自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/28(月) - 2005/3/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ子どもの学力は低下していると思いますか?

キャスター
古荘純一
古荘純一 小児精神科医・青山学院大学助教授

最近、子どもの学力・理解力の調査に関する報道が目につきます。今月15日、文部科学大臣は、中央教育審議会の子どもの学力・意欲が低下しているとの懸念を受けて、「ゆとり教育」の見直しを要請しました。現行の指導要領は、3年で見直しを迫られることとなりました。

しかし、それぞれの調査結果をよく分析してみる必要があります。国際数学・理科教育動向調査では、小学校の理科および中学校数学の学力は前回より低下しているが、国際的にみて上位であると報告されています。総合初等教育研究所の漢字の習得状況調査では、正答率の低かった個別の問題がクローズアップされていて、多くの問題はまずまずの正答率であったようにも思えます。また、地理学会の調査ではイラクや北朝鮮の位置を知らない高校生や大学生が多いと指摘していますが、以前の調査もなく一般の大人の正答率とも比較できません。もちろん好ましくない傾向とはいえるでしょうが。   

子どもの学力は低下していると判断しゆとり教育を見直すことで、学力や勉強意欲の問題が解決するのでしょうか。学力の偏り、個人差の拡大、子ども自身の学びからの逃走や閉塞感、急速に普及したメディアの影響、そして家庭や大人社会の影響などさまざまな観点を冷静に判断する必要はないでしょうか。そこで、今回は、子ども達の学力の低下に関する議論について、皆さんとともに考えてみたいと思います。ご意見をお待ちしています。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english