのに気付き、ネットで調べると歯槽膿漏かもしれないということに。早速翌日歯科医を訪ねると、わたしのこれまでのレントゲン写真を見せてくれ、「歯槽膿漏の家系ではないね、おもしろいね、兄ちゃんも長いんだよ」と、上下に強く磨きすぎとのことでこの年にして歯磨き指導も受けました。息子の歯についてちょっとのことでも窓口で教えてくれたりと、とても信頼していて会いたくなる歯医者さんという感じです。

説明が丁寧なこと。これが一番(NOAH・東京・パートナー無・29歳)

初めは「急患随時受付」があるので飛び込んだのですが、その後も対応の丁寧さが気に入って通い続けています。子どものころに通っていた歯科医院は、痛みを訴えても十分痛みをとってもらえなかったのですが、今の方は痛みをとるのに積極的で、こちらの反応をちゃんと見てくれます。何より気に入っているのは、説明が丁寧なこと。納得した上で治療をしてもらえるので安心です。唯一の難点は男の方なので、指が太いこと。奥歯の治療の時、唇がさけるかと思いますが、それを押してでもここがいい!と思うくらい信頼しています。

「歯科医はサービス業」というポリシー(Petite・ニューヨーク)

アメリカに来てから紹介された女性の歯科医にずっとかかっています。彼女は治療もその説明も明瞭で丁寧、痛みもまったくない。治療時の痛みを感じさせないための麻酔注射をするときにさえ、針を刺す部分に麻酔薬を塗ってくれる気の使いよう。定期検診のお知らせも4カ月に一度欠かさず送ってきてくれるようなきめ細かなケアをしてくれる人。「歯科医はサービス業」というポリシーをお持ちで、歯を白くしたり、少し歪んだ部分を直したりと「美歯」の観点からもトータルに管理してくれる最高の歯科医です。お陰で虫歯知らず、口臭知らずの真っ白の歯でいられます。

歯科にはエステ感覚で2カ月に1度(まーりん・パートナー有・38歳)

わたしは2カ月に一度、その歯科に行きます。歯のお掃除をしてもらうと、まるでエステのよう。癒しを感じます。また、子どもたちも歯磨きチェックで3カ月に一度診てもらっています。子どもは、診療後におもちゃがもらえるのがすごく楽しみで、行きたがります。

NO

歯科医院の格付けが欲しいnew(うさみみ・神奈川)

子どものころは親の転勤のため、今は引っ越し魔ゆえ、いろいろな土地で歯科治療経験ありです。その際に、「前の歯科医の治療が不十分だったから、こうなってしまった」と説明されるとがく然とします。保険外治療だったのに!

歯科の場合、結果が数年後に現れる場合があるため、良い医院を見つけるのは大変だと思います。「口コミ」というのも、(表面的なサービスの良さだけを評価されるという部分もあり)、本当の技量を反映しているものかどうか怪しい場合があります。

高校生のとき、仙台市の歯科医院で受けた治療が一番よかった。かなり大規模な治療でしたが、20年以上たって、レントゲンを撮ってもらってもまったく異常なしでした。当時、数十万円の治療費を出してくれた親に感謝! 少なくとも、保険外の治療に関しては、歯科医院の格付けが欲しいです。

選びようがない状態new(rumik・愛知・パートナー有・34歳)

結婚して居住地が変わってから、歩いて行けるという理由で歯科を選び、半年に一度、歯石除去に通っています。待合室には「インフォームド・コンセント」の説明ポスターが貼ってあるのに、納得の行く説明を受けたことがありません。でもどこの歯科がいいのかわからないので、選びようがない状態です。今夏には引っ越しをする予定なので、引っ越し先で歯科を始めとするかかりつけ医をつくることができるかどうか心配です。

「しまった」と感じたが引き返せずnew(awake・東海・30代)

引っ越しして来たころ、どこの歯科がいいのかわからず、近くの歯科に行きました。ドアを開けた瞬間に「しまった」と感じたものの、引き返す勇気がなく、診察台へ。閑古鳥が鳴く院内には、わたしと古い設備だけ。痛くない歯を削られたので質問したところ、逆ギレされました。自分の選択と相手の傲慢な態度に、情けなくて涙が出ました。以来、病院は口コミを頼りにしていますが、かかりつけ歯科医と呼べる先生には出会えていません。

公共の健康診断に歯の検診がないのはなぜ?new(月の猫・神奈川・37歳)

わたしのようにかかりつけの歯科医を持たない人間は、会社の健康診断などで定期健診があれば、その結果をきっかけに歯科医に行こうという考えも起こるように思うのですが。
常日ごろ疑問に思っていたことがあるので、できれば教えていただきたいのですが。会社の健康診断で、各種内科検診(心電図や胃や肺のレントゲン)まで行っていますが、歯の検診は、子ども時代に受けたきり、公共の健康診断では行われた記憶がありません。これはなぜなのでしょうか? やはり「死に至る病」には結びつかないからですか?

検査に戸惑う歯科医(aming・兵庫・パートナー無・32歳)

歯には悩みがたくさんあって、かかりつけの歯科医を見つけられたらと願っているのですが、信頼関係を築くところまでにいたらず、今に至っています。「どうされました?」と聞かれて「検査をお願いします」というと、戸惑われる感じがするのです。治療だけでなくて事前対策から一緒にかかわってくださるお医者さまを期待するのですが。こちらももっと具体的に気になっていることをお話できればいいのかも。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

かかりつけの利点とは

一週間を通し、みなさんのお話を聞かせていただき、かかりつけの歯科医を見つけるには、やはり人からの紹介や口コミがいいのではないか、という声が多かったように思います。たしかに、人の紹介などの場合、初めから安心感を抱いて行くものです。もちろんコミュニケーションも取りやすくなりますよね。

ただ、必ずしもそんな時ばかりではないのです。たとえば、ある歯科医で入れ歯にしたAさんが、「入れ歯もぴったりときれいに作ってくれたし、治療もうまい、とってもいい歯医者さん」と言って、親友のBさんを紹介したとします。そこで実際にBさんがその歯科医にかかったもの、Aさんほど満足できない、ということもあります。

なぜそうなるのか。それは、口の中の形状や条件が人それぞれ違うからです。うさみみさんの「本当の技量を反映しているものかどうか怪しい場合があります」とおっしゃるのは、もしかしたら、そんなことも関係しているのかもしれませんね。

ところで、治療には、健康保険が利くものとそうでないものがあります。その違いは何かというのは、当然、治療を進める上でのシステム、補綴物(ほてつぶつ)の材質やデザイン、治療方法によって違ってきます。

公共の健康診断に歯科検診がない、という月の猫さんからの投稿がありました。企業の場合なら、会社の方針によって、歯科室や指定歯科医院があり、健康診断で歯科検診を行うところもあります。定期検診については、通常4カ月〜半年に一回、問題(多くは歯周病)が見られるなら、2〜3カ月に一回程度受けることを目安にしてください。

最後に、インフォームド・コンセント(informed consent)についてお話ししておきます。インフォームドコンセントとは、医師が患者さんに診療の目的や治療方法などを十分に説明して、患者さんの納得を得て治療することです。すでに、その重要性はコメントしてきました。本当にこれは大切なことなんです。医師からの申し出だけでなく、ぜひみなさんからも、初めて診療を受ける前、また診療段階の節目などの時をみて医師に相談してみてくださいね。仮に相談しようとして、面倒だというような態度を取られたり、逆ギレされるようなことがあるなら、別の歯科を訪ねられたほうがいいでしょう。医師としてそんなことはあってはならない、あり得ないことですから。歯科衛生士がいる場合は、彼女らも大まかなことは把握していますので、簡単な相談には乗ってくれることもあります。

また、最近はカルテやX線写真などに加えて、その患者さんの病状をコンピュータでデータ化してくれる歯科もあります。仕事の都合で引っ越しがち、という場合、いろいろなデータを蓄積することは難しいのです。蓄積データで病態の継続性、変化の過程を把握することで、より適切でスピーディな治療が行えます。ですから、できるだけ同じ歯科医にかかっておくほうが意思の疎通が楽ですし、質が高ければ一定の質で、スムースに治療が進むと考えられます。少し遠くても通えるなら、同じ歯科、つまり、かかりつけの歯医者さんに診てもらってくださいね。

わたし自身、「きちんとした町医者」でありたいと思っています。一週間、どうもありがとうございました。

岡久

岡久

歯科医 

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english