自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/28(月) - 2005/3/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ子どもの学力は低下していると思いますか?

投票結果 現在の投票結果 y86 n14 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
古荘純一
古荘純一 小児精神科医・青山学院大学助教授

多くのご意見ありがとうございました。学力低下論争は今まで、教育改革路線の賛否を中心に学校教育に関しての議論でしたが、家庭教育など学校外教育の議論が足りない印象を持っていました。いただいたご意見は学校外……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

学力より知識欲(ヤマネ・パートナー無)

学力というより、「知識欲」が低下しているように感じることが多いです。勉強して身に付けることはもちろんですが、まず知ろうとする気持ちがあるかどうかのほうが重要ではないかと。常に受け身の状態でいれば、学ぶことを自ら遠ざけることになるのではと不安に思います。その点では、今の大人にも同じことが言えるのかもしれません。しかし一方で、勉強する者にとって非常に有利で快適な社会になりつつあり、もはや学校の枠に収まらず多様な方法で自ら学ぼうとする子ども達が増えてくれるのではという密かな期待も持っています。

疑問を追求していく能力が低下している(nons331・静岡・パートナー有・32歳)

学ぶ力と捕らえると、yesです。今は情報を得るのが簡単な社会です。考えなくても答えを得る事ができます。学ぶとは、疑問から始まって追求していく事だと思うので、追求せずとも答えが得られる現代では、学力をつけるのは難しい気もします。詰め込み方式の勉強で、暗記をいくらしても、それで例え試験の結果が良くても学力があるとも思いません。

生活習慣の見直しを(delmar・千葉・パートナー有・34歳)

学力って、普通に学校の授業を聞いていれば特別な事をしなくてもつきます。子どもの学力が低下しているのだとしたら、それは親の責任も大です。今の親と子どもの風潮を見ていると、子ども達が朝から「だるそう」なんです。朝走って学校まで行く子をあまり見かけません。夜型生活・テレビ・ゲームの影響で日本の子ども達は世界一寝不足だと聞きます。それじゃあ、集中力が無くて当然です。又、朝食も取らずに学校へ行く子も少なくないとのこと。大人だってそれではいい仕事できませんよ。私が子どもの頃は朝はお腹が空いて目覚めました(笑)。無意味にずっと「かけっこ」してましたね。だから早く眠くなって、とても良いリズムでした。授業を聞いてその場で集中的に「考えて」理解すれば、何とかなりましたよ。会社社会でも、「紙」に書いてある事は覚えられるけど、「見て覚える」事と「自分で考える事」が苦手な若者が多いですね。子どもの生活習慣を見直すと健全な学力が高まると思います。要は昼の活動時間中に頭が「ぼぉー」としてる子ども達が多いのでは?そして夜になると「目」と「頭」がさえてきて夜更かしなのでは?親も教師もちゃんと、朝食とって(朝、食欲がないのは病んでる証拠です)元気に子どもと接していきましょうね。(元教師)

記憶力と知識欲のある時期に(透明な海・東京・パートナー有・39歳)

Inputする量が減っているのだから、当然学力は低下していると思います。この4月から小学校に入る子どもがいますが、私立も含めてなるべくよい(と思われる)小学校を探し、そのために転居もすることにしました。子どもは記憶力も含めて、大人とは比べ物にならないほどの能力を持っています。その時期に人生の基礎となるたくさんの知識を詰め込んであげることは、とても重要なことと考えています。私たちは今と比べるとかなりの量を学んだ世代だと思いますが、それでも中学校のころはもっとたくさんのことを教えてくれたらいいのに……、と私自身感じていました。そのぐらい、余裕を持って知識を身につけられる時期に、量を減らして学力低下につながっていくのは、なんとももったいない気がするのですが……。

子どもがしゃべらなくなった(ヒロカ・千葉・パートナー無・31歳)

私が一番怖いと思っているのは、子どもがあんまりしゃべらなくなった事です。子どもがいないと、たまに親戚の子としゃべるくらいしかつきあいがないです。それでも見ていると、子どもは子どもでゲームかビデオを見ていたり、親は忙しくてくたびれ果てていたり、学力以前に会話が減ったことのほうが怖いです。子どもの好奇心自体は減ってません。従って潜在的な学力はあるんですけど、教えるほうが、学力=テストの点数稼ぎみたいに思っていたり、それ以外のことも教えたいのに時間が無い事のほうがもったいないです。たまに子どもと付き合うと、すごく新鮮で、逆に色々教えてもらえます。

NO

精神力が低下しているのでは(小林哲之・東京・パートナー有・37歳)

学力が一方的に低下しているとは思いません。総体としてみた場合、教えられたことは、きちんとこなしているように思います。ただ、教えられていないだけなのではないでしょうか?学ぶ機会を奪われているだけなのではないかとの思いを強くしています。私は、相当に虐められっこで、毎日のように泣いて帰る小学生時代を送りました。いわゆる本の虫でもあり、中学高校を通じて現文、古文、漢文、日本史、世界史の教科書に登場する文や逸話の半分は小学生の間に、既に読破していました。にもかかわらず、今の小中学生と話すと、私のほうがはるかに外で遊び、危険なめにあい、いたずらもよくやっている印象があります。ここから類推するに、危機に対する対応力が低下している懸念を感じています。自分の力で何とかする能力が育まれていない気がします。学力以前に問題にせねばならないことが、あるのではないでしょうか?精神力が低下しているのではないでしょうか?そのように懸念しております。

子どもが変わるとき(梶本洋子・東京・パートナー有・51歳)

公立の高校を受験することすらできない程学校の勉強をしなかった子どもでも、置かれた環境の変化と与えられた情報によっては180度の変化を見せることを、最近身を持って知りました。「d」と「q」の区別がつかなかった高校1年生が、2年の学期末英語の試験で90点を獲得しています。最高レベルの高校でないにせよ、全教科に同様の結果を出しており、学校の先生をして稀有なことだと言わしめました。当然欠席日数も減りました。このような非常に好ましい変化の直接的な原因が何であれ、根っこの部分に「幼児期に良い教育環境があったからだ」と、果たしていえるのでしょうか。私にはちょっと違和感があります。

興味や探究心を受けとめる(あことら・東京・パートナー有・54歳)

数字で見た平均的な学力は確かに低下しているかもしれませんが、少なくとも私の周囲の学齢期の子どもたち(姪、甥、孫達)は、理解力、応用力、判断力、想像力など、低下しているとは思えません。九州に住む孫は時々faxで学校や塾の宿題を我々夫婦にきいてくるのですが、その折、主人が「そんな難しい解説をしても小学生には理解できないよ」と申しますが、孫娘はちゃんと理解して「つまりこういうことやろ?」と実に簡潔な答えをしてきます。テレビや雑誌で、びっくりするほどの才能を発揮するお子さんも時々見かけます。共通して言えることは、子どもの興味や探究心を周囲の大人がきちんと受け止め、きちんと評価し、画一的な処に納めようとしないことではないでしょうか?自主的に「もっと知りたい」という気持ちをどんどん伸ばせばおのずと数値的な点数も上がってくるのではないでしょうか?(現場を知らないちょっと無責任な意見かもしれませんね。ご寛容下さい)

昨日までのみなさんの投稿を読んで

乳幼児期の大切さと、大人にできること

多くのご意見ありがとうございました。学力低下論争は今まで、教育改革路線の賛否を中心に学校教育に関しての議論でしたが、家庭教育など学校外教育の議論が足りない印象を持っていました。いただいたご意見は学校外教育のコメントを含めて幅広く、いろいろ教えられることもありましたし、中には反論させていただきたいものもありました。それぞれにお答えすることはできませんでしたが、皆様の意見をふまえて、乳幼児期の問題および、学校外でどう対応したらよいかについて私見を述べて、まとめとレポートとさせていただきたいと思います。

人間の脳は乳幼児期に急速に発達します。7歳頃にはその重量は大人と大差がありません。身体の成長と脳の発育は比例しないのです。最近の子ども達は、メディアを利用してこの時期までに高い学習能力を獲得しますが、学校に入学すると、子ども達の興味や情報量と、教えられることの間にミスマッチが生じていると思います。乳幼児期は学力の基礎を育む重要な時期です。子ども達は、この時期に知らず知らずに多量の情報を詰め込まれている、つまり親も子どもも意識していないが、幼児の詰め込み教育ならぬ詰め込み情報の状態、といってもよいのではないでしょうか。メディアに頼らず基本をしっかりと身につけておくことが必要と思います。

我々大人はどうしたらよいでしょうか。いくつか具体的なことをあげてみます。(1)子どもを誉めること。些細なことでも誉められると意欲がわいてきます。学習意欲が高まるのです。また、誉められることによりはじめて叱られることの重大さがわかります。(2)メディアの選択。情報の詰め込み制限と有害情報の排除。(3)きちんとした生活習慣の確立を。早寝早起き、きちんと食事をとることは原則です。そのことで子どもと会話も増えるでしょう。子どもの些細な変化に気づくきっかけにもなります。(4)多くの大人と交流すること。防犯意識の高まりでなかなか困難ですが、多くのことを実体験として学べます。(5)得意な分野で苦手な分野をカバーする。プロセスにこだわらない柔軟性を。(6)個人個人のペースにあった目標をたてる。何歳までに何をやるか・何ができるかは差があって当然です。長期的な視野を持つことです。(7)一人で悩まない、考え込まないことです。親の悩みは子どもの悩みにもなると思います。(8)そのためには学校、家庭だけでなく、地域で広く相談相手が必要でしょう。(9)両親が子どもの教育に一貫した対応をとることも必要です。ばらばらであれば子どもが迷ってしまいます。ご時世で、それぞれが難しいことは十分承知していますが、可能なところから始めてみてはいかがでしょうか。

最後に、佐々木社長には日曜討論出演をふまえて、このテーマのご意見をいただきました。大変参考になる意見でかつ、私自身の考えも幅ができたと思います。この場を借りてお礼申し上げます。投票や投稿いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

古荘純一

古荘純一

小児精神科医・青山学院大学助教授

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english